双星の陰陽師【第76話】のネタバレ・感想!

漫画「双星の陰陽師」は助野嘉昭先生の作品です。

悠斗討伐戦の終結から2週間が経過し、消耗によって眠り続けていたろくろが目覚めました。

悠斗の死を悲しみつつ、仲間と生き残った喜びを分かち合うろくろと紅緒でしたが、彼女から大切な話があることを切りだされます・・・。

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

>>「双星の陰陽師」の単行本を無料で読む方法

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
今すぐU-NEXTで「双星の陰陽師」を無料で読む

双星の陰陽師【第76話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

タイトル名のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

双星の陰陽師【第76話】のあらすじ

真夜中の同じ部屋、そして同じ布団の上で正座して向き合いながら、話し始めようとする紅緒でしたが、内心で話すことを留まってしまいます。

自分が太陰として目覚めた話をするには、千怒のことや神威の協力があったことを話さなければならないのですが、陰陽師がケガレと関わりを持つことは重罪とされているのです!

そして、これを匿った者にも厳しい罰が与えられることを知っており、ろくろにまで危害が及ぶこと、そして今の二人の関係が失われてしまうことを恐れ始めます。

そうした試行錯誤によって何も言えなくなってしまう紅緒ですが、ろくろはそんな彼女に優しく手を差し伸べてくれます。

紅緒「ゴメンなさい、やはり今日は話すのをやめておきます。心の整理がついたら必ずお話し・・・します」

その言葉に納得したろくろも、彼女の気持ちを優しく受け止めるのです。

 

翌朝になると、二人一緒に青陽院に登校しますが・・・紅緒が実は1組であったことに驚きを隠せなくなってしまいます。

そして、ろくろの方はまだ10組であり、周囲からの悪口や同情を浴びながら教室へと入っていきます・・・。

 

時刻はあっという間に放課後となり、生徒たちが帰っていく中で、近くで佇んでいるろくろは繭良から声をかけられます。

繭良「何か悩みがあるんじゃないの?お姉さんに話してごらんなさい!」

ろくろが話す悩み事とは、やはり紅緒との関係のことでしたが・・・

繭良「彼女の辛いことも悲しいことも全部まとめて受け止めてあげるのが、ろくろの役目でしょう!」

それによって、ろくろもまたお礼を言いながら立ち去っていきます。

しかし彼が去っていった後に、後ろから声をかけてきた五百蔵から「繭良も実はずっと、ろくろのことが好きであった」ことが判明してしまいます。

それを言われて、始めは動揺した繭良でしたが、すぐ冷静になります。

繭良「好きだったよ、ずっと。今もこれからも・・・だからハッキリ思うよ、幸せになってほしい!」

想いを口にしながら、走り去っていった後のろくろの方を見つめます。

 

その夜、紅緒から声をかけられます。

紅緒「今晩、良いですか?お話しする覚悟ができました」

そして、また二人きりで向き合いながらの話し合いとなりますが、彼女から話される内容とは、果たして・・・!?

スポンサードリンク

双星の陰陽師【第76話】のネタバレ

ついに話す覚悟が決まった紅緒は、まずは女性婆娑羅の襲撃から辛うじて生き延びてから土御門島に駆けつけるまでの流れを話しますが、本題はこの後からになります。

紅緒が突然着ているシャツのボタンを外し始めたことによって、ろくろは大きくうろたえますが・・・

紅緒「これが私の・・・本当の姿です。受け止めてくれますか?」

人型を保ってはいるものの、完全にケガレの姿に変わってしまいますが・・・

ろくろ「むちゃくちゃ可愛いじゃん!すっげえ頑張ったなぁ!!生きて帰ってきてくれて、ありがとう」

変わり果てた姿を満面な笑みで受け入れてくれます。

しかし、本当に重要なのはここからであり、ろくろが太陽として目覚めたら、今の紅緒自身は完全に消滅してしまい、禍野でしか生きていけなくなってしまうのです。

しかし、それでも・・・

ろくろ「今まで通りでいいってことだ!俺と紅緒がいるってことで、二人一緒ってことは何も変わらない!!俺の紅緒への気持ちは絶対変わらない!大事にしなきゃいけない、いつも通りってそれのことでしょ!?」

彼の優しさに涙を流す紅緒は、ろくろに強く抱きしめられるのでした。

紅緒「私の気持ちも決して変わらない!ずっと・・・いつまでも、ろくろといつも通りで!」

お互いに受け止めて抱きしめあった二人はあらためて「いつも通り」を強く誓い合うのでした・・・。

 

翌朝になると、有主が次の陰陽頭として学ばなければならないことが沢山あることにより、土御門家に帰ることを宣言します。

ろくろ「やるからには、親父を超える陰陽師になっちゃえ!」

有主「短い間でしたが、お世話になりました・・・ご恩は一生忘れません」

涙を流しながら挨拶して去っていきます。

 

たくさんの出会いと別れがあるこの世界では、あらゆるものが変わっていきます。

変わらぬものなど、ほとんどない・・・大切なのは変化を受け入れる心を強く持つことです。

 

そして大晦日の夜、ろくろと紅緒は一緒に海岸の展望へと出かけて、二人一緒ではこれが初となる初日の出を見に行きます。

初日の出が出始めて空が明るくなり始めた時に紅緒が思うは死んだ兄・悠斗のこと・・・

紅緒「あなたの願いは必ず果たします!ろくろとなら、どんな壁も乗り越えていけます。きっと、ずっと・・・」

そして二人は20歳を迎えました。

 

しかし、そんな二人の知らない間にこれまで以上の脅威が起こり始めようとしていたのです!

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
今すぐU-NEXTで「双星の陰陽師」を無料で読む

双星の陰陽師【第76話】の感想

紅緒のケガレの姿は確かに可愛いかったものの、かなら過酷な運命ですよね。

それでも優しく受け止めてくれたろくろには漢気を感じられたし、この二人の愛は永遠につながるはずですよね!

しかし今回のラストで初登場した女性のケガレは・・・外見も形も、あの悠斗をも超えてる感じで、これまで以上の脅威に感じられますね!!

 

まだ読んでない人は是非無料で読んでみてください!

まとめ

以上、「双星の陰陽師【第76話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

下記のページで漫画を無料で読む方法を紹介しています。

双星の陰陽師はU-NEXTmusic.jpFODで配信されていましたので、詳しくサービス内容を次の記事で紹介していますので、合わせてご覧になって見てください。

>>「双星の陰陽師」の単行本を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です