砂漠に降りそそぐ龍の雨【第8話】のネタバレ・感想!

「砂漠に降りそそぐ龍の雨」第8話を読みましたのでネタバレを紹介します。

SUMMER先生の作品です。

少年と男に出会ったスウは宮廷の屋上で話し合いをしていた。

スウの仕事は少年のお世話係(食事と寝かしつけ)だった。

少年と男の名前が明らかに!!

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第8話】のあらすじ

剣の刃先を向けられたままスウはレンに聞く。

「公子様はこの場で私を、即切り捨てる事ができる立場でいらっしゃるのですか?宮廷の全てのものは皇家のもの。直系皇族以外は誰も手続きなしに、皇家の財産に手をつける事はできないと聞きました。
そうでなければ、皇家の権利を委託されている方なのですか?」

レンは目を見開いた。

「サハラ様の安全関連に限っては、その通りです。あ、それとお話しするのが遅れましたが、難しい仕事を引き受けていただく事に対するお礼です。あなたにとっても悪い話ではないと思いますよ」

レンは剣をしまい、代わりにスウにスウに金貨の入った包みを渡した。

それを見て嬉しそうな顔をするスウ。

 

「調べはついたか?」

「調べましたが、他国出身のため詳細までは、もう少し時間がかかりそうです」

スウたちと別れたレンは、スウを連れてきた女性に話しかける。

女性はスウの素性をレンに伝える。

「後宮部所属であり、宮人たちの間での評判は悪くありません。幼い頃、奴隷としてラハンに売られてきて、数年前に自ら身分を買い、自由民となりました」

「自ら身分を買っただと?歳はいくつだ?」

「17歳から20歳程度かと思われます。宮廷に入る前は、珠江地域の国守のところで働いておりました。入宮もそちらからの口添えがあったようです。意外とかなり、大胆な決断をする子ですね」

「そうしたところで、奴隷出身には変わりないだろう」

スウの素性を聞いて、レンはあっさり答える。

「ラハンのような保守的で閉鎖的な国で奴隷が、しかも他国出身が自らの力で自由民になるのは、奇跡に近い事ですから」

「反対にどれだけ上に取り入って、生きてきたかは目に浮かぶな。先ほどの金貨の前では、魂が抜かれたようだったぞ」

レンは先ほどのスウの姿を思い浮かべ、バカにしたように話す。

「あら、当然でしょう。平民があれだけの金貨を目にする事は、そうそうないですから」

スポンサードリンク

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第8話】のネタバレ

「それと珠江…珠江地域ならシオン国守の管轄だな。長男がろくでなしという話ではなかったか?」

「ろくでなしはどこにだっていますよ」

レンはスウの出身国の珠江の管轄のはなしをする。

「ずっと前に珠江出身のものが、宮廷で官職の一つ得たと聞いた気がするが、そこからの縁で…」

「ふふ」

レンが話していると女性が笑い出した。

「下の者たちに、八つ当たりされるのはよろしくないですよ」

「予想外にお名前をバラされて、かなりご機嫌が悪いようですね」

「黙れ!突然、幼名を呼ばれて驚いたんだ!!何故あれが私の幼名を知っている!?」

機嫌の悪かったレンは女性たちを黙らせようとした。

「龍は神的な存在ですから、その程度の事を知るのはわけもないのでは?」

部下の男性は冷静にレンに話す。

「でもレンだなんて、すごく久しぶりに聞きましたね~!」

「あの侍従がさっきの事で、皇太子殿下の身分に気付いたら、どういたしましょう?」

その言葉にレンは当たり前のように答える。

「そんな事まで私に聞くのか?殺せ。 不安要素は潰しておいた方がいい」と。

 

外は夕焼けがとても綺麗になっていた。

「さあーとても美味しそうですね。アーンしてください。アーン」

スウとサハラはさっきいた場所で夕食をとり始めていた。

スウが彼の口元にスプーンを持っていくが、彼は首をフルフルと振って拒否した。

「あっ…!!これとても美味しいものですから!一口だけ召し上がってみてください!」

「ウウン…!!クゥ…」

拒否するサハラにスウはどうにか食べさせようとする。

「ダメです!一口でも召し上がって頂かないと!」

「ウ…!!」

「冷めたらもっと美味しくなくなりますよ!昼から今まで何も召し上がってないじゃないですか!」

「ヤ!!」

「駄々こねてもダメなものはダメです。一口たべて頂くまでは絶対!!食卓から離れられませんよ。
さぁ!!アーン!」

絶対に食べようとしないサハラに、スウは口調を強くした。

「ここには皇子様を助けてくれる人はいませんよ!レン公子様も明日の昼までは来られないと…」

スウの言葉にレンは反応した。

そして彼の手首に手をそえた。

すると…。

「あっ!!いつの間に…!」

スウは持っていたスプーンを落としていた。

スプーンを拾っている隙に、サハラはその場から走って逃げだした。

「サハラ様!!お一人でどこへ…」

(…あれ?目の前が…めまいかな?急に吐き気が…)

スウはフラフラしながら、サハラが走っていった後を追った。

「うっ…。サハラさま!食事中に動き回っては…ダメで……す」

サハラを見たスウは驚いた。

サハラが大人の男性見えたのだ。

「スウ。スウ?」

しかしそこにいたのは、少年姿のサハラだった。

(…俺おかしくなったのかな)

「何をそんなにご覧になられていたんですか?」

スウは少し困惑しながら、サハラに問いかける。

「うえ……」

「ああ。空ですね。今日は何だが雨雲がたくさんかかってますね。もうすぐ祝祭なので、雨が降ればいいのですが」

サハラと同じ目線になって、スウは彼と一緒に空を見上げた。

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第8話】のみんなの感想

中々話が進みませんね。

結局、”龍”と呼ばれているサハラは何なんでしょうか。

不思議な力はあるのかなっと思いました。

食事に関しては、馬舎で会ったことも考えると、普通のご飯は食べないのではないかと思ってしまいました。

スウさんは頑張り屋なんでしょうね。

奴隷に変わりないとレン様は言ってましたが、努力して今のポジションにいるんだと思います。

サハラ様は神的存在ですが、結局何ができるのでしょう。

何のために”龍”が必要なのか…。

ここからどう話を展開していくのか、先が気になります!!

まとめ

以上、「砂漠に降りそそぐ龍の雨」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2019年6月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です