砂漠に降りそそぐ龍の雨【第42話】のネタバレ・感想!

「砂漠に降りそそぐ龍の雨」第42話を読みましたのでネタバレを紹介します。

 

SUMMER先生の作品です。

レンにつけられたキスマークを消すように頼んだスウ。

口づけをして消してくれたかと思って、鏡を見ると消えていなかった。

一方で、スウに頼み事をされた女性は、ダンが捕まっているという情報を手に入れていた。

 

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第42話】のあらすじ

「ダン…ですか?」

「うん、もしいたら…、……前に送ったもの、ちゃんと受け取ったかって、訊いてほしいんだ。そう言ってくれれば分かるから」

 

(名前は間違いない…反逆罪だなんて…)

スウの話を思い出しつつ、女性は考えていた。

「死亡者も出たくらいの騒ぎだから、無傷で簡単に釈放される事はないはずだ。太子部の護衛達は、特に残忍な事で有名なのに…」

(しかもあのアリサード皇太子相手に正面から…?おかしいのはそれだけじゃない)

 

「こ…公子様」

レンが現れた時にスウの様子を思い出す。

 

 

(どうしてスウは皇太子を知らないんだ?

ジルド家の公子だなんて…ラハンで皇太子殿下のお名前が、シエル・アリサードであることを知らない者はいないのに…。

その上あの子供は…)

女性は思考を活動させて考えていた。

「それで名前は?」

「ユアンと申します。ヨミ女官様」

「故郷に残してきた家族は何人いる?」

「…七人です。ああ、でも姉が双子を出産して、恐らく今では九人になっているかと…ははは…」

ユアンはヨミ女官の問いかけに答える。

「そう…お前もなかなか苦労が多そうね。の神官では肝に銘じておくべき事がある。

何かを目にしたとしても、お前は何も見ていない。

何かを耳にしたとしても、お前は何も聞いていない。

お前がこの神官、役目を全うして死ぬ事になれば、残った家族の面倒は、こちらで見るから心配はいらない。

宮主様が生きておられたら、そうされただろうからね。

どういう意味かはじきに分かるようになる」

ヨミ女官は続けて話す。

「憶えておきなさい。皇帝陛下の後宮よりさらに、秘密が多い場所がこの神官だ」

「はい。神官のための任務であれば、喜んでこの命を捧げます」

ユアンはヨミ女官に頭を下げる。

「ああ…どうして…宮主様が苦心して守って来られたラハンの神官にこんな事が…。皇太子が不徳なばかりに…」

ヨミ女官を見ながら、ユアンは考えた。

(そういう事か…。水汲みのような雑用ばかりをさせられていた俺が…

いくら祝祭だと言っても、こんな内殿まで配置されるなんておかしいと思ったら…

神官の奥深くに人を喰う化け物がいただなんて…)

 

ユアンはサハラを思い浮かべる。

(皇太子様が直接出入りされてるところを見ると、ただ事じゃないのは間違いないけど…

それならあえて、正体を隠していらっしゃるという事か)

スポンサードリンク

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第42話】のネタバレ

(あの化け物みたいな子供がスウにだけ、よく懐いているのも妙だけど…

そのスウが反逆者と関わりがあるなんて…スウは誰の側の人間なんだ?)

