砂漠に降りそそぐ龍の雨【第7話】のネタバレ・感想!

「砂漠に降りそそぐ龍の雨」第7話を読みましたのでネタバレを紹介します。

SUMMER先生の作品です。

馬舎で会った次の日の朝、スウに伝えられたのは移動だった。

急な移動に戸惑うスウ。

女性に連れられた場所で会ったのは、昨夜の男と少年だった。

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第7話】のあらすじ

「知りませんでした。宮廷に…こんなところがあったなんて」

スウたちは一番上の場所まで移動して、座った話していた。

「ラハンの神たちを奉る神宮です。山を削って建てたもので、時々 皇族の修行や療養のために使う事もありますよ」

「…そうなんですね。でもどうして私を…」

スウは自分がここに呼ばれた理由を聞いた。

男は笑顔で答える。

「お呼びした理由は他でもなく。あの方のお世話をしていただきたいのです。難しく考えられる必要はありません。教育係をお願いするつもりではありませんから」

上から下を覗き込んでいる少年を見ながら、男は簡単に説明する。

「食事をさせる事。寝かしつける事。この2つのみ行っていただければ結構です。成長期にはそれが何より重要ですからね」

「…はい?それは一体…」

「スーウー」

「うわっ」

男の言い方が気になったスウが聞き返そうとしたとき、後ろから少年が彼に抱き着いた。

「突然引っ張られてはいけませんよ!お茶がこぼれるとヤケドしてしまいす」

「ウー…」

「あっ!!言ったそばから、手が汚れてるじゃないですか!!」

「ブ……」

「口に入れちゃダメですって!」

男は黙ってスウと少年のやり取りを見ていた。

そんな男にスウは聞いた。

「あの…公子様? 失礼ですが、まだラハンの皇室に詳しくなくて、この皇子様のお名前は何と仰られるのか…」

「あ~名前ー…ですか。うーん……。皇子殿下の名前…」

悩んだ結果、男はあっさりと言った。

「好きなように呼んでいただいていいと思いますよ?」と。

「はい!?」

スウは男の答えに驚く。

(…この男、初めて会った時も思ったけど、何か妙にいい加減だな…)

スウは男にイライラしながら問う。

「私のような身分の者に、皇子様のお名前を勝手につけて、お呼びしろと仰るのですか?」

「それでは皇子様に直接尋ねてみられては?」

男は笑ってスウに話しかける。

彼は再度、イライラしながら男に言う。

「冗談はやめてください。私がいくら他国から来たとは言え、そのくらいはわきまえています。でもこの方は…」

スポンサードリンク

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第7話】のネタバレ

「スウ~~。スー。スーー」

少年はスリスリとスウに頬刷りしてながら、彼の名前を呼ぶ。

「私はスーじゃなくて、スウですよ。皇子様」

スッと少年の手を掴んで、向かい合ってスウは少年に話しかける。

「スウ…」

「そうスウです。スウ、スウですよ。

皇子様のお名前は何と仰られるのですか?」

スウの質問に少年は笑って答えた。

「スウ!!スウ。スウ。スウ!!」

(また始まった)

きゃっきゃっと楽しそうに、スウの名前を呼ぶ。

「はいはい。私は確かにスウですが、皇子様は…」

スウが話していると、少年がパッと振り返り、男を指さした。

「ジルド家のレン」

(レン…?)

男の名前を知ったスウは、少年の向きをクルッと戻し聞く。

「はい。あちらはジルド家の公子様なんですね」

「んー…」

「次はこちら皇子殿下は?」

「サハラ…?…ううん~………」

「ん?」

自分の名を疑問形にしてサハラは力なく下に崩れていった。

サハラを支えながら、レンにスウは確認する。

「つまりこちらの皇子殿下はサハラ様。そしてそちらはレン公子様という事でしょうか?」

「そのようですね」

「そのようですねって…」

レンは笑って返事をするが、その言葉にスウは少し困った。

「それではレン様。ここで私が行うのは、本当にそれだけですか?この宮には何人の方が住んでいるのでしょうか?」
「いませんよ。この宮ではサハラ様とスウ、2人だけで過ごしていただきます。時々、私も含めて3人ですね。食事や必要な物は、その都度人をよこします」

スウの問いかけにレンは、簡単に説明をする。

そしてさらに続ける。

「ただしこの事は皇室関連の秘密事項のため、当分の間、スウはこの宮の外に出る事はできません。
万が一この事が、この神宮の外に漏れた時には、命の保証はないと思ってください」

レンはスウのノドに剣の刃先を向けた。

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第7話】のみんなの感想

サハラ様とレン様というのですね!

レン様は元々名前があったと思いますが、サハラ様の名前はレン様も知らなかったようですね。

サハラって名前に何か意味があるのでしょうか?

そしてサハラ様可愛らしいです!!

特にスウさんの名前を呼んで楽しそうにしているところが!

”龍”と呼ばれていますが、本当にただのこどものように無邪気ですね。

これからスウさんとサハラ様の2人、時々レン様入れて3人の生活はどうなっていくのでしょう。

まとめ

以上、「砂漠に降りそそぐ龍の雨」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2019年6月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です