よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第35話】のネタバレ・感想!

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」はAhBin先生の作品です。

カナリアとノアが二人きりで釣りを楽しんでいる中で、カナリアは離婚を考えていることをノアにも告げてしまいます!

そんの様子を隠れながら見ていたセザールの胸中は・・・!?

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第35話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第35話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第35話】のあらすじ

一番得意な科目であるはずの歴史のテストで0点を取ってしまったノアは教師から叱られますが、それは彼自身の学力ではなく、意志によってのものでした。

 

そしてカナリアと共に近くの池に行っては釣りを楽しむものの、彼女からも心配されてしまいます。

ノア「後継者になるための勉強やめちゃったし!」

カナリア「皇后陛下からお許しが出たの!?」

ノア「もちろん・・・怒り大爆発!」

それでも上手く誤魔化しているから心配無用と言い放ちますが、兄であるセザールが戦争から帰ってきたというのに弟である自分も後継者になるための学習などしていては周囲から誤解を生んでしまう元であると言うのです。

カナリア「それはそうだけど・・・あなた、皇位継承に興味はないの!?」

ノア「当たり前だ!僕を何だと思ってる!?一生懸命に働く兄さんの下でノンビリ暮らすのが僕の夢なんだ!!」

自分の抱いている夢を堂々と言い放ってくるのです。

ノアらしい夢だと少し笑うカナリアもまた慰謝料を多くもらってノンビリ暮らす夢を語ってしまいます。

彼女から出た「慰謝料」という言葉に強い疑念を抱いたノアはすぐに質問します。

ノア「兄さんと離婚するの!?」

カナリア「そうよ、いつかね」

さらに問い詰めてくるノアに対して、カナリアもまた丁寧に説明しますが、普通に考えれば田舎の男爵の娘が皇子妃になることなどあり得ないことであり、セザールはもっと良い家柄の娘と結婚すべきだと言います。

さらに皇帝陛下も、そのことで既に動いていることをカナリアもまた知っているのです。

ノア「でも状況はどうであれ、兄さんは絶対に離婚なんてしないと思うよ?」

カナリア「何で離婚しないの?ホント意味不明ね!」

ノア「まさか知らないふりじゃない!?兄さんは一体・・・」

ノアもまたカナリアの離婚への気持ちが本気であることを知ったノアは驚愕のあまり固まってしまいますが、そんな彼をよそにカナリアは川の向こう岸から隠れながら二人を見ているセザールの姿を発見してしまいます!

スポンサードリンク

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第35話】のネタバレ

離婚話の途中でカナリアは向こう岸にある樹木から隠れて見ているセザールの姿を発見すると同時に大声で呼びかけます!

しかし彼の方は何も言わず、すぐに去ってしまうのでした。

カナリア「まさか、誘わなかったから拗ねたのかな?」

そんなはずはないと軽く否定するノアに対して、幼少期の頃からそうしたセザールの姿もあったことを話します。

これまでもピクニックなどに誘っても軽く断ってきたセザールでしたが本当は行きたかったのです。

一言で言ってしまえば「素直じゃない」性格で所謂ツンデレと呼ばれる属性の人間です。

 

 

少し離れた位置で改めて隠れたセザールは前回でジャックスから聞いた話の真偽を確かめるため、既にオスカーにも尋問していたのです。

時は昨晩に遡り、廊下で二人きりとなってもオスカーからは「何も知らない」と返されるばかりです。

セザールの方もまた正直な答えが返ってくるとは思っていなく、部下たちに忠告していたことと同様に口止めしようとします。

セザール「そうだ、君は何も聞いていない。皇后側の者なら俺の言葉の意味が分かるだろう・・・」

オスカー「お二人の仲睦まじい姿が羨ましい限りです、ただ・・・」

去ろうとしたセザールに向かって言葉を返した途端に周囲の空気だけでなく、表情もまた彼らには見せてかなかった冷酷な笑みを浮かべます。

オスカー「カナリア妃が何かを隠していると思ったことはありませんか?」

そして時は再び現代に戻りますが、セザールの中では昨晩にオスカーから言われたことが脳裏から離れない苛立ちによって、樹木に殴りかかってしまいます。

近づいてきたミヤから心配されますが、すぐに執務室に戻ろうと促します。

セザール「ダメだ、これしきのことで揺らいでは・・・!」

それでも、カナリアを信じたいという強い気持ちを維持しようと自身に対して必死に呼びかけ続けます・・・。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第35話】のみんなの感想

セザールだけでなく、ついにノアに対しても離婚への目標を話してしまったカナリアですが、少し口が軽い感じもあり、気をつけた方が良いと言ってやりたい気持ちにもなりますよね!

しかし本人は前々回でのノアとの話を切り出してしまった軽率さが下でセザールを苦しめていることにまだ気づいていないのでしょうね・・・。

まとめ

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第35話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です