よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第9話】のネタバレ・感想!

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」はAhBin先生の作品です。

戦場に向かうセザールの勝利を祈願するための宴会が開かれている中、カナリアたちにとっては因縁深い人物との出会いが待っていました!

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第9話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第9話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第9話】のあらすじ

今夜はセザールの勝利を祈願するための宴会が開かれています。

カナリアからしてみれば、人を死地に送るのに宴会など正気の沙汰ではありませんが、皇子妃である彼女には何の選択権もありません。

宴会の主役となるセザールと手を取り合いながら皇宮の戦場へと赴きますが、早くも疲れが生じて椅子へと座り込んでしまいます。

この宴会の中でも貴族の令嬢たちによる巧妙な言い回しでイライラさせられたのですが、さらにイラつかせてくれる女性が現れます。

「カナリア妃、ここにいらっしゃったんですね・・・」

カナリア「くそっ!一番面倒なのが来た!!」

彼女の目の前に現れた面倒な女性とは、この小説のヒロインであるグレイシーでした!

グレイシー「夫君が出征されるというのに、こんなに茫然としていらっしゃるなんて、私もぜひ見習いたいものです」

一見は褒め言葉を言っているように聞こえますが、彼女もまた貴族の女性であり、貴族の話し方には裏があるため、解釈の仕方に気をつけなければなりません。

先ほどのセリフにおいても、実際は褒め言葉などではなく・・・

グレイシー「あんた今、笑ってる場合じゃないわよ!」という形で皮肉を言ってきているのです。

その後も、そうした裏のある褒め言葉を立て続けにかけられたカナリアの作り笑いも、さすがにキツくなっていきます。

そして去っていくグレイシーでしたが、彼女こそ小説と一番ギャップの強い性格の持ち主でした!

小説の中ではヒロインとして凄く優しい性格ですが、先ほどのようなキツい一面を隠し持っていようとは、カナリア自身も気づかずにいたのです。

グレイシーが去っていた安堵感と、これまでの疲労が蓄積したことによって大きな溜息をもらす中で、今度はセザールが歩みよってきますが・・・!?

スポンサードリンク

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第9話】のネタバレ

グレイシーが去っていった後にはセザールが歩み寄ってきて、一緒に踊り始めます。

先ほどまで貴族の令嬢たちと話していたところをセザールも見ており、踊っている最中に話題として出てきますが、カナリアにとって、あれは会話などではなく「舌という武器を使った戦い」であったのです。

 

その令嬢たちもまた、セザールが出征によって戦死するだろうと予測しており、もしも自分が本当に戦死した場合、カナリアはこの皇宮を出て修道院に行くしかなくなってしまうのです。

その話題に変わった途端、カナリアがセザールの足を強く踏みつけてきます!

カナリア「それを知ってるなら、私のためにも必ず生きて帰ってきなさい!私は修道院行きなんて、ゴメンだからね!!」

セザール「分かった・・・」

喝を入れてきたカナリアに対して、少し弱気に応えるセザールの後ろ姿を見ながら呆れますが、次の彼のダンス相手はあのグレイシーでした。

近づきあう二人を見たカナリアもお似合いであることを認めますが、実はこの宴会の中で重要なイベントがあったのです!

本来、セザールとグレイシーは幼い頃から結婚話があった仲でしたが、カナリアという皇后による妨害工作によって縁談は白紙にされてしまいました。

そして時が流れて今日の宴会で再会した二人が一目で恋に落ち、英雄となって戦場から帰ってきたセザールが悪妻(カナリア)を処刑してグレイシーと結ばれるのが原作ストーリーの流れとなっていたのです。

カナリア「話の展開に必要ない脇役は、ここで退散させていただきます」

笑顔で向き合いながら、踊り始める二人を見た後にベランダの方へと去っていきます。

 

ベランダの窓際に立って一人きりの憩いの時間を満喫するカナリア・・・

カナリア「やっぱり、ここが一番落ち着く〜。ちょっと寒いけど、まあ、いいや」

すると、グレイシーと踊っているはずのセザールが近寄ってきたと同時に自分のマントを優しくかけてきてくれるのです。

セザール「風邪ひくぞ」

カナリアが振り向くと、目前には冷静でありながらも真面目に見てめてくるセザールの姿があったのです・・・。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第9話】のみんなの感想

人を死地となる戦場に出征させるのに宴会を開くなんて・・・確かにカナリアの思いにも一理はありますよね!

そうした中で初登場したグレイシー・・・確かに壮絶な美貌を誇ってはいるものの、小説の中では明かされていなかった闇の部分に対しては少しゾッとさせられるものがありますよね・・・。

まとめ

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第9話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です