砂漠に降りそそぐ龍の雨【第43話】のネタバレ・感想!

「砂漠に降りそそぐ龍の雨」第43話を読みましたのでネタバレを紹介します。

 

SUMMER先生の作品です。

ダンが捕まっていることを知ったユアン。

スウとサハラに会ったが、何も言わずにその場から離れた。

すると、かくれんぼ中っといって、スウがユアンの元へ。そして、スウはユアンを殴った。

「あんな分かり態度で、俺をだまそうとするなんてさ、死にたいのか」と。

 

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第43話】のあらすじ

「あら」

第二妃とレンが顔を合わせていた。

「第二妃様もおいででしたか」

「皇太子殿下。お会いする度に美しくなられて、私、恥ずかしくて皇太子殿下の前に立てませんわ」

「その美貌に月も恥じらい隠れてしまうのは、第二妃様の方ではありませんか」

「ふふ、良かった。

陛下からランタン祭の鐘の音を一緒に聞こうと、お誘い頂いたのですけど、妊娠中のため、夜の冷たい風に当たる事ができずに、困っていたのです。

でもこうして皇太子さまが来られて、久しぶりにゆっくりと、親子の時間を過ごされるようで安心しましたわ」

第二妃の目は笑っていなかった。

「お腹の子にも、陛下はとても優しくしてくださって…殿下にとってもきっと、素晴らしいお父様であった事でしょうね?」

一瞬レンの顔が曇った。

「もちろんですとも。私にしてくださったように、生まれてくる御子へも良い父となられる事でしょう。

お生まれになられたあかつきなは、きっと御子のどんな望みでも、聞き入れてくださいますよ」

「話が長くなりましたね。私はこれで失礼します」

「お体に気を付けて」

第二妃は笑ってその場を後にした。

その後ろ姿をレン達は見ていた。

 

「…妃になっても、相変わらず地味な装いですね。髪飾りもほとんどつけずに」

「とやかく言うヤツがいないからね」

「どことなく…第二希望の顔色がやつれて見えたが」

レンだけがそう思っていた。

「はあ……」

第二妃はため息をついていた。

スポンサードリンク

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第43話】のネタバレ

一方でスウたちは…。

「…え?どういう事だ?誰が何をしたって?」

「お話した通りです。私も耳を疑って何回も聞き返しました」

ユアンがスウに耳にしたダンの話をしたのだ。

「ダンという公主部の下人が、狩猟祭の時に、皇太子殿下を暗殺しようとした罪で捕まったと!!

一緒に仕事をしていた公主部の下人も、何人か連れて行かれて調査を受けたそうです!

スウがその者と、どういう関係かは知りませんが!!

かなり重大な事態なので、詳しい状況が分かるまでは、私もうかつな事ができなくて…!」

ユアンが泣きながら説明した。

しかしスウは冷静ではいられなくなっていた。

彼の髪を掴む。

「嘘つけ!!どうして公主部の下人が狩猟祭に…」

「雑用を行う侍従が足りないせいです!忙しい時はよくある事だと、スウも知っているでしょう!頂いたお金は返しますから!悪意があってスウに、嘘をついたのではないんです!!」

「でも刺客は…!!」

(第二妃様が送ったはずなのに!どうしてダンが罪を被っているんだ⁉

その上、皇太子殺しだなんて!!)

「直接会いに行く!どこに捕まってるんだ?」

「スウ!!ダメです!!」

立ち上がったスウをユアンが止める。

「スウは勝手に新宮から出る事はできません!!これは皇太…いえ、上の方々のご命令です!

スウとサハラ様が神宮で暮らしていることも、極秘事項じゃないですか!!

下手したら死ぬ事になります!!」

ユアンは必死にスウを止めている。

「すぐ戻って来ればいいだろ!事実かどうかだけ確認して来る!!放せ!!」

「スウ!!いけません!!」

ユアンを振りほどいて、スウは急いだ。

(嘘だ。嘘だ。嘘だ。嘘だ。いや、落ち着こう)

「はあ…っ」

(まだ確かな事は何も分からないけど、落ち着こう。興奮し過ぎた。

ダンのところに行かせてもらえるよう、きちんと話をして…)

 

「許さぬ」

スウは出入口まで来たが、そこにいた者にあっさり断られた。

「すぐに戻って参ります!見張りを同行させても構いませんから!」

「お前がここから出る方法は一つ。公子様がいらっしゃるのを、大人しく待ち、許可を得ること」

「すぐに行かなくてはならないのです!

公子様がここにいらっしゃれば、お許し頂けたはずです」

「駄目だ」

何を言っても、却下されるスウ。

それならばと違う事を提案する。

「それなら公子様に知らせを届けさせてください」

「お前のような者が、勝手にそんな事をして許されるお方ではない。

身の程をわきまえなさい。自分がそのように簡単に、あの方のお心を推し量れるとでも思っているの?

私が知っているあの方のお考えはこれだけだ。

”神宮静養中の第14皇子とその侍従を絶対に外に出させてはならない″

”万が一、定めを破り神宮から出ようとするのであれば…その瞬間から、罪人と扱いを同じくし、足枷をはめる事”

”もしも足枷を解き、逃げようとする場合には、脚の筋を断ち切る事”」

レンの考えを3つ話した。

 

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第43話】のみんなの感想

ついにスウさんが知ってしまいましたね。

ダンさんが捕まっている事…。

確認しようにも、出してもらえない、知らせもダメ。

スウさんはどうするのでしょう。

前に壁が動いたところから、出られるのをおもいだすのでしょうか。

でも罪人になってしまいますね…。

スウさんの中では”罪人<ダンさん”でしょうけど…。

 

レン様は父親に良い思い出ないのでしょうかね。

一瞬、暗い顔というか、何とも微妙な表情してましたから…。

 

さて、次回どうなるのでしょう。

スウさんが外に出てしまっているのか、レン様が帰って来るのが先か!?

 

 

まとめ

以上、「砂漠に降りそそぐ龍の雨」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2019年6月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です