よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第33話】のネタバレ・感想!

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」はAhBin先生の作品です。

皇后からの命令を受けたカナリアは、第二皇子の妃となるかもしれないペルセネ嬢に謁見しますが、自分のコミュニケーション能力のなさを不甲斐なく感じた彼女が泣き出してしまいます!

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第33話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第33話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第33話】のあらすじ

ノアのお嫁さんになるかもしれないペルセネ嬢と謁見するものの、自分にコミュニケーション能力がなく、人を楽しませられないペルセネ嬢がいきなり泣き出してしまいます。

そんな彼女を慰めようと、ハンカチを差し出しながらカナリアによる共感とアドバイスが始まります。

カナリア「別に他の人を楽しませる必要はないと思いますよ?」

社交界など所詮は建前の世界であり、オペラの中で役者が演技することと変わらないと言い放ちます。

さらに社交界じたいを楽しいと感じている人間の方が少なく、カナリア自身も仕方なく付き合っているだけであると話します。

ペルセネ嬢「私は自分に問題があるのだとばかり思っていました・・・皆が楽しそうなのに私だけ退屈だったので」

カナリア「それが普通ですよ〜」

そして隙をついてテラスへ逃げ出す方法の話題になると、ペルセネ嬢からも打ってつけの場所が持ち出されます。

「2階の北側の一番端にあるテラス」とお互いの声が合ってしまったことで一緒に笑い出してしまうのですが、この二人がやっと打ち解けて和解できた瞬間でもありました。

 

 

時刻はあっという間に夕方になり、次はお食事の約束をと交わし合ってから退出したカナリアは始めの印象など完全に消えて少し安心し始めます。

カナリア「ノアと結婚するかもしれない女性がすごく優しそうな人で良かったわ」

そして門を出た先で、後に訪れてきたノアがオスカーも連れてきたのですが・・・!?

スポンサードリンク

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第33話】のネタバレ

ペルセネ嬢の邸宅から出たカナリアは、後に訪れてきたノアと行き合います。

ノア「姉さんが何故ここに!?」

驚きながら言ってきますが、彼もまた花束を持っており、ペルセネ嬢に会いにきたのだと直感したカナリアは面白半分に少しからかい始めるのです。

カナリア「あんなに小さかったノアが結婚するなんて、なんだか可笑しくて!」

ノア「姉さんだって12歳で結婚しただろ!」

それを言われると確かに自分の結婚は少し早すぎたことを実感しながらも、幼い頃にセザールやノアと初めて出会った頃を少しだけ思い出します。

カナリア「そういえば房事しようとしたこと、覚えてるー?」

ノア「その話は禁止!!」

カナリア「あの時に言ったじゃない、私と房事したいって・・・」

ノア「それ以上は言うなー!!」

完全にカナリアのペースで昔話が進みますが、それぞれに同行してきて近くに立っているオスカーとジャックスも聞いている最中で・・・

オスカー「まさか夫君を裏切ったのか?」

その言葉にジャックスも背筋が思わず凍ってしまいます。

オスカー「今回の計画は保留です。安全な道を通ってください。面白いことが起きそうなので・・・」

この会話が思わぬ誤解を生んでしまおうとは、この時はカナリア自身も気づかなかったのです。

 

 

カナリアがジャックスと一緒に帰りの馬車に乗っている時と同じ頃・・・彼女たちを追って出発したイーサン卿は完全に道に迷っている状態でした。

そんな中で背後から盗賊同士の会話が聞こえてきます。

盗賊「いったい馬車は、いつ来るんだ!?」

イーサン卿「こんなところで、いったい何をしてるんですか!?」

盗賊「うわっ!何だ、お前は?」

いきなり後ろから話しかけられた盗賊たちは驚きますが、イーサン卿は無神経にも「悪いことを企んでいるのか?」と問いかけてしまいます。

そんな彼に対して腹を立てるものの、イーサン卿の綺麗な顔を見た彼らは捕らえて奴隷商人に売り渡してしまおうと企み始めて、近づいてきます。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第33話】のみんなの感想

ペルセネ嬢と思わぬ話題で和解できたところまでは良かったものの・・・この後にタイミング悪くノアと行き合ってしまったことが不幸の始まりでしょうか。

カナリアが出した話題は、まさに「油断大敵」と言った感じですね。

その一方で、イーサン卿のイケメンなルックスに目をつけた盗賊たちも人を見る目はあるものの・・・彼が相手では返り討ちしか予想できないですよね。

まとめ

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第33話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です