捨てられた皇妃【第51話】のネタバレ・感想!

漫画「捨てられた皇妃」はiNA先生の作品です。

モニーク侯爵家に神のお告げにより産まれた「アリスティア」

未来の皇后として育てられた彼女だが、ある日異世界から やってきた少女「美優」の出現で皇后ではなく皇妃として 迎えられることに…

そんな中反逆罪に問われ心血を捧げた甲斐もなく儚く散り逝くのだが…

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

捨てられた皇妃【第51話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

捨てられた皇妃のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

捨てられた皇妃【第51話】のあらすじ

アリスティアはカルセインと剣術の練習に取り組んでいます。

何度も何度もリベンジし続けますが、最終的には上手くできずカルセインを怒らせてしまいます。

剣を振り回すのではなく、冷静に相手の動きを見るというアドバイスを受けます。

アドバイス通りにやってみると、良い動きが出来、二人とも笑みがこぼれます。

 

カルセイン「かなりよくなったな~ へなちょこだった面影ゼロじゃん」

アリスティア「褒めてくださるなんてどうしたんですか?」

カルセイン「本気で言ってんだ」

「俺は剣に関してデタラメなことは言わない。このままいけば数年で騎士になれると思うぞ?」

アリスティア「本当ですか?嬉しいです」

 

 

師匠である自分のおかげとカルセインは冗談のようなことを言いますが、確かにカルセインは自分に足りないところを的確に指摘してくれるので、自分でも腕が上がるのを感じていました。

自分とカルセインは、剣術の相性がとても良いように思えてくるのでした。

スポンサードリンク

捨てられた皇妃【第51話】のネタバレ

休憩中。

自分だけタメ口なのが、距離を感じて気になるからとアリスティアにもタメ口を使って欲しいと提案します。

最初は、師匠だから敬語を使うのは当たり前だと、いつも通り意地悪を言っていたアリスティア。

しかしそういえばカルセインともこの領地で、季節を2つも共にしたこと、その間に二人の距離が縮まったことを思うと、その提案を素直に受け入れられるのでした。

 

アリスティア(パパがカルセインを呼んでくれたから ここでも楽しく過ごせてるし)

(最初は返事を書くのも辛かったアレンとの関係もずいぶん修復できた気がする)

 

アリスティアのもとには、またアレンディスからの手紙が届いています。

アレンディスは、あの時信じてくれなかった話を認めてくれうようになりました。

さらにこの話が本当であれば、ものすごく恐ろしい思いをしたことだろうと、労いの言葉も記されています。

 

一人、手紙を読んでいるとカルセインが入って来て、どんな話をしているのか知りたいから見せてほしいと頼まれます。

アリスティア「カルセインには関係ないでしょ!」

カルセイン「フンッわかりましたよ~」

「別にそこまで知りたくもないし くっだらね~」

アリスティア「くだらないて私が?」

「すぐにいじけるんだから」

カルセイン「はいはいどうせ俺は子どもですよ~だ」

 

本当は、全然家から出ないので面白くないと、村にでも行こうと誘いたかっただけなのに、素直に伝えられなかったなと思いながら歩いていると、シーモア卿とジューヌ卿が目の前に立っています。

一体何が起こったのか理解できない状況・・・

 

シーモア卿「我々近衛隊は皇太子殿下の勅令により参りました」

「殿下は国境地域の視察のため皇宮を発たれ、近日中にこちらに到着される予定です。ご支度の程をお願い申し上げます」

カルセイン「殿下がここに来るだって!?」

アリスティアの顔はみるみるうちに青ざめていくのでした。

 

じいやに二人を案内してから、全員を集めるよう指示したアリスティア。

しかし様子がおかしいことに、さすがのカルセインも気づいています。

大丈夫かと訊ねられ、ただ少し驚いただけだと答えますが、内心穏やかではありません。

アリスティア(もう大丈夫だと思ってたのに 彼が来る でも・・・どうして?)

 

数日後。

到着したルブを、アリスティアは出迎えます。

アリスティアの気持ちとは裏腹に、ルブの表情は柔らかく、落ち着いています。

ルブ「そなたに会うのはいつぶりだろうか 変わりはないだろうね?」

アリスティア「お陰さまで元気にしております。殿下もお変わりございませんか?」

ルブ「紹介しようディマルク子爵 僕の補佐官だ」

ハレン「ハレン・ス・ディマルクと申します。前に一度陛下の庭園でお目にかかりましたね」

アリスティア(あ・・・あのとき・・・突然何をしに来たんだろう?)

(私に圧力をかけるため?)

(でもここは首都の防衛線 国境の視察では当然通過する場所。だから緊張する必要ないわ 落ち着くの)

(一緒に過ごしていた頃と同じようにすれば大丈夫・・・)

 

その時、領地の人々が「帝国よ永遠であれ!!」と声を上げ、一気に歓声がわき上がります。

あまりの歓声に、頭に音が響くほど・・・

ルブは手を挙げて挨拶をすると、アリスティアを誘います。

先程の歓声のせいか、ふらついてしまったアリスティアをカルセインがフォローします。

体調を気遣う様子を見ていたルブは、アレンディスの時と同じように、何か気に入らない様子。

ルブ「ラス公子 剣術の指導をしているそうだね?」

カルセイン「はいっ!至らない点もございますが最善を尽くしております」

ルブ「そうか 剣術の天才だという公子の噂はかねてから耳にしている。手並みを見せてもらおうじゃないか」

「期待を裏切ることのないように」

カルセイン「・・・より一層 精進して参ります」

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

捨てられた皇妃【第51話】のみんなの感想

カルセインが領地に来てから季節が2つも流れました。

その間、アリスティアの剣術の腕があがっただけでなく、二人の関係性もより充実したものになりました。

さらにアレンディスとの関係性もだいぶ修復されたようでしたが、やはり考えが読めない以上、あまり信頼もできませんね。

そして、やっと穏やかさを取り戻してきた所に、ルブがやってくるという展開!!

また心をかき乱されたアリスティアの動揺っぷりが、伝わってくるほどでした。

当日、目の前にすると、やはり緊張してしまい、思ったようにならない状況にどうなってしまうことかと思いましたが、カルセインのフォローもあり、なんとかなりそうな空気感となりました。

しかしそんな二人の様子が気に入らなかったのか、ルブからカルセインに宣戦布告のような意地悪な発言が見られました。

実はルブが一番幼く、嫉妬深く、愛情に飢えている存在に思えてきました。

まとめ

以上、「捨てられた皇妃」のネタバレを紹介しました。

ピッコマのみの限定配信だったのですが、2019年4月15日より、電子書籍サービスmusic.jpにて配信がスタートしました。

1巻972円なので、残念ながらお試し期間の無料ポイントで読む事はできません。

しかし、U-NEXT、FOD、music.jpといったサービスはチェックしておくと、好きな作品を無料で読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です