砂漠に降りそそぐ龍の雨【第31話】のネタバレ・感想!

 

「砂漠に降りそそぐ龍の雨」第31話を読みましたのでネタバレを紹介します。

 

SUMMER先生の作品です。

悪夢を見たサハラは、目を覚まして一目散にスウの部屋にいった。

「どうして俺を殺すの。俺、悪い事してないのに」と泣きじゃくるサハラ。彼を落ち着かせ、スウは彼の食事をとりに行った。

食事を持って戻るとサハラの姿がなくなっていた。

レンは狩猟祭に出ていた。

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第31話】のあらすじ

 

「サハラ様ー。サハラ様~どこですか~?かくれんぼはやめて出てきてください」

スウはサハラの名を呼びながら、ベットの下などあちこち探した。

(一体どこに行ったんだ。どうせこの階の外には出られないだろうけど…)

スウは廊下を歩きながら考える。

(外に伝えた方がいいのか…。

ここの宮人たちは、皆何だかよそよそしくて、気まずいんだよ…。

会話もろくにしてくれないし、俺たちの事を嫌っているような…)

「はぁ。まったくどこに…」

スウは壁に寄りかかってため息をつく。

 

―キイッ…

「……ん?…押せるじゃないか、隠し扉か?

壁とそっくりで、よく見ないと気付かないな…」

寄りかかったことによって開いた扉を、さらに開けて中に入っていった。

「他の通路に繋がってる」

(隠し通路…話に聞いた事はあったけど、神宮にもあったとは…。

そう言えば、皇族たちも滞在する事があると言っていたな…。

灯は全て消えている。まさかここを通って行ったのか?

あっちから風が吹いて来ているような…)

スウは灯の消えている通路を奥まで歩いた。

(ああ、やっぱり外に繋がっていたんだな。どうりで長いと思った。

神宮の裏手の山へ行けるのか。特に手入れはされていないようだけど。

危険な道だから、皇子がここを通ったなら遠くまでは行っていないと思うが、誰かと出くわす前に、周囲だけ少し見回ってみよう)

スウは考えて、外に出た。

スポンサードリンク

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第31話】のネタバレ

「サハラ様ー。サハラ様ー。どこですか~。危ないので早く出てきてください。

サハラ様ー。私の負けですから~。出てきてください-」

スウは小声でサハラを呼びかける。

しかしサハラからの返事はない。

(外に出たんじゃないのか?戻ってみるか…)

そう思ったスウだったが、少し遠くの足元にあるものを発見した。

「毒キノコ!!」

スウは嬉しそうに毒キノコに近づいた。

毒は上手く扱えば、証拠もほとんど残らず、死亡する時間や原因さえも、ある程度は偽造できる。

今のような時期の後宮部では、手に入れたがる者の数に対し、いつも不足しているもののうちの一つ。

しかし妃たちが毒性のある薬物を直接手に入れる事は、困難なためさらに貴重なものとして扱われるのだ。

(宮廷内で手に入れるためには、ごく少量でも時間がかかり、間に入って証人や証拠が分かってしまう危険性が高い。

第二妃様は毒を主に宮廷外から持ち込んでいた。

殺すのに成功してしまえば、だれもわざわざ死体を掘り返して調べようとは言わないからな…。

むしろ使用した後は、安全だというのが皮肉だが)

スウは毒キノコと睨めっこしながら考える。

「あっあそこにも! うわ、ここにも⁉ あそこにもある!」

他にもあった毒キノコにスウはテンションが上がる。

「高級薬としても、使われる種類がこんなに多いなんて…。

この山自体が神宮に属していて、出入りしにくいためかな。

今度またこっそり来て、全部採って行くか。少しでも採って戻って、自室の隅で乾燥させれば…。

いや、こんなことしてる場合じゃない。とりあえず戻って、皇子を…」

一瞬、サハラの事を忘れていたスウ。

そんなスウが毒キノコから目をそらし、顔を上げると、目の前に野生のイノシシが、スウを見ていた。

スウは頭を回転させる。

  1. 立ち上がって体を大きく見せ驚かす
  2. 死んだふりをする

いのししは息を荒くしている

3.逃げる

「ひっ…!」

スウはイノシシに背を向けて逃げた。

-シュッ ザッ!

スウを追いかけていたイノシシに矢が刺さる。

「外出を許可した覚えはないが。ここで何をしている」

座り込んでいるスウにレンは聞く。

レンがイノシシに矢を当てたのだ。

「…もう一度訊く。ここで何をしていた」

「…え?あ…。危ない!」

―パシュッ!

いつもと雰囲気の違うレンに、一瞬戸惑っていたスウだったが、危険を感じレンを助けた。

「公子様こそ、ここで何をなさっているのですか⁉

今のは公子様を狙ったものでしょう⁉」

スウはレンに馬乗りの状態で声を荒げる。

「あちらの左側…!対抗戦の方向に、誰かが弓を持って隠れています!

公子様がご存知の相手ですか⁉ 私は関係ないと話せば逃がしてくれるでしょうか⁉」

慌てるスウだが、レンは冷静だった。

「ああ、それならスウの後ろに三人います。

それとおそらく…いえ、今私を助けた事で、スウも私の仲間だと思われたでしょう」

「ああっ!!」

後ろを振り返り、さらに慌てるスウ。

「それなら早く逃げましょう!近くに狩猟祭の行列がいるはずです!

私はそちらの方に行きますから、公子様は…」

「嫌です。別れて逃げたら、本来の目的である私の方を追いかけてくるでしょうから。

それよりスウ、ここで何をしていたのか訊いているのですが」

レンはグイッとスウを引き寄せる。

「今そんな事はどうでもいいでしょう!離してください!!」

「重要な事です。一瞬スウも刺客かと疑ってしまいましたから」

「うっ…。どうして私が、わざわざ危険を冒して、公子様を殺すんですか!!

殺そうとしする刺客の気持ちは、分からなくはありませんが、こんなに堂々とはやりません!!いえ、できません!!」

スウは掴まれてた手首をバッ!と振りほどき、レンに向って怒り口調で話す。

レンは一瞬笑って答える。

「それなら幸いです。つい…苛立ってしまいました」

 

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第31話】のみんなの感想

サハラ様はどこに行かれたのでしょう。

食事(人)でも食べに行っているのでしょうか…?

外に出たとは考えにくいのですが…。

 

毒キノコにテンション上がるんですねスウさん。

いや、貴重なのは分かりましたが、そこまででもないような…。

それに部屋の隅で乾燥させていたら、間違ってサハラ様が食べるとは考えないのでしょうか?

そこまで深く考えていなかったのかもですが。

 

注意力のあるスウさんが、近くいたイノシシに気付かないくらい、毒キノコに夢中だったんでしょうね。

レン様も丁度いいタイミングで現れましたね!!

さすがです!!

的は大きと言え、動いているイノシシを仕留めるのは、すごいですね!!

スウさんを見つけたレン様は怒ってましたね。

まあ、仕方ないですが…。

レン様は狩猟祭に出ていたのではないのでしょうか?

そこが良く分かりませんね。

そして何に苛立っているのか。

どうやって囲まれている状態?で抜け出すのでしょうか⁉気になりますね!!

 

まとめ

以上、「砂漠に降りそそぐ龍の雨」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2019年6月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です