砂漠に降りそそぐ龍の雨【第19話】のネタバレ・感想!

「砂漠に降りそそぐ龍の雨」第19話を読みましたのでネタバレを紹介します。

SUMMER先生の作品です。

スウとレンの元に来た者が「サハラ様が目を覚ました」と伝えに来た。

2人は急いで帰った。

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第19話】のあらすじ

「うっ。ううっ。グスッ…ふえ」

スウとレンがサハラの元に戻ると、サハラはベットで泣いていた。

「グスッズッ。うっうっ…」

部屋の散らかりを見て、スウは驚く。

「…一体、一体何が…」

「ア…いや…ユーリ」

「はい主君」

「説明しろ」

部屋の散らかりを見てレンも少しは驚いていた。

そしてユーリに説明を求めた。

「説明と仰いますと…」

ユーリはチラッと視線をスウに向け、ジィーッと見つめた。

「?」

「主君の命を遂行できぬ、この不肖の身…どうか辞職をお許しください」

「主君、こいつ祝祭日を家で過ごしたくて、テキトーな事を言っているんです」

「この状況を説明しろと言っている」

関係のない事ばかり話すユーリと女性にレンは怒り口調で再度聞く。

ユーリは今度は答える。

「主君の命に従いお休みのサハラ様を、護衛していた時にそれはお起こりました…。このくらいの大きさの…スズメバチが突然宮内に侵入したのです」

手で大きさを伝えるユーリだが、声は棒読みだった。

「サハラ様は驚いてお目覚めになり…またとても手強く素早い相手でしたため…死力を尽くす他なく…周囲を気にする余裕がありませんでした事をお察しください…」

「まったく…面白い事もあるものですね?」

レンは笑ってスウに言う。

スウはそんなレンに驚く。

「まさか。あんな説得力もやる気もない説明を信じるんですか!?」

「あら。スウが信じようと信じまいと真実は真実ですもの。

それとスウには真実がどうかより、もっと重要な事があるのでは?」

レンへの問いかけに彼ではなく、女性がスウに向って答える。

「くうっ!ゲホゲホッ!!」

サハラはベットをバンバンと叩きながら、さらに激しく鳴咽。

スポンサードリンク

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第19話】のネタバレ

「言われなくても、今行こうとしていたところです」

「はい。どうぞよろしくお願いします」

スウはサハラのいるベットに腰かけ、彼の肩に手を置きながら声を掛ける。

「サハラ様…スウが参りましたよ。大丈夫ですか?」

「ふえええん…」

「お許しもなく、お側を離れて驚かれたでしょう。申し訳ありません」

(こんなに力強かったか?)

サハラはスウの声掛けに顔も上げずに、ベットをギュッと掴んで泣いている。

「ううっ。ふうっ。うええっ…」

泣いたままのサハラにもう一度、スウは声をかける。

「こちらを向いてい下さい。サハラ様。サハラ様~私が持ってきたもの見たくないですか~?うわ~これ何かな~?」

スウは楽しそうな声を出して、サハラの気を引こうとする。

その様子をレン達3人は離れてみている。

「サハラ様に差し上げようと、お持ちしたのにいらないのですか~?それでは仕方ありませんね~。あっちに持って行ってしまわないと~」

それを聞いたサハラはビクッと体が反応していた。

「グスッ…なに…?」

サハラは涙と鼻水を垂らした顔を上げた。

「じゃじゃーん!サハラ様こんなお花を、ご覧になるのは初めてでしょう~?」

スウはサハラに花を2輪見せた。

それを見ていたレンは小声で話す。

「…あんなものいつ取ってきたんだ?」

「…殿下が先に行かれてから」

 

「絶対ダメです!!幼い子供を装備?もなしになだめるなんて!何でもいいから持って行かないと」」

女性はその時のスウの様子を伝える。

「しかしあれはどこにでも咲いている山茱萸…」

「きゃああ~!!きゃはははっ!!くすぐったい~!!」

「ほらほら~!」

「あはははっやめて~!!」

さっきまでとは違って楽しそうに笑っているサハラ。

(……)

花の使い方にレン達は黙った。

「コショコショコショコショ~」

「きゃははははっ!!いや~!!」

機嫌の直ったサハラを見て、レンはスウに声を掛ける。

「スウ。落ち着いたようですので、私はこれで戻ります」

「あ、はい。今日は私の外出のために、お気遣い頂きましてありがとうございました」

「壊れたものの片付けには人をよこしますので。それではお休みなさい」

「あ、あの……公子様!お待ちください!」

その場から離れるレンをスウは呼び止めた。

持っていた花はサハラに渡して。

レンは立ち止まって振り返った。

「…その。これ…やっぱりお返しします。今は私より公子様に必要なものですから…渡そうとしていた者は、傷が浅くてすでに治ったというので…。高級な品のようですし。とにかく私には身に余る品だと思います。蓋の細工を見ても…」

スウはダンに会う前に渡された薬を返そうとした。

レンは赤くなっているスウの頬に触れながら話す。

「これから祝祭の間は、今までのように頻繁には寄る事ができないでしょう」

スウの手には薬が残っている。

(主君…成人の間での明確な上命下服。3人が気を許しているように見えるのは、長い間付き従ってきたためか。女性の方は初めて俺をここに連れてきた時から、宮官を二人も呼んでいたな。
ということはユーリという男性も貴族なんだろう。言葉遣いを見るに三人とも地方の出ではないようだけど…ジルドの家格は想像以上かも知れないな)

スウは階段を下りていった三人を見ながら考えた。

「サハラ様お休みですか?」

「スウ…スウから外の匂いがする…」

ベットに横になっているサハラがスウを見て言う。

「私ですか?ああ、山茱萸の木の下に長くいたせいでしょう」

「ううん…違う」

否定したサハラが次に発した声は、サハラではないような声だった。

「レンの匂い。スウ。レンを好きになると後悔する。レンはすごく悪いヤツなんだ。レンは悪い男!」

「好きになるだなんて、何を…」

「後で泣いて後悔しても遅いんだ」

サハラはパッとスウから顔をそむけた。

「そんな言葉をどこで覚えて…」

突っ伏するサハラを見て、スウは聞くのをやめた。

(はぁ…それよりこれどうしよう)

部屋の散らかりを見てスウは思った。

パサッとサハラが握っていた花が枯れた事に気付かず…。

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第19話】のみんなの感想

ユーリさんのあの話は無理がありますね。

なんで本当の事いわないのでしょう?

”龍”が関係しているのでしょうか?

もしくはただスウさんに気を使ってなのか…。

ちょっと気になります。

力が強くなったと感じたスウさんですが、サハラ様の本当の力が出てきたのではないかと思います。

そして最後の花が枯れたのが意味ありそうです。

”龍”としての力が何かおきたのでしょうか。

さて、そろそろ祝祭の日が始まりそうです。

そこでサハラ様の”龍”としての何かが起きるのではないでしょうか!?

次はどんなことがおこるのか気になりますね!!

まとめ

以上、「砂漠に降りそそぐ龍の雨」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2019年6月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です