砂漠に降りそそぐ龍の雨【第30話】ネタバレ・感想!

「砂漠に降りそそぐ龍の雨」第30話を読みましたのでネタバレを紹介します。

 

SUMMER先生の作品です。

祝祭の最中、スウとサハラは地下で過ごしていた。

一方のレンは、自分の父親に会いに行っていた。

 

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第30話】のあらすじ

「う、ううっ…ふ……」

サハラはうなされていた。

 

「雨を降らせなければならない。そうすれば、誰もお前を無下にしないさ。レンと対等にならなきゃいけないんだ」

大人のサハラは子供のサハラに向って話す。

「…でも雨を降らせたら俺死んじゃう…」

「大丈夫だ。どうせ、お前はうわべの姿に過ぎないんだから」

大人のサハラがそう言うと、子供のサハラの顔がピシッとはがれた。

そして立っていた場所が崖のように崩れた。

落っこちながら、サハラは上を見ていた。

 

「…様!!サハラ様!!」

その目には慌てるスウが写った。

スウは後ろを振り返りバシッとビンタをする。

その相手はレンだった。

「スウ…」

 

―ドンドンドン…!

「はっ……。スウ……」

サハラは目を覚ました。

起き上がり、一目散にスウのいる部屋に向った。

こっそりと覗くサハラに気がついたスウは声を掛ける。

「ああサハラ様。お目覚めになりましたか?頭痛はいかがですか?わざと起こさないようにしていたのですが…。

外が騒がしいでしょう?神宮の裏手で今日、狩猟祭が行われるそうですよ。私もさっき太鼓の音に驚きました」

「スウウウゥ…」

サハラは涙を流して、スウの名を呼んだ。

「ええっ⁉突然どうされたのですか⁉」

驚くスウ。

サハラはスウに駆け寄る。

「スウ~助けて~」

「怖い夢でもみました⁉」

「うあぁぁん~。何で俺の事殺そうとするの。俺何も悪い事してないのに~」

「殺そうとするって…」

 

(…第二妃と会った時の後遺症か?)

泣きじゃくるサハラ。

彼の言葉にスウは一瞬考える。

「ヒック…お腹も空いた~。ふえぇぇん~」

「だから昨日粥を残さずに食べるように言ったでしょう!」

「でも今食べたら食べ過ぎちゃう…ふえ…」

「ひ、ひとまず落ち着いてください。まだお食事の時間ではありませんが、外に伝えて準備させますから」

あまりの泣きじゃくりに、スウも少し慌てる。

そしてサハラを残して、スウは外に準備してもらえるように伝えにでた。

(昨日から様子がおかしいな…。

第二妃と会った時の事は遊びだと思ってる様だったから、特にその後何も言わなかったけど。ひとまず皇子には口止めをしておくべきか。

でも子供に秘密にするようにと言ってもかえって…)

 

スウは一人考え、悪い方を想像する。

「はっはっはっ!!スウと俺2人だけの秘密があるんだもん!!スウと俺が誰と会ったか、レンには絶対教えてあげない!!」

「?」

「皇子様いけません!!」

 

(逆効果になるかも…。とりあえずもう少し様子を見よう…)

「サハラ様お食事をお持ちしました…。……?サハラ様…?」

スウが食事を持って戻ると、そこにサハラの姿がなくなっていた。

 

スポンサードリンク

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第30話】のネタバレ

―シュッ!

「相変わらず素晴らしい腕前ですね。

かつてラハン一の弓の名手だったカウスが蘇ったとしても、皇太子殿下の相手にはならな…」

「無理に褒めなくていい」

「はい。やめます」

ユーリはレンの弓を褒めていたが、彼は遮って止めた。

「殿下。そろそろ下へ戻りましょう」

「カミラは?」

「はい殿下。カミラただいま戻りました」

レンの質問に丁度戻って来たカミラ。

「探すよう言ったものは見つけたのか」

「見つけはしましたが…おもったより少ないですね。

私が見つけたものは二人ほど、報告ではさらに三人いるということです。侍従のフリをしたものもいるようです」

レンの問いかけに、カミラは淡々と答える。

「絶壁の岩の付近に隠れているようですので、一方に追い詰めて不意を突いて襲うのがいいでしょう。

殿下はアリウスと先に下へお戻りください。こちらは私が片付けます」

そう言った絶壁の近くには2人の男がいた。

 

「いや、私が直接行こう。お前たちはついてくるな。

それと適当な獣でも捕まえておけ」

「ええっ。お一人で楽しまれるおつもりですか!!」

レンの提案にカミラは残念そうな声を出す。

しかしレンはそんなこと関係なく行ってしまった。

「煩いヤツやと出くわさないように気を付けろよ」

「はぁ……」

「あの…水をどうぞ」

「申し訳ありません。私のせいで出発から取り残されて…」

男性がもう一人の男性に水を渡す。

受け取った男性は申し訳なさそうにする。

 

「かなり無理をしているようですが、大丈夫ですか?」

「もともと幼い頃より体が弱くて、長く走る事ができないのです。

長男として生まれたのに、こんな有様で…親にも迷惑を掛けました。

こんな私が皇太子殿下にお仕えする事になるなんて…。

勿論陛下は側近の護衛たちに囲まれて、お姿を見る事もなかなかかないませんが…。

私なりに最善を尽くしてお仕えしたいのです…」

水を持つ男性の手はぶるぶると震えていた。

 

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第30話】のみんなの感想

サハラ様の夢、嫌ですね。

子供がみたら泣きたくもなります。

あの夢は何かを意味しているのでしょうか。

雨が降ったら、今の姿のサハラ様はいなくなるのでしょうか。

子供の姿と大人の姿の両方が存在しなくなるってことですよね。

夢ではレン様をスウさんが叩いていましたが、雨を降らせようとしているレン様だからなのかと思いました。

第二妃にあったことを隠しているスウさんですが、それが良い事なのでしょうか…?

悪い事ではないと思いますが、伝えておいた方がいいのでは…と思いました。

 

レン様が弓をやっているのは狩猟祭に参加しているのでしょう。

ユーリさんの褒め方は独特でしたね。

カミラに頼んでいた探し物とはなんでしょう。

人のようですが、フリをしている人もいると言ってましたが…。

 

最後の水を上げていたのはダンさんなのでしょうか?

違うような似ているような…。

 

さて狩猟祭も始まりましたが、部屋からいなくなったサハラ様の行方も気になりますね!!

 

 

まとめ

以上、「砂漠に降りそそぐ龍の雨」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2019年6月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です