転生したら王女様になりました【第2話】おかしな世界ともっとおかしなガキ兄様たちのネタバレ・感想!

漫画「転生したら王女様になりました」は作画マゼンタブラック先生・キム・レクナ先生、 原作 ビチュ先生の作品です。

「ウソでしょ!?赤ちゃんになってる!?」 ある出来事で帰らぬ人となる…と思いきや、異世界の王女様に生まれ変わってしまった私。

忘れられない前世の記憶、根性悪な親父、それに信じられないほど男尊女卑な世の中。

こんなおかしな世界変えてやる!

小さな小悪魔王女が奮闘する中、婚約者と紹介された人物が前世に愛した人そっくりで…。

本作の単行本情報や無料で読む方法をまとめた記事も合わせてご覧になってみてください。

▶︎「転生したら王女様になりました」の単行本・無料で読む方法

転生したら王女様になりました【第2話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

転生したら王女様になりましたのあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

転生したら王女様になりました【第2話】のあらすじ

父親らしき人物が怒鳴っているのを見てから3日が経過した。

 

ほとんどの時間を揺りかごらしきものの上で過ごした。

何か言おうとしても出てくるのは、泣き声ばかり。

諦めて口をつぐむと「何日も泣かないの・・・」と大騒ぎになるので、適当なタイミングを見て泣いてあげることにした。

毎日、ベッドを覗きこむ母親と姉には、賢そう!可愛い!と何度も言われた。

 

母親と言う人は時に揺りかごの横で「男の子だったらよかったのに・・・」と言いながら頭を撫でてくれた。

 

父親という人も来た。

記憶力に限界がある赤ん坊頭でも、男の顔だけは脳裏にくっきりと焼き付いている。

 

父親「恥ずかしいと思うなら次は必ず男の子を産め」

スヒ(なんだとこのジジイ・・・)

(私を産んだのが恥ずかしいことなの?なんで?どうしてなの?)

 

悔しさから泣いてしまったスヒを横目でちらりと見て「うるさいな だから女はダメなんだ」と冷たい言葉を吐き捨てます。

 

こっちはタイミングを見て泣いてやってるのに!と腹をたてながらも、顔の良さだけは認めていました。

スポンサードリンク

転生したら王女様になりました【第2話】のネタバレ

スヒはサンヒという名で、前世と似ているようで違う世界に転生していました。

王様が統治する王国で他に帝国もあること、そしてなんとこの人が王様だという、しかもどうにも信じられないけれど、国民の信望厚い立派な王様だということも分かってきました。

 

つまり、サンヒは王女として生まれ変わったのです。

 

 

ある日お手伝いのスジンが「お腹がお空きでしょう?」とミルクを持ってきた時「遊ぼう!」とやって来た男の子に、あっさりとスジンは連れて行かれ、食事はお預けになりました。

サンヒ(私はお腹が減ってるの!ご飯ちょうだいよせめて手に持たせて!)

(またやられた・・・)

 

ここでは男尊女卑が異常に深く根付いていて、王女の空腹よりも王子の退屈の方が優先されるのです。

女性は子どもを産む道具にすぎないという理解不能の世界。

サンヒは赤ちゃんながら私が全部変えてやろうじゃないの!と闘志を燃やしていました。

 

先程スジンを連れて行った、三歳の三男、ファンソンの他に、ヒョンソクという長男と、ファンソクという4歳の次男が、サンヒの腹違いの兄弟です。

食事などお構いなしに、毎日毎日、スジンを奪っていくので、怒りを募らせていました。

それでもまだ好意的なファンソンでしたが、ファンソクは「女に可愛いとか言っちゃダメだ いい気になるからな」と言うような性格です。

 

しかし今は赤ん坊だから自分の味方を作っておいたほうがいいかもと、ファンソンに狙いを定めオモチャを差しだしてみたりと、努力を重ねました。

それから月日が流れ、やっと自力で立てるようになった頃、父親という人物と初めてまともに対面した。

 

父親「もう歩けるのか」

母親「小さいのに聞きわけもいいんですよ」

父親「でも所詮は女だ」

サンヒ(まーた言ってるよ 顔に免じて許してやろうと思ったけど前言撤回 ここからは根性悪と呼ばせてもらうからね!)

 

腹の立つ態度に赤ん坊言葉になり、父親には何と言っているか伝わらないのを分かっていて、「根性悪」「この野郎」と言って近づきます。

愛嬌を振りまき、どうにか状況を変えてやると努めましたが、無関心という鉄壁に拒まれ大失敗に終わりました。

 

そしてその翌日。

この世界で唯一の希望、救いの手になってくれるヒョンソク兄上様に出会い、このおかしな世界について少し分かるようになります。

>>(続き)転生したら王女様になりました【第3話】のネタバレ!

転生したら王女様になりましたを無料で読む方法と単行本情報まとめ

転生したら王女様になりました【第2話】の感想

サンヒの生まれた世界は、男尊女卑の文化が根強い国で、国王が君臨しているような世界でした。

さらにサンヒは国王の娘として生まれた王女であり、腹違いの兄が3人いました。

長男は、これから出逢う救いの手になる人物ですが、次男は特に女性を卑下しているような人物で、三男からうまく丸めこもうと努力してみますが、その道のりは長引きそうです。

父親も、あの感じではどうにも変わりそうにないですし、サンヒが大人になるまでは、愛想を振りまきつつ、耐えるしかなさそうですね。

期待の持てる長男とどのような会話が交わされるのでしょう。

まとめ

以上、「転生したら王女様になりました」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2018年11月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です