砂漠に降りそそぐ龍の雨【第24話】のネタバレ・感想!

「砂漠に降りそそぐ龍の雨」第24話を読みましたのでネタバレを紹介します。

SUMMER先生の作品です。

記憶が所々、思い出せなくなっているスウに、レンは「前に頭をぶつけた時の脳震とうの後遺症」と話した。

納得をするスウ。

そんなスウたちは、3人で祝祭を楽しく回っていた。

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第24話】のあらすじ

「スウそのような中途半端に赤いシルクは品がなく見えますよ」

「スウは品がなくても、美味しいから大丈夫!!」

スウの洋服選びで、レンとサハラは言い合う。

「ほらご覧なさい。自分が何を言ってるのかも、分かっていない子供でしょう」

「違う!!俺、子供じゃない!!」

「それではこちらで支払いを」

「あのお二人ともやめてください…決めましたから。あちらの緑色で」

「「……」」

スウは二人を止めて、選んでいたのではないものを選んだ。

レンとサハラは黙り込んでしまった。

「ああ。あの緑もいいですわね!最近流行の…。皆さまご兄弟では…ないようですね。お友達…でもないようですが、お三方ともと~っても素敵です!」

「ははは…接客がお上手ですね…」

「そんな恐縮ですわ。それではこちらにお召し替えください」

服の売りのおばさんがスウたちを褒める。

少し待っているとスウは着替えて出てきた。

「あら、もう着替えられたのですか?」

「ええ。服の構造はほとんど把握しているので」

「そうなんですね。とてもよくお似合いですわ!赤や青とは違って、落ち着いたかんじですね」

少し照れくさそうにするスウ。

「スウ!!カワイイ!!」

サハラはスウを見て目を輝かせた。

「赤と青も一度着てみられます?」

「いえ、これで十分です」

服売りのおばさんの提案を断るスウ。

まだ照れくさそうにスウはレンを見る。

「よくそんなに目立たない色をみつけましたね。少し子供っぽい気もしますが、悪くないです」

「脚が出ているせいですよね。まあ動き回るにはちょうどいいので…」

サハラはスウの後ろにぶら下がっている。

「戻りましょう。寄るところがあるので」

「寄るところですか?」

「行けば分かります」

スウたちは服屋を後にした。

スポンサードリンク

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第24話】のネタバレ

「あの…服の代金は、宮に戻ってからお渡しします。いくらか教えていただければ…」

スウは前を歩くレンに申し訳なさそうに言う。

レンは前を向いたまま答える。

「気にする必要はありません」

「いいえ。今まで公子様から頂いてばかりいますので…。ご親切はありがたいのですが、このままでは公子様に一方的に借りを作るようで、心穏やかではないのです。私の体面のためにも、お返しさせてください。いくらですか?」

いらないと言っているレンに対して、スウはそうはいかないと払おうとする。

「ふむ…そこまで言われるとは…スウはなかなか頑固ですね」

レンはスウを見ていった。

「ありがとうございます。それでいくらなのですか」

スウはレンの言葉など物ともせず、もう一度値段を聞いた。

「金貨で六両でした」

「金貨で六…それは絶対騙されてます!!」

値段を聞いたスウは驚く。

スウはレンの服を掴む。

レンは動じることなく笑っている。

「スウより高いですね」

「そんな風に使われる金なら、むしろ私を買ってください!!やっぱり何だかおかしい雰囲気だと思ったんです!すぐ戻りましょう!!」

「大丈夫です。このような祝祭の日には、商人たちも普段より高い値で売りたがるものですから」

「それならなおさら、このような高価な品を、そのまま頂くわけにはいきません。気になって…」

「スウ」

レンはスウの言葉を遮った。

「何か思い違いをしているようですが、私がスウにあげるものは全て、取るに足らない些細なものですよ。なのでスウもいちいち、気にかける必要はありません」

スウは少しだけ笑った。

 

「あ…はい。それならば有難く頂戴いたします」

「分かっていただけたなら幸いです」

レンは笑顔でそう言うと、前を向いて歩きだした。

その背中を見つめるスウ。

「スウ……そんなに強く握ったら、手痛い…」

「はっ申し訳ありません!思わず…」

サハラと手を繋いでいた手に力が入っていた。

 

「ようこそいらっしゃいませ。ご主人様は奥の部屋でお待ちです。ご案内いたしますのでこちらへ」

(何だろう。寄るところがあるって神を祀る神堂…?もしくはただの占いの店か?気味が悪いな)

部屋の中を見渡すと、お面が飾られていた。

「スウ。スウはここで待っていてください」

「分かりました。私の事はお気になさらず、ごゆっくりどうぞ」

「スウ行ってくる…」

「いってらっしゃい」

レンはスウを置いて、サハラだけ連れて奥の部屋へ向った。

「行きたくない…」

「さっさと歩いてください」

(疲れた……。このシルク…安物ではないけど、そんなに高い値に見合うものでもないのに、もったいない…)

椅子に腰かけ、頂いた服の袖を見ながらスウは思った。

(ジルド家のレン…いまだに何を考えてるのか分からないな。どうして俺に不必要に親切にするのか?自分が仕える皇子が俺を気に入っているから?そこまで皇子に対する忠誠心があるようには見えないが)

スウは一人考え込む。

(もしくは本当に俺の事を気に入って?実権もない幼い皇子より…ジルド家に気に入られた方が、俺にとっても好都合ではあるが…。シオン家のあいつのように、転がしやすい人間なら良いのに…)

スウは自分を買おうとしていた主人を思い出す。

 

「お待ちしておりました。これはこれは…たしかお二人の方がいらっしゃるとお聞きしていましたが、人であるのはお一人だけのようですね」

奥の部屋に案内されたレンとサハラを見て、占術師は言った。

「フフ…。人より長い歳月を生きてみると、今日のような日もあるのですな…。気高く尊い方たちが、揃いも揃って…この卑しい老いぼれの元へいらっしゃるとは」

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第24話】のみんなの感想

スウさんが選んだ服は可愛らしいですね。

レン様とサハラ様の服も気になりましたが、スウさんの選択は間違っていませんね!

レン様はサハラ様に気を取られているスウさんへの、申し訳なさがあるのではないでしょうか。

それだけではないと思いますが…。

レン様はサハラ様が”龍”だと、気づかれないようにしてますが、スウさんもそのうちきづくのではないでしょうか。

さて、占術師のところにやってきたレン様ですが、なにをするのでしょうか!?

前代未聞のサハラ様の存在についてなのか、”龍”の生体についてなのか。

気になりますね!!

まとめ

以上、「砂漠に降りそそぐ龍の雨」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2019年6月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です