砂漠に降りそそぐ龍の雨【第20話】のネタバレ・感想!

「砂漠に降りそそぐ龍の雨」第20話を読みましたのでネタバレを紹介します。

SUMMER先生の作品です。

外出から帰ってきたスウとレン。

泣きじゃくるサハラを持って帰った花で笑わせるスウ。

レン達が部屋を出た後、サハラは人が変わったかのようにスウに注意する。

そしてサハラが持っていた花が一瞬で枯れていた。

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第20話】のあらすじ

「毒?」

「はい。すぐに蒸発しましたが、使用量によっては十分に致命的になり得る毒性でした」

「スズメバチ云々の話で、よほど頭が回らない状況なのかとは思ったが」

「申し訳ございません…」

レンとユーリはサハラの部屋の状況の話をしていた。

ユーリの話を聞いてもレンはあまり驚かなかった。

「やはりあの時思い違いではなかったのか。前にも一度、毒気を感じた事があった。餌を一時的に麻痺させるためのものか…」

「…はっきりと決めていただく方がよろしいかと思います。龍ではなく魔羅であれば一刻も早く処理を…」

ユーリはレンに注意をする。

「アリウス。何を決めろというのだ。あれが蛇であったとしても、今更変わる事はない」

レンははっきりと言った。

「…出過ぎた言動で殿下のご機嫌を損ねた罪は辞職にて…」

「殿下それより面白い噂を聞きました」

ユーリの冗談をさえぎって女性はレンに話しかける。

「祝祭に合わせて、帝都にとても有名な占星術師が現れるんですって」

「占いをしろと?カミラお前死にたいようだな」

「あら、私の事も幼名で呼んでくださいよ。十年に一度人前へ現れて、占ってくれる老人だといいますが、自身がソホン最後の大神官であったと主張しているという話です」

「耄碌した老いぼれか。ソホンが滅んでから五百年以上経って…」

レンは気付いて言葉をとめた。

カミラはそれに気づき、続きを話す。

「ええ、そのため知らない事はないと主張しています。すでに人が詰めかけて、予約さえ取りにくい状態でしたわ。恋愛占いでも本当ーに有名なんですよ」

レンは考える。

「時に…帝位ひとつ得るために、こんな事までするのかという気になるな」

「帝位ひとつを手に入れる事は、ラハンの全てを手に入れる事と同じですから」

「それはそうだが…」

ユーリは冷静にレンに言った。

「お言葉の割に、最近は楽しんでいらっしゃるように見えましたよ。今日も…」

「お前たちが何を憂慮しているかは分かっている。心配するな。私的な情に流されることはない」

レンはユーリの言葉を遮って言い切った。

スポンサードリンク

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第20話】のネタバレ

「スウそれ食べる!」

(…うう。ここ最近、体調が悪いな…)

朝食を食べるサハラの横でスウは手伝う。

「それにつけて!!」

「はいはい~。すぐに差し上げますからね」

スウはなにかをつけようとしながら、目をこすっていた。

(風邪か…?ボーっとする)

「スウ…スウゥ…目…熱い…目痛い…」

スウが目を開けると、何かにつけようとしていたものを、サハラの目に塗ってしまっていた。

慌てて謝るスウ。

「はっ!!申し訳ございません。皇子様!考え事をしていて…」

「うん…」

スウは袖でサハラの目を擦る。

「スウ。スウがこれで食べて。スウ、アーン」

サハラはスウを心配して、自分のご飯をスウにあげようとした。

「スウ、アーンして!」

「ああ…ダメですよ。サハラ様。私が皇子様と一緒に食事をとるのはご法度なのです。食卓に出されるものも異なりますので」

サハラの行動に申し訳なさそうに教える。

「レンが俺にスウが寝てる時にこっそり食べろって言った…」

「こっそり…?ですか…?」

スウとサハラはお互い不思議そうにした。

「うん…これは全部食べてもお腹いっぱいにならない」

「成長期だからでしょうか?それでは量を少し増やすように…。……!うっ……」

(鼻血なんて何年ぶりだ……)

スウは鼻血を手で押さえながら、前のめりだったサハラに座るように促した。

「サハラ様。お座りになっていてください…」

するとサハラは声色が変わった。

「スウ。美味しそうな匂い。見せて。スウの血が出てるとこみたい」

驚いて目を見開くスウ。

すると次にはいつも通りのサハラに戻っていた。

「見せて!!拭いちゃダメ!!」

「はああ!?」

 

(あ……どうにか止まったけど…)

スウは洗面器に水をため、ハンカチで鼻を抑えた。

そして横目でサハラをチラッと見た。

「サハラさま。いい加減に起きてください。布団を整えなければ」

「うっうっうっ。ふえええん…」

「あの…私の床にヨダレをつけないでくださいね…?」

スウの布団で泣いているサハラ。

サハラは泣き顔のまま顔を上げて、スウに言う。

「グスッ…スウは……いつも俺にダメってばっかり言う……。これもダメ…あれもダメって…」

拗ねるサハラにスウは少し戸惑う。

「サ、サハラ様がおかしな事を仰るからでしょう!よそであんな事を仰ってはいけませんよ!」

するとサハラはレンの名を出した。

「レンが見せてって言ったら見せるくせに。俺もスウの鼻から血が出るの見たかったのに…うっうっ……ケチ…」

サハラはまた顔をバッと隠した。

「…どうしてここでレン様が出てくるんですか。ここ何日か影も見えない方なのに」

「いつも俺をのけ者にして、2人だけで遊んで…」

「あの時一度だけ!だったじゃないですか。はぁ……」

スウは拗ねるサハラに諦めて、見せる事にした。

「分かりましたよ!どうぞご覧ください!!何だってそんなに執着されるのか…。その代わりこの前私一人で外出した事許してくださいますね」

「ううん。それはやだ……」

「もうお忘れください」

目をつぶるスウの頬に、サハラの小さな両手が触れた。

その瞬間、サハラの小さな手は大きな手に変わった。

目をあけたスウの目の前には男性がいた。

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第20話】のみんなの感想

サハラ様大きくなりましたね。

一度夕焼け空の下で見た時の姿でしょうか。

あの時はスウさんは目の錯覚のように感じていましたが、今回は目の前にいますからね。

どんな反応をするのか楽しみです。

拗ねるサハラ様はとても可愛らしいですね。

子供心の”何で?”と同じ感覚で、血が出ているのを見たいと言ったのか。

もしくは”龍”としての何かで言ったのか…。

声色が変わった事を考えると”龍”としての何かなのでしょう。

レン様たちが話していた占い師ですが、一体何歳なのでしょう。

ソホンが滅んで五百年以上経っていると言っていましたが…。

まとめ

以上、「砂漠に降りそそぐ龍の雨」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2019年6月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です