砂漠に降りそそぐ龍の雨【第28話】のネタバレ・感想!

「砂漠に降りそそぐ龍の雨」第28話を読みましたのでネタバレを紹介します。

 

SUMMER先生の作品です。

第二妃にサハラの存在を話したスウ。サハラは”第14皇子”と。

一方、第二妃は占星術師に「龍を持っている」といわれていた。

サハラを見つけたスウは、彼を叱った。その時レンがやってきた。

 

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第28話】のあらすじ

「神宮について調べてみたいのだけれど、難しいかしら?」

手を洗いながら、第二妃は従者に聞いた。

「妃様、神宮は…皇帝陛下でさえ、むやみに手を出せない宮廷内の唯一の聖域です。加えて、未だに皇太子の息がかかった場所で、下手をしたら皇太子側に、口実を与える事になりかねません」

「でも龍がどうとか言う占いもだし、第14皇子の事も…神宮の宮王の膝元で育った皇太子も最近いやに静かだし…。考えてみたら、全て神宮と繋がってるじゃない」

「…位の低い第14皇子が皇帝陛下のお許しもなく、神宮で療養されているというお話も疑わしいですが…。スウが神宮で働いているなら、スウに報告を命じられるのが…」

従者の意見に第二妃は微妙な返事をする。

 

「そうねぇ…以前ならともかく、今のスウも信頼できるとは言えないわ。雰囲気が少し変わってた。もともとあんなに柔らかい感じじゃなかったのに。

まあ今ならお金もある程度集まったでしょうし、ラハンから出る機会ばかり伺ってるのかもね。自分の身が危なくなるような事はやりたがらないわよ。最後の仕事を頼んだ時も、そんな感じだったんでしょ?」

第二妃はマヤに確認する。

「妃様。人を最も簡単に動かす感情は二つございます。そのうちの一つはもちろん愛であり、残りの一つは愛を失った者の復讐心です」

第二妃は笑っていた。

 

「狩猟祭の時、皇太子を近くで補佐するようにさせれば良さそうね」

「仰せの通りに」

「それと使えそうな神官をこっそり物色してちょうだい。慎重にね」

「妃様。まさか…」

マヤは少し戸惑いの表情をする。

 

「私も一度上げてみようと思って、雨乞いの祭りをね」

スポンサードリンク

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第28話】のネタバレ

サハラがスウの口にキスをして気をもらってる。

その姿は子供ではなく、大人の男性の姿だ。

「ちぇ…。…まだ全然足りないのに…もう限界だ」

サハラは眠っているスウの口をなぞりながら、独り言をこぼした。

スウは夢を見ていた。

「もう限界だ。これ以上やったら頭がおかしくなりそうだ。夜も眠れない、目を閉じたらずっと人々の歓声がきこえてくる気がする」

「…ちょっと疲れてるみたいだな。何日か休ませてもらえるように頼んでみるよ。すぐには無理かも知れないけど…」

ダンの話にスウは戸惑いながら、案をだした。

しかしダンはスウを見ることなく言った。

 

「いや、これ以上は誰とも戦いたくないんだ。はじめは…スウの言うようにほとんどが異国の野蛮族で…犯罪者だから罪悪感を抱く必要はないと思ったけど…。人が殴られたり、死ぬのを見て楽しむのは罪じゃないのか?

闘技場に野蛮でない人間が果たしているのか?時に言葉は通じなくても伝わるんだ。その恐怖が…。相手が戦闘訓練も受けていない普通の人間だと感じた時は…」

「ダン!!」

辛そうに話すダンの話をスウは止めた。

 

「他人を気遣ってる場合かよ。自分の立場を考えろ!

誰でも闘士になれるわけじゃないんだ。お前のかわりを狙ってる奴隷たちが、どれほど多いか分かってるのか⁉

俺がお前を闘士にするためにどれだけ…」

「誰も頼んでないだろ!!結局はスウが俺を利用したんじゃないか!!」

詰め寄るスウにダンは大きな声を出す。

「あ…」

ダンがスウを見ると、彼はボロボロと涙を流していた。

「そんなに嫌ならやめちまえ!!お前の代わりに俺が出る!!」

「…ごめん。言い過ぎた」

「俺だってむしろ、闘技場で犬のように殴られた方がどれほど気持ちが楽か!!」

「分かったから。スウ…ごめん。俺が悪かったから…。ごめん…」

ダンはスウを抱きしめて謝る。

 

(俺…欲求不満なのかな…。どうして最近、昔の夢ばかりみるんだろう…。

昔の夢というよりはダンの夢だけど…。

あ、見慣れない寝衣…窓がなく、時間を知る事ができない部屋…居室を変えた)

目が覚めたスウは、自分の着ていた服と部屋を見る。

そしてダンの夢ばかり見る理由と居室を変えた理由を考えた。

(寝場所が頻繁に変わるせいかもな。口の中がヒリヒリする)

スウはヒリヒリする口を触る。

(前夜祭から戻って来た日の夜。屏風の裏から死体が二つ出てきたせいだ。

干上がった奇妙な死体…)

 

「スウ。皇子様は私が寝台へお連れしました。今日はスウも疲れているでしょうし、もう休んでください。何を…ああ」

スウは死体を見ていた。

(毎日しょくじを運んでくれる人と同じ服装だけど。

第二妃の警告か?もしくは…)

スウはレンを横目で見る。

「スウが殺したんですか?」

「この状況でよく冗談が言えますね」

レンの言葉にスウは怒りながら答える。

「死体を前にして全く驚いていないので」

「公子様が守るべき皇子様が危険な状況なんですよ」

「皇子の居室に死体の一つ二つは、装飾品のようなものですよ。近頃の宮廷の雰囲気はスウもよく分かっているでしょう。

脅威の正体が明らかになるまでは、居室を移した方が良さそうですね」

レンはそう言って、何事もなかったような顔で笑っていた。

(そうでなくとも大きな鉢が襲って来たとか、なんか胡散臭い事もあったし…

第二妃さまの事もあって、居室を移すのは大賛成だけれど、なぜかますます深く関わってしまっているような…。

祝祭が終わり次第、後宮部に戻らせてもらえるようお願いをしておこう…)

 

「充員するって何でよりによって、狩猟祭なんだよ~」

「公主部はヒマですからね。今回の狩猟祭は太子部の近衛たちまで、駆り出されるようで侍従が足りないんですって」

「それにしたって狩り子って何だよ。かっこ悪い」

ダンのいる部屋でそんな話をしていた。

「狩猟祭?」

ダンは何の事かと聞く。

「今朝に急な通達があったみたいだ」

「俺たちの仕事は、馬のケツを追いかけながら、貴重な弓矢を拾って獲物を追い立てるってとこさ」

 

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第25話】のみんなの感想

第二妃がいっていた”雨乞いの祭り”ってなんでしょう?

狩猟祭のことなのでしょうか?

わかりませんが、やっぱり嫌な感じですね。第二妃は。

お取りに使うみたいな言い方に取れますし…。

 

ダンさんとスウさんの関係は良く分かりませんね。

親友なのか恋人なのか…。

いや、占星術師は腐れ縁と言ってましたが…。

何だか腑に落ちないです。

 

寝台にあった死体はなんなのでしょう。

サハラ様が吸ったのでしょうか。

でもスウさんのしか吸わなかったんじゃ…。

それともレン様の仲間がやったのでしょうかね。

第二妃にしては、行動が早すぎる気がしますし。

謎は深まりますね。

 

まとめ

以上、「砂漠に降りそそぐ龍の雨」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2019年6月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です