双星の陰陽師【第73話】のネタバレ・感想!

漫画「双星の陰陽師」は助野嘉昭先生の作品です。

天馬の救出隊を襲うケガレの大群!

その時に仲間を救うために再び立ち上がった士門が禍野の空を駆けます!

一方、ろくろは悠斗をこれ以上ケガレに染めさせないため、腹を括りますが・・・!?

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

>>「双星の陰陽師」の単行本を無料で読む方法

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
今すぐU-NEXTで「双星の陰陽師」を無料で読む

双星の陰陽師【第73話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

タイトル名のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

双星の陰陽師【第73話】のあらすじ

お互いに呪力も尽き、もはや立っているだけでもやっとのろくろと悠斗ですが・・・

ろくろ「決着つけようぜ!なぁ、悠斗!!」

少し離れた位置から見ている紅緒にも大丈夫であることを告げて、さっそく始めようとします。

ろくろ「呪力なんてなくたって、こんな奴・・・」

そう言っている途中で、いつのまにか近づいてきていた悠斗からの強いパンチを食らってしまいます!

ろくろ「やったな、この野郎・・・って言うか、そんなヒョロヒョロパンチで俺を倒せっかよ!!」

すかさず殴り返しますが、その直後に襲ってくる全身の痛みに苦しみます。

それでも態勢を直しては、見るからにバレバレな強がりを言いつづけます。

ろくろ「言っとくけど俺はまだ真の実力の半分も出してねーからな!さらに、奥の手もまだ10個以上残しているという、この余裕!!」

そこまで虚勢をはっていると、さすがに紅緒からも少し呆れられますが・・・

ろくろ「とことんやろうぜ!悠斗!!お前の中のケガレは全部俺が祓ってやる!」

 

一方、巨大なケガレたちの撃退に励んでいる士門たちですが、彼だけが大いに張り切ってケガレたちをどんどん葬っている状況です。

そんな彼を倒れながら見ている天馬にとっては、それが気にいらず、大声を上げて叫びます!

天馬「俺の予定を台無しにしやがって!てめぅにはてめぇの役割があるって言っただろうが!!これじゃあ、何の意味もねぇんだよ!!」

士門「俺はお前の尻拭いをする気はない!お前が課せられた使命はお前自身が生きて果たせ!!」

すかさずに言い返す士門ですが、彼自身もあまりにもペースを飛ばし過ぎている兄を心配する妹もまた加勢に入ります!

そんな兄妹の熱意に応えるかのようにほかの者たちもまた、各々が攻撃態勢に入りながら協力していきます!

 

そして場面は、またしてもろくろと悠斗の最終ラウンドに移りますが・・・!?

スポンサードリンク

双星の陰陽師【第73話】のネタバレ

ろくろと悠斗による最終ラウンドは、まだ続いています。

ろくろ「お前の拳は、もう見切ったー!どうした?まだまだ、こんなもんじゃないぞー!!」

先ほどまでの殴り合いから少しだけ変わり、今度はろくろの方が殴る回数が増えると同時に過去の思い出を語り始めます。

ろくろ「お前のことは、最初に会った時から気にいらなかったんだよ!自分勝手だし、口も悪いし、態度も悪いしな!!掃除はサボるくせに一番風呂は入りたがるし!!」

少し離れた位置で聞いている紅緒からすれば、ただの愚痴にしか聞こえないものの、ろくろはさらに続けていきます。

ろくろ「清弦の寿司が食われた時だって、お前のせいで俺まで怒られるしよー!!」

そう言いながら殴った途端に悠斗の方にもスイッチが入って殴り返されます!

悠斗「清弦さんのお寿司を食べたのは、お前だろー!」

いきなりの強い反撃に倒れたろくろに対して、今度は悠斗の方が吠え始めます。

悠斗「自分ばっかり!僕から酷い目に遭わされたのは自分だけみたいな言い方しやがって!!ろく(ろくろ)だって僕を散々振り回してきたじゃないかー!!」

何発もの強打が放たれて、今度はろくろの方が防戦一方になってしまいます。

そして数分間もの殴り合いから、お互いの拳を封じ合います。

ろくろ「だったら、もっと偉そうな顔しろよ!本当に放っておいて欲しいなら、そんな苦しそうな顔してんじゃねぇぇぇ!!」

強烈な頭づきを食らわせて、両者ともに倒れます!

そして悠斗に近づいて胸ぐらを掴みながら、さらに叫びます!

ろくろ「ケジメつけろって言ってんだ!一人が嫌なら一緒に謝ってやるよ!!」

その一言で悠斗の表情が一変、悲しく辛そうな表情で告げます。

悠斗「辛い・・・よ」

そう言いながら、ろくろの中に倒れ込みます・・・。

ろくろ「ったく、手のかかる奴だなぁ。とりあえず、貸し一つだぜ!?」

そんな兄を見た途端に涙ぐむ紅緒、そして巨大なケガレたちを葬ることに成功した士門たちもまた、その場に辿り着いて合流を果たすのでした。

 

これまでの大騒動や激闘も、ひとまずはここで終止符と思われた最中・・・

「ねぇ、無惡・・・これで終わりじゃないよね!?」

幼い少女が倒れた無惡の首を持ちながら、歩いていたのでした・・・。

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
今すぐU-NEXTで「双星の陰陽師」を無料で読む

双星の陰陽師【第73話】の感想

本当に壮絶かつ長かった悠斗との激闘が、ここでやっと本当の意味で決着がつきましたよね!

これで一件落着!・・・と言いたいところですが、最後の場面で登場した少女が亡き者とされた無惡の首を持ちながら歩いていて・・・次回から思わぬ急展開に発展してしまいそうな予感もあるんですよね。

まだ読んでない人は是非無料で読んでみてください!

まとめ

以上、「双星の陰陽師【第73話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

下記のページで漫画を無料で読む方法を紹介しています。

双星の陰陽師はU-NEXTmusic.jpFODで配信されていましたので、詳しくサービス内容を次の記事で紹介していますので、合わせてご覧になって見てください。

>>「双星の陰陽師」の単行本を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です