「ユアン!思ったより早かったな。夜になるかと思ってたのに」

ユアンの姿を見つけてスウは声をかける。

「あ…はい。そうですね…ははは。

な…なにをしていたんですか?楽しそうですね」

ユアンは少しごもりながら話す。

「ああ…その…もう遊びもやりつくして…床の目を踏んだら負けっていう遊びをしてたんだ…」

サハラはスウの足元にくっついている。

「あはは…退屈されていたんですね」

「そんなに外暑いのか?汗がすごいけど…体調でも悪いとか?」

「あはは、そうですか⁉(しまった)」

スウへの疑いのもっているため、ユアンは汗をかいていた。

そんなユアンは誤魔化す。

「いいえ。もともと汗かきで…お食事まだですよね?お持ちします」

「いや、さっき間食で餅をもらって、サハラ様と食べたんだ。すごくキレイな色の餅。

夕食はランタン祭りを見ながら、一緒に食べようと公子様に言われてて。

宮の外にでるのかと思ったのに、ここの上で食事を準部して食べようって。高い場所にあるからよく見えるって言ってたけど」

「俺も見るの!!」

サハラがスウとユアンの話に入った。

「はいはい~。夜まで眠らずに起きていられたら、一緒に見ましょうね」

「起きてる!!」

スウはサハラの言葉をスーッと流した。

「そうだ。ユアンここに書庫ってないかな」

「書庫…ですか?」

「サハラ様が文字を覚えられてないみたいで…残りの少ない時間でも文字の勉強でも、見て差し上げようかと思って…俺も難しい文字は分からないけど、簡単な読み書きはできるから」

「ああ…」

スウはサハラの頬をムニムニしながらユアンに話す。

「最近少しずつサハラ様の体力についていくのが、辛くなったのが、本当の理由だけど…」

今度はサハラがスウの上にのっている。

そんなスウはゲッソリとしている

「一番奥の部屋に倉庫のような、小さい書庫がありますが…掃除がされていないので、後で片付けておきます。

でも神官の書庫は聖文として使われているものが多くて、普通の本があるかどうか…」

ユアンはその方向を指さす。

「分かった。頼むよ…それと公主部は?行って来た?」

スウは聞きたかったことを聞いた。

ユアンの動きが一瞬止まった。

「あ…はい!仰っていたものは、ちゃんと受け取られたそうですよ」

「良かった~。暖かくなって腐らないか心配だったんだ。ちゃんと食べたって?」

「ええ。美味しかったと仰ってました」

「…分かった。もう下がっていい」

スウ手を口元にもっていっていた。

そしてその目は鋭かった。

 

 

(ふう…寿命が縮まるかと思った。送りものって食べ物だったのか。

こうするのが、正しいのかは分からないけど…どうしよう…。

ヨミ女官様に先にお話しするべきか?

知人まで全て調査中だとすると、ひょっとしたらスウも捕まるのか?)

ユアンはさっき話していた書庫の扉を開けた。

(う…ホコリの匂いがすごいな…)

「まずは灯を点けて…」

「ユアン…」

「うわあっ!!スウ!!」

急に耳元で名を呼ばれて、驚くユアン。

「何でそんなに驚くんだよ」

「どうしたんですか⁉サハラ様は…」

「シーッ。バレるだろ。かくれんぼの途中だから静かにして」

スウは笑って、人差し指を口元にもっていく。

「か…かくれんぼ?

あの…ここはまだ埃だらけなので、先に掃除を…」

そう言っているユアンの顔に手が伸びてきた。

―バキッ! ドサッ!!

ユアンは奥に倒れ込む。

「おい。人を馬鹿にするのもいい加減にしろよ」

スウがユアンの顔を殴ったのだ。

「スウ、それは…!!」

ユアンの胸ぐらを掴んだスウ。

彼の鼻からは血が流れていた。

「あんな分かりやすい態度で、俺を騙そうとするなんてさ、死にたいのか?」

スウは顔を近づけて、声を低くして言った。

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第42話】のみんなの感想

スウさんが殴るなんて…。

今のままでそんなところなかったので衝撃です。

やっぱりダンさんの事だからですかね?

笑顔の後の暴力は怖いですね…。

 

ところでユアンさんは男性なのでしょか?

”俺”と一人称でしたから。

ずっと女性だと思っていました…。

名前もどちらでもありそうな、名ですし…。

 

さて、スウさんはダンさんの状況を知るのでしょうか?

それともユアンさんは話さずにいるのでしょうか?

 

 

まとめ

以上、「砂漠に降りそそぐ龍の雨」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2019年6月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です