よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第16話】のネタバレ・感想!

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」はAhBin先生の作品です。

他の令嬢たちとの遊びに負けて、罰ゲームをしなければならなくなったカナリアですが、森林の中で足を捻ったことで動けなくなってしまいます。

そんな彼女の窮地に駆けつけてくれたのは、意外にもグレイシーでしたが、帰り道の最中で思いがけぬ本心を聞かされます・・・。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第16話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第16話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第16話】のあらすじ

狩り大会の会場となっている森林の中で助けてくれたグレイシーと一緒に戻っているカナリアは彼女にとっての踏んではならない地雷を踏んでしまいます!

グレイシー「それに何の意味があるんですか?」

いくら優秀であっても女性であるために、サロンの運営や些細なお金遣いまで、全てにおいて父親の許しが必要なのです。

そして結婚した後は、それが父親から夫に変わるだけであることを聞かされたカナリアは自分が転生されてきた、この世界があくまでも男性中心かつ能力よりも身分や性別を優先する保守的な世界であることを思い出します。

カナリア「ちょっと待った!」

彼女からの話と、この世界の仕組みを思い出したと同時に、あることに気がつきます。

それは小説の中で、グレイシーがセザールを夫に選んだ理由であり、彼の無頓着な性格をよく知っているカナリアは、セザールなら大きな問題を起こさない限りは、自分の妻がビジネスや貧民への寄付をしたとしても気にしないはずなのです。

さらに、もう一つ気づいたことが、小説の物語はあくまでも主人公であるセザールの視点で書かれているために、ヒロインであるグレイシーの方がセザールを愛していると思い込んでいたのですが、そこがカナリアが見落としてしまっていた大きな思い違いだったのです!

つまり恋に落ちたのはセザールの方だけであり、ヒロインのグレイシーにとっては自分の道に必要な男としてセザールを夫として選んだだけに過ぎなかったのでした・・・。

そのために彼が出征する前に開かれた宴会の中でも、セザールを見るグレイシーの目が素っ気なかったのです。

そんなセザールを内心で憐れみながらも、グレイシーかはの話はさらに続き、爵位は自分の従兄弟が受け継ぐことになるだろうと語ります。

グレイシー「私はお従兄様よりもっと上手くやる自信があります!私がもっと上手くやれるのに・・・」

苦悩を続けるグレイシーに対して、カナリアから出される思いがけぬアドバイス内容とは、果たして・・・!?

スポンサードリンク

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第16話】のネタバレ

この世界の矛盾に対して苦悩するグレイシーに対して、カナリアは自分で公爵になれば良いと告げます。

グレイシー「馬鹿なこと言わないでください!女が爵位を受け継ぐことは出来ないって継承法に明記されているのに、一体どうやって・・・」

カナリア「法律を改正すれば良いだけのことです!ランカスター家の人脈と資本なら、できないこともないでしょう!」

自分の中では全く思いつかなかった発想を聞かされたグレイシーは驚きの表情を浮かべますが、言葉を発することはなく、その後はお互いに全く会話がない状況で戻っていきます。

 

そして狩り大会の会場に無事に戻ってこられた二人には、それぞれに心配しながら待っていてくれた者たちがおり、馬から降りたカナリアは爽やかな笑顔を浮かべながら、お礼を言います。

グレイシーの方はまたしても無言のまま、カナリアたちから離れていきますが、そんか彼女には従兄が心配しながら待ってくれていました。

グレイシー「お従兄様はきっと立派な公爵になるだろう・・・」

自分の従兄の優れた能力は彼女自身も認めてはいるものの、それでもどこかで納得しきれない感情も出てしまいます・・・。

 

その夜、邸宅に戻ってからも苦悩を続けるグレイシーでしたが・・・

グレイシー「私が直接、公爵の爵位を受け継いだら・・・!?」

カナリアから言われたことで、何かを考え始めているのです。

 

翌日になり、舞台はセザールの戦場へと移ります。

これまでの戦争で連勝を記録しているセザールでしたが、大きな傷も負っていたのです!

それによってミラーから止められるものの、本人は全く聞こうとすらしません。

ラヤ「何故そんなに急ぐのですか?ギオロ部隊は大半の戦力を失い、現在逃走中です」

セザール「その頭であるギオロが、まだ生きてるんだ」

ミラーからも止められますが、やはり聞かずに出撃しようとします。

セザール「俺の命令に逆らうのか!?」

ミラー「カナリア妃のためですか!?」

部下たちに対しても、鋭い眼差しで睨みながら戦場へ向かっていきます・・・。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第16話】のみんなの感想

グレイシーのおかげで何とか戻ってこられたカナリアでしたが、彼女が知らないところで苦悩しているのはグレイシーだけでなく、戦場で負傷しながらも戦い続けているセザールも、また何かを思っている様子ですよね・・・。

戦局は彼らの方が優勢であるものの、あまりに無茶をしすぎている印象もあって、少し心配になりますよね。

まとめ

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第16話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です