砂漠に降りそそぐ龍の雨【第22話】のネタバレ・感想!

「砂漠に降りそそぐ龍の雨」第22話を読みましたのでネタバレを紹介します。

SUMMER先生の作品です。

サハラが男性になっていることに気付かなかったスウ。

途中で気がついたスウはサハラを変態野郎呼ばわりした。

男性がサハラであると気付いたスウのところに、サハラを連れていこうとユーリがきた。

しかしユーリが見た時にはサハラはいつもの彼に戻っていた。

そしてついに前夜祭がはじまっていた。

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第22話】のあらすじ

「今日が…前夜祭…ですって?」

スウは驚き、戸惑いながらユーリに確認する。

「はい。日暮頃に神宮まで全て、奉燈を終えましたした」

「そんなはずはありません。確かに二日後……それに奉燈だなんて、まだ昼を過ぎたばかりではないですか」

「ふああ~」

スウが戸惑っている奥で、サハラは布団で横になりあくびをしている。

ユーリは外をチラッと見て、スウは外を見に出た。

「…ちょっと失礼します」

「どうぞ」

スウが上から覗いた町は、夜なのに明るく染まっていた。

「先ほど出てこられた時から、顔色が真っ青でしたが、必要であれば神官か宮医をお呼びしますよ」

ユーリの言葉にスウは振り向く。

そして奥に立っているサハラを見た。

「…ユーリ様。私の頬を強く叩いて頂けませんか?」

スウはユーリに頼んだ。

スポンサードリンク

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第22話】のネタバレ

「スウ!? 何事だ!?」

レンの前にスウを肩に担いだユーリが現れた。

レンは驚いて、ユーリに聞く。

「具合が悪い様子で置いてくる事ができませんでした。顔色が白くなって、うわ言を呟きながら、突然自分を叩いてくれと言いだして…」

「それで本当に打ったのか!!」

ユーリの説明にさらに驚くレン。

「叩こうとしたところ、嘔吐して倒れてしまいました。おそらく中毒症状と思われましす」

それを聞いたレンは、隣にいたサハラを見た。

「治して」

サハラはレンを見てそう言った。

「主君、毒の粘性が非常に高いです。酸性もあり、恐らく口内もただれてしまっているでしょう。体力が落ちれば、吐いたもので窒息して死亡する可能性もあります」

「神宮から特に報告は上がっていませんが…おかしいですね」

レン達はスウの状況をどうするか考えた。

「チッ…スウ、少し辛いでしょうが……全て吐いてしまいましょう」

レンはスウの口に指を入れ吐き出させることにした。

(……何だ? 苦しい。息が詰まる…。煩い…。吐きそうだ…。ガタガタ揺れて…。手……冷たい…)

スウは少しずつ目を開けた。

目の前にはレンが目を瞑っていた。

目線を横に向けると、サハラが眠っていた。

「サハ…」

「もう少し眠って下さい」

サハラに声を掛けようとしたスウだったが、上からのレンの声で言葉を止めた。

「あと半時辰はかかります。できるだけ騒がしい道は避けて行っているので」

「……レン様。大事な…お話しがあったのですが…」

「あったのですが?」

スウの言葉を聞き返したレン。

「何だったか…思い出せません…」

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第22話】のみんなの感想

スウさん大丈夫でしょうか!!?

サハラ様の毒にやられているってことですよね…。

そんな直前にならないと症状が出ないんですかね。

時間の感覚と脳に異常がでているように感じました。

サハラ様の「治して」って言い方が少し気になりました。

治せると思っているのか、レン様なら治せるって意味なのか…。

目を覚ましたスウさんでしたが、レン様への大事な話とは何だったのでしょう。

そこも気になります。

そしてスウさんたちはどこにむかっているのでしょう!!

まとめ

以上、「砂漠に降りそそぐ龍の雨」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2019年6月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です