捨てられた皇妃【第74話】のネタバレ・感想!

漫画「捨てられた皇妃」はiNA先生の作品です。

モニーク侯爵家に神のお告げにより産まれた「アリスティア」

未来の皇后として育てられた彼女だが、ある日異世界から やってきた少女「美優」の出現で皇后ではなく皇妃として 迎えられることに…

そんな中反逆罪に問われ心血を捧げた甲斐もなく儚く散り逝くのだが…

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

捨てられた皇妃【第74話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

捨てられた皇妃のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

捨てられた皇妃【第74話】のあらすじ

何かにおびえたような表情をするニアーヴ・スー・ヌエンの正面には、アレンディスがいます。

ニアーヴは顔が真っ青になり、話を続けることができなくなってしまいました。

並んで座っていたアレンディスはアレンディスの様子に気づいているようですが、アリスティアはニアーヴの心配で何も気づいていません。

アレンディス(ハッ・・・出た出た)

他の女性たちはニアーヴを見ながら心配していますが、話の続きをどうぞと言っても、何も話し始めることはありません。

名前を呼ばれて驚き、ニアーヴは紅茶をドレスにこぼしてしまいました。

皆が慌てている中、真っ先に彼女の元へ助けに行ったのはアレンディスです。

 

スポンサードリンク

捨てられた皇妃【第74話】のネタバレ

アリスティア(震えてる・・・?恐ろしいものでも見たかのようだわ・・・!)

二人のよう様子を見てはいますが、アリスティアは何も気づいていません。

アレンディス「せっかくの美しいドレスが台無しになってしまいましたね。着替えは持参されましたか?」

持ってきていないというニアーヴを助けるため、アリスティアはほかのみんなにドレスを持ってきているか確認しますが、二人とも不自然に目を合わせて持ってきていないと言いました。

ニアーヴ「どうぞおかまいなく・・・このような姿でいるわけにまいりませんので、私はお先に失礼いたします」

せっかく来ていただいたのにと、アレンディスは話しかけますが、ニアーヴは彼の目を見ようとはしません。

そしてアレンディスはニアーヴを送ってくるから、みんなでお茶を楽しむように伝え、一人で大丈夫だと断る彼女を連れて温室から出て行ってしまいました。

 

 

今来たばかりだったのに・・・とアリスティアは何も分かってはいないようですが、カルセインは大きな声で笑いだしました。

カルセイン「クハハハっ!見物だ見物!いつものことだけどホントスゲーよな!」

アリスティア「いつものことって・・・一体何が?」

カルセイン「お前は鈍いのか?それとも認めたくないだけなのか?そろそろ気づいてもよさそうだけど」

ここまで来るのは面倒だったが、おかげでいいものが見れたと話すカルセインですが、アリスティアはその意味がよくわかりません。

そしてアレンディスが戻ってくるまで我々だけで楽しもうとカルセインが率先して会話を広げ、みんなも何事もなかったかのように会話を始めました。

アリスティアは結局噂のことはわからないまま、もう話題が変わってしまったので聞くに聞けなくなってしまいました。

 

一方、アレンディスは馬車の元までニアーヴを送り届けます。

アレンディス「ご存知ですか?宝石の鉱山はとても危険なところだということ・・・欲深きものが出入りしいつ事件が起こるかわかりません」

話の内容がよくわからず、ですがそのアレンディスの表情をみてまた顔色が悪くなってきたニアーヴ。

そしてそちらの領地の鉱山を狙うものが増えてきたから気を付けるようにとだけアレンディスは伝えて、そのまま帰っていきました。

ニアーヴは全身が恐怖で震えているようです。

アレンディス「口は災いの元。次にまた僕のレディーに余計なことを言おうものなら、そのときは容赦しない」

 

 

帝国歴962年の元日、帝国の貴族たちは皇帝と皇太子に新年のあいさつをするために参列しました。

謁見の順序はラス公爵一族が一番目、ベリータ公爵一族が二番目で、帝国の社交序列の順序となっています。

つまりこれは、帝国内での権力の大きさを示しています。

ここでアリスティアは、アレンディスの母に声をかけられました。

この前のパーティーのお礼を伝え話していると、長男のアレクシス・デ・ベリータを紹介してくれました。

彼はアリスティアに会いたかったと言い、あのアレンディスを仔羊のようにおとなしくさせてしまう人がどんな方なのか気になっていたそうなのです。

アリスティア「えっ?おとなしくするって・・・」

アレンディス「兄上」

何か余計なことでも言ってしまったかなと確認する兄。

「次、序列二位。ベリータ公爵一族は中へどうぞ」

そしてここでアレンディスはまたあとでねとアリスティアに伝え、中へ入っていってしまいました。

その途中アレンディスは、ひげの生えた男性のほうを一度見ますが、そのまま目をそらしてしまいます。

 

パパもいろんな人に話しかけられ、アリスティア知してる人が誰もいないからと落ち着くことができません。

きょろきょろしていると、後ろからビクッと身震いをしてしまうような視線を感じました。

アリスティア(えっ・・・?今誰かが私を・・・!)

振り向くと後ろには、誰かが立っています。

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

捨てられた皇妃【第74話】のみんなの感想

アレンディス・・・一体何をしたんでしょうか・・・。

カルセインはもう気づいていますが、気になって仕方がありません!

睨みつけた?でもそれくらいであんなに震えるんでしょうか・・・?

皆アリスティアがいればおとなしくなると思っているようですので、普段はこんな感じではないんでしょうね。

早く!アリスティア気づかないかなー・・・

まとめ

以上、「捨てられた皇妃」のネタバレを紹介しました。

ピッコマのみの限定配信だったのですが、2019年4月15日より、電子書籍サービスmusic.jpにて配信がスタートしました。

1巻972円なので、残念ながらお試し期間の無料ポイントで読む事はできません。

しかし、U-NEXT、FOD、music.jpといったサービスはチェックしておくと、好きな作品を無料で読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です