砂漠に降りそそぐ龍の雨【第50話】のネタバレ・感想!

「砂漠に降りそそぐ龍の雨」第50話を読みましたのでネタバレを紹介します。

SUMMER先生の作品です。

スウとレンは戻る途中で、スウの足を水で冷やしていた。

そこでスウは「ダンへの処罰を待ってもらうよう伝えてほしい」と。

一方でレンは自分の幼い頃の話をスウにしていた。

スウはそれを聞いて涙を流す。

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第50話】のあらすじ

(思い返すと、あの頃は今よりも明日の方が、鮮やかに見えていた。だからこそ、とまどいがなかったのかも知れない…)

 

スウとレンは前にいた宮に戻った。

「公子様、この度の無礼まことに申し訳ございません。

この老いた身が、公子様のご命令を思い違えたがために、このような事が起こってしまいました」

スウに足枷をつけたマヤ女官たちが頭を下げて謝る。

「皇子殿下の侍従を罪もなく監禁し、皇子殿下の威厳を傷付けた罪を、どうかお許しください」

(…ランタン祭も終わったのに、わざわざ食事の準備をしたから食べていこうと、言い出すなんておかしいと思ったら…このためだったのか)

スウはレンから一歩下がり、マヤ女官たちに頭を下げる。

「はあ…。私の評判が誰に繋がるのかよく知っていながら、どうしてこのような間違いをするのか…」

「申し上げる言葉もございません」

「さてスウどうしましょうか?」

レンは振り返り、スウに問いかけた。

「え?私ですか?」

「スウと呼んだでしょう。スウもヨミ女官から、侮辱を受けたのですから、スウの決定に従いましょう。ヨミ女官の過ちを許しますか?」

(…こいつ)

スウはレンをじっと見た。

「…過ちや思い違いは、人間誰でもしてしまう事です。ヨミ女官様は私の神宮の法度を教えてくださっただけで、侮辱されたのではありません。

公子様にはどうかその点をご理解頂ければと思います」

スウはレンに頭を下げる。

そしてレンはヨミ女官たちの方を向く。

「スウがそこまで言うのであれば、今日の事はこれでよしとしましょう。皆戻ってください」

「はい。公子様」

スポンサードリンク

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第50話】のネタバレ

ヨミ女官達が下がり、スウたちの前にはご飯が並べられている。

「…ヨミ女官様と仲が悪いのですか?私のような下級宮人に、ヨミ女官様程の立場の方の、処分をまかせるなど、それこそひどい侮辱でしょう。

お二人の間で解決されればいいものを、どうして私を利用されるのですか?」

スウはレンに聞く。

「ただの女官と武官なのに、仲が良いも悪いもありませんよ」

「ヨミ女官様が私に恨みでも持ったらどうするんですか!一介の宮人である私をどうして巻き込むんですか」

「スウに好かれたい私の努力を女官が台無しにしたんですよ。私がしてもいない命令をしたと言って…」

レンは喋りながら、スウに器を渡す。

「公子様でないなら、きっと皇太子殿下のご命令ですね。兄弟を監禁して逃げようとするものなら、足の筋を切ってしまうなんて。

本当にすごい方に仕えていらっしゃいますね」

スウは受け取ったものを口にしながら話す。

「そうですね。宮廷の権勢争いも後宮部の探り合いと、同じように用地で悪辣ですよ。スウも私もまったく運河良いですよね。ははは」

「だから私まで巻き込まないでください」

その話を終えて、レンは違う話をする。

「でも久しぶりですね」

「そうですね。前にここでランタン祭の話をしてくださいました。

公子様が仰ったように、よく見えたでしょうに…残念です」

スウたちは街の灯を見ている。

「再来年にまたありますから」

「再来年…刻一刻と状況や人が変わる宮廷での、二年はとても遠い未来の話のような気がします。再来年も私を公子様が、こうして同じ場にいる事ができるのでしょうか。

サハラ様もその頃には大きくなられているかな…」

「皇太子殿下の首が再来年まで繋がっていれば可能でしょう」

「こんな開けた場所でそんな不穏な発言はやめてください…」

レンの発言にスウは注意する。

「…公子様はどんなお願いをされましたか?」

「答えたところで、スウはつまらないと言うと思いますよ」

「何ですか?気になります」

そう聞かれレンは答えた。

「ラハンに雨が降る事」と。

「…こんな時にまで国のために祈りを?本当に面白くないですね。ご自分のための願いはないんですか?」

レンは遠くを見ながら答えた。

「自分のための願いですよ。スウは?」

スウの方を向いてレンは聞く。

「私は…」

(俺は答えなかった。彼もそれ以上尋ねることはしなかった)

スウは切なそうな顔をしていた。

レンは街を見ながらスウに喋っていた。

「ああ、あそこで誰かが今更ランタンを飛ばしているようですね。あのように遅れて飛ばすものが毎回いるんですよ」

ランタン祭りで明るくなっていた空は再び暗くなっていた。

 

「お帰りなさいませ。主君…」

ユーリがスウたちを出迎えた。

(彼の部下がもの言いたげな顔で待ち構えていたが、彼は俺を先に部屋まで送ってくれた)

「話はあとで聞く」

「はい」

レンはスウをそのまま部屋まで連れて行った。

「疲れたでしょう。今日はもう休んでください。サハラ様の様子は私が見ておきますから、部屋から出ないように」

「あ…はい」

「それでは私はこれで」

そう言って部屋から出ていこうとしたレンに、スウは後ろから抱きついた。振り返るレン。

「今夜は…今夜は帰らないでいただけませんか」

 

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第50話】のみんなの感想

スウさん!!

最後のどういう意味でしょう!

急に寂しくなったとかですか⁉気になりますね!!

ランタン祭りもほぼ見れずに終わってしまいましたが、食事をしながら町を見ていただけで、スウさんもレン様も満足そうですね。

スウさんはマヤ女官に謝らせるためだと思っていましたが、レン様はそれだけじゃなく意味があったのではないかと思います。

まとめ

以上、「砂漠に降りそそぐ龍の雨」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2019年6月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です