捨てられた皇妃【第72話】のネタバレ・感想!

漫画「捨てられた皇妃」はiNA先生の作品です。

モニーク侯爵家に神のお告げにより産まれた「アリスティア」

未来の皇后として育てられた彼女だが、ある日異世界から やってきた少女「美優」の出現で皇后ではなく皇妃として 迎えられることに…

そんな中反逆罪に問われ心血を捧げた甲斐もなく儚く散り逝くのだが…

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

捨てられた皇妃【第72話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

捨てられた皇妃のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

捨てられた皇妃【第72話】のあらすじ

ベル宮の庭園が火災に巻き込まれていくのを、アリスティアは眺めていることしか出来ないで居ました。

一度目の人生の時、寂しかったアリスティアを慰めていてくれた庭園やあの木が燃えて消えてしまう、そんなのは嫌だと行動に移そうとします。

 

生まれ変わる前14歳の皇后になる前のことです。

陛下にこの木が何なのか知っているかと聞かれたアリスティアは、存じ上げないと伝えると、この木は非常に珍しい品種でめったに花を咲かせないことを教えてくれました。

次はいつ頃に花が咲くのか問うと、陛下はまだ花を一度しか見たことないと言うのです。

陛下「春に咲く花が多い中、この木開花時期は冬。月明かりの下で輝きを増す、シルバーの花をつけるのだが・・・」

ベル宮で火災が起きた際にこの木も少し焼けてしまい、それ以降花をつけなくなったそうなのです。

 

その時アリスティアはそれを聞いても何も思わなかったのですが、翌年皇妃となり皇太子の態度に傷ついていたとき、再びこの木の下にやってくると、花開くことなくたたずんでいる姿が自分と重なって見えたのです。

それからは辛くてどうしようもないときは、この木眺めて心を癒していたのです。

名前も知らないこの木がいつかシルバーの花を咲かせたら、アリスティアも暗い日々から抜け出せると思っていたのです。

 

そう信じてくる日も来る日も花が咲くのを待ち続けましたが、結局花を見ることができないまま16歳で生涯を終えてしまいました。

スポンサードリンク

捨てられた皇妃【第72話】のネタバレ

燃えていく庭園の中でそんなことを思いだしたアリスティアは、あの木に近づきます。

このままでは木が死んでしまう・・・・そう思っていたとき、シルバーのつぼみを付けていることに気が付いたのです。

「モニーク侯爵令嬢!?」

火がすぐそこまで燃え広がっているので、ここにいては危険だと非難するように指示されました。

アリスティア「もたもたしていてはいけません!!あなたたちはこの程度の事で負けてしまうのですか!?」

その言葉と行動に、宮内府の者たちは驚きます。

アリスティアは、落ち葉をかいて土を撒き燃え広がるのを抑えることと、召使たちにはベル宮にある布を水に浸して持ってくるように指示を出しました。

侯爵令嬢がどうしてここにいるんだととまどいの声も聞こえていますが、アリスティアは皇帝陛下の庭園を灰にしてしまってもいいのかと、早く動くようにさらに命令したのえす。

その勢いに召使たちだけでなく、騎士の人たちも従うようになりました。

 

アレンディスとカルセインが、やっとアリスティアをみつけました。

何をやっているのか理解が出来ずに戸惑っていると、この庭園に入ってはいけないと止められてしまうのです。

ここでパパもアリスティアが庭園の中にいることに気づき、早くこちらに来るように大声で叫びますが、反応はありません。

 

パパの声が聞こえた気はしているアリスティアですが、今は火を消すのが先だとしらないふりをしたのです。

一度目の人生で陛下がおっしゃっていた火災とはきっとこのことで、まだ急げば気を守るのに間に合うと判断しました。

「侯爵令嬢火が!!」

アリスティアのドレスの裾に火が付いてしまい、離れたとこにいるパパやカルセイン達もそれに気づいて声を上げます。

すると騎士の一人から剣を抜き、そのまま火がついているドレスの裾を切り落としてしまったのです。

その素早い動きに、パパや皇太子はあっけにとられてしまうのでした。

 

アリスティアの指示によりみんなが動き、火の勢いがだいぶ弱まりました。

アリスティア(ふぃ・・・これならもう大丈夫だわ・・)

そう思いながらふと顔を上げると、目線の先には陛下や皇太子がいるのです。

 

アリスティア「・・・こちらにお見えになっていると知らず、ご挨拶が遅れ申し訳ございません。」

陛下「かまわん、ご苦労だった」

アリスティア「陛下のお許しなく宮内府に指示を下してしまいました。いかなる処罰も覚悟しております。」

 

陛下と皇太子がいつから、どこから見ていたのか・・・

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

捨てられた皇妃【第72話】のみんなの感想

アリスティアの行動力はすごいですね!!

過去のこともあり、こうやって動けたのかもしれませんが・・・もっと他の思いもあったのかもしれません。

皇太子はこの行動をみて、どう思ったのでしょうか?

パパは??

まさかアリスティアがこの木を守るなんて、思ってもみなかったでしょう。

陛下は彼女になにか罰を与えてしまうのか・・・。

まとめ

以上、「捨てられた皇妃」のネタバレを紹介しました。

ピッコマのみの限定配信だったのですが、2019年4月15日より、電子書籍サービスmusic.jpにて配信がスタートしました。

1巻972円なので、残念ながらお試し期間の無料ポイントで読む事はできません。

しかし、U-NEXT、FOD、music.jpといったサービスはチェックしておくと、好きな作品を無料で読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です