捨てられた皇妃【第102話】のネタバレ・感想!

漫画「捨てられた皇妃」はiNA先生の作品です。

モニーク侯爵家に神のお告げにより産まれた「アリスティア」

未来の皇后として育てられた彼女だが、ある日異世界から やってきた少女「美優」の出現で皇后ではなく皇妃として 迎えられることに…

そんな中反逆罪に問われ心血を捧げた甲斐もなく儚く散り逝くのだが…

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

 

捨てられた皇妃【第102話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

捨てられた皇妃のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

捨てられた皇妃【第102話】のあらすじ

他の男と合わせたドレスを着て、他の男と踊るアリスティアを思い出し、アレンディスは君さえいればそれでいいのにと、自分の事を見て欲しい気持ちを思い出します。

そしてそんなとき、貴族派に入ってほしいとお願いされたのです。

 

愚かな貴族派に手を貸したくない・・・そう思っていたのですが、邪魔ばかりするモニーク侯爵を退けさせ、アリスティアを取り戻したいと考えたのです。

ですが一度の過ちくらいすぐに清算できると思っていたアレンディスとは違い、アリスティアは彼なしで前に進みだしたのです。

大勢の人を虜にしていくアリスティア。

皇太子だけには彼女の魅力に気づかれたくなかったのですが、うまくは行きませんでした。

これ以上なにをどうすればいいのか、自分だけを見ていたアリスティアはもういないと知りながらも、絶望のような希望を抱き、どうにか繋ぎとめようとリボンの内側にデラの花の刺繍を施したのです。

それでもアレンディスは結局、アリスティアの影となってしまいます。

彼女が放つ光を浴び、供に輝く星にはなれはしないのです。

アレンディス「ティア、僕はもう君なしでは生きていけない・・・」

スポンサードリンク

捨てられた皇妃【第102話】のネタバレ

目を赤くしたアリスティアは部屋から出てくると、パパ達の元へいきました。

アリスティア「・・・心配かけてごめんなさい」

するとパパは一息つき、きっと何も話したくなかったんだろうと、アリスティアの気持ちを理解しました。

パパ「部屋から出てきてくれただけで十分だ」

 

アレンディスは二度と笑顔を見せてくれないかもしれません。

ですがアリスティアは、同じ気持ちでないとしてもパパと同じくらいアレンディスの事を大切に思っていることを分かってほしいと考えているのです。

初めてできたお友達、感謝してもしきれません。

 

 

多事多難だった建国祭も終わり、騎士団は団結と再編成のために模擬戦闘を実施しました。

あの一件で、リサ王国とルア王国を制御下に置くことができたそうです。

これでゼナ公爵も少しはおとなしくなるはずだろうとラス卿は見解を示していますが、パパはどうもあの人がおとなしくなるとは思いえないのです。

 

「モニーク卿、見習いとは思えぬほどに御立派でした。多少無謀ではございましたが、とてもいい戦略です」

副騎士団長に褒められ、挨拶を交わします。

ディマルク卿「第1騎士団、第13分隊分隊長、カルセイン・デ・ラス殿。他9名。大きな勇気と優れた戦略を見せたそなたたちに、剣と記章を授与する」

表彰され、アリスティアは皇太子に記章をつけてもらいました。

騎士になり初めてもらった頑張りの証は、とてもうれしいものだったのです。

 

 

ディマルク卿「殿下いかがないましたか?」

式典が終わり離れたところで、二人は話しています。

皇太子「・・・少し複雑だ。彼女の成長は喜ばしいことだが、それだけ僕から離れて行ってしまったことを意味する」

ディマルク卿「まだ時間はございます・・・」

 

パパは最近ゆっくり話す時間が作れなかったから、今日は一緒に帰ろうとアリスティアを誘います。

そんな二人の様子を見ながら、皇太子はディマルク卿に確認しました。

ディマルク卿「ご安心ください、ご用命を賜わった件は責任をもって進めております」

 

 

カルセインとアリスティアは今日の勝利についてまた言い合いながら歩いています。

すると少し離れたところにアレンディスが歩いていることに気づくのです。

カルセイン「おっ!ひねくれ者発見。お~い、草頭!」

このバッジ見えるだろうと見せびらかすように大声で呼び掛けますが、まったく反応がありません。

カルセイン「おい!無視かよ!?おい~!」

ついにアリスティアの前でも本性を現したぞ、とあきれて話すカルセインですが、アリスティアは複雑です。

カルセイン「なんだよ、またケンカ?」

アリスティア「またって・・・そんなんじゃない・・・」

とても複雑です。

 

 

アリスティアはパパと二人で街にやってきました。

アリスティア「どこに行く?」

パパ「そうだな・・・何か欲しいものあるか?」

そして歩きながらアリスティアは、パパと腕を組みます。

アリスティア「こういうのイヤ?」

パパ「嫌なわけがないだろう、光栄だ」

そしてここに入ろうとたどり着いた場所は、礼服店だったのです。

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

捨てられた皇妃【第102話】のみんなの感想

アレンディス、複雑でしょうが無視とは・・・。

カルセインが鈍くてよかったですね!(笑)

これから何も問題を起さないといいのですが・・・。

パパとアリスティアはまるでカップるのように歩いています。仲がいいのはいいことですよね!

着いたのは礼服店、これは何を意味しているのでしょうか・・・?

まとめ

以上、「捨てられた皇妃」のネタバレを紹介しました。

ピッコマのみの限定配信だったのですが、2019年4月15日より、電子書籍サービスmusic.jpにて配信がスタートしました。

1巻972円なので、残念ながらお試し期間の無料ポイントで読む事はできません。

しかし、U-NEXT、FOD、music.jpといったサービスはチェックしておくと、好きな作品を無料で読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です