砂漠に降りそそぐ龍の雨【第14話】のネタバレ・感想!

「砂漠に降りそそぐ龍の雨」第14話を読みましたのでネタバレを紹介します。

SUMMER先生の作品です。

レンに「必要な物はないか?」と聞かれたスウ。

彼は「一時間でいいから外出許可がほしい」と頼んだ。

レンはそれを受け入れた。

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第14話】のあらすじ

「はぁ…」

スウは手で汗をぬぐう。

(ついに…ついに…!!寝た…!!)

「あああ~」

布団で寝息を立てているサハラを見て涙をだーっと流す。

 

さかのぼること、二時間前

「やだあああっ!!やだやだやだやだやだやだやだやだ!!」

「ははは…ちょっと出てくるだけですから…」

「俺も行く!」

「私がいない間は他の方が来てくださいますよ」

「や!!」

スウがレンに頼んだ外出の日。

彼が出ていこうとするのを、サハラはスウにビタッとくっついて駄々をこねる。

あまりに引かないサハラにスウは諦めた。

「分かりました。行きませんよ。はいはい…」

「ふううっ…」

そうスウが言っても放さないサハラ。

「行きませんってば~。冗談言っただけですよ」

「…冗談?冗談だったの?」

「はい。全部冗談ですよ~」

それを聞いたサハラはニカッと嬉しそうに笑顔を向けた。

「…えへへへ」

「寝る前に本読む人ー!」

「はーい!!」

元気よく返事をするサハラ。

 

(ここまで離れるのを嫌がってるのに、少しかわいそうではあるけれど、この機会を逃すと、祝祭の期間中ここに閉じこもることになりそうだからな…仕方ない)

隣で眠るサハラを見た後、スウはそーっと扉を開けた。

そこにはレンが待っていた。

「ふう…やっと出てこれた」

「約束の時刻よりかなり遅れましたね?」

「レン様!申し訳ありません。サハラ様がずっと放してくれなくて…」

「言い訳はいりません。とにかく一時辰内に、かならず戻らなくてはなりません。時間がないので急ぎますよ」

(うっ。またこれか…)

冷たく言い放ったレンはスウに目隠しをした。

「ご希望通り、宮廷の北門近くへ向います。はぐれないように、注意して付いて来てください」

「はい…」

 

スウはレンの背中の服を掴んで歩く。

(歩みに迷いがないな。神宮の地理に慣れているのか?)

「足元に気を付けてください。神宮のあちこちが、古い石畳なので躓きやすいのです」

「あっ……!」

そう言われた最中、スウはよろけた。

「ほら言ったそばから」

よろけたスウはレンに抱きしめられるように倒れた。

「これからは前もって声を掛けますね。……スウ?」

「公子様…」

スウはレンの肩をぎゅっと強くつかむ。

スポンサードリンク

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第14話】のネタバレ

「スウ分かってる?」

「はいはい。わかってますよ。香はほのかでも長時間おいても変わらないほど、良いってことでしょう」

「質が低いものは階級の低い妃様へお渡しして。それと自然の草や果物、花や水の匂いに近いほど、目が飛び出るほど高価なものなのよ!!」

前の仕事を思い出したスウは、レンの抱えられたまま彼の匂いをクンクンと嗅ぎ始めた。

戸惑うレン。

「スウ?気持ち悪いので、ちょっと離れてくれませんか?もうすぐ着きます。急ぎましょう」

(働きながらたくさんの香をかいだけど…こんなにほのかな草の香りは…。微かにほろ苦い香りも混ざっているような…何だろう…)

サハラのいた部屋から歩いてスウとレンは、北門近くの着いた。

「北門近くの庭園へ向かう道です。後宮までは…」

「あ、はい。ありがとうございます。道は分かっているので大丈夫です」

レンの案内を遮ってへんじをする。

「それでは…行ってきます」

スウはレンにそう言ってその場から離れようとした。

「あの…待っていただかなくてもいいですよ!」

いつまでもいるレンに声を掛け、再度その場から離れた。

―タタタ

―スタスタスタ

―タタタッ

―スタスタ…

「……」

スウが歩くと、後ろから足音が聞こえる。

足を止めると、その足音も止まる。

「あの…公子様?」

いつまでもついてくるレンにスウは振り返って声を掛けた。

「どうしました?急いだ方がいいのでは?」

「分かっててどうしてついてこられるんですか?まさか…同行なさるおつもりですか!?」

「そうですが、いけませんか?」

レンは即答で答えた。

「こんな事を話すのは心苦しいのですが、スウの外出許可を得るまでに、かなり手間がかかりました。
もちろん私はスウが外でむやみに、皇室の機密を漏らすようなものではないと申し上げましたが、宮廷の上位の方たちの多くは、奴隷を信用しないのです。あ、スウが奴隷だと言う事ではありませんよ。ただその方たちの目には、市民にしろ奴隷にしろ、同じものですので…。外出をさせるのなら、舌を抜いてから行かせるべきだと言われまして、その代わりに私が同行する事にしたのです」

レンは自分が同行する理由を説明した。

「同行したところで、特に問題はないでしょう?恋人に会いに行くのでもない限り」

スウを見て、レンはにこりと言った。

(うっ…このヤロウ…!!)

わざとらしいレンにスウは心の中で怒った。

「どうしました?行かないのですか?」

「いえ…行きます」

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第14話】のみんなの感想

レン様わざと自分も同行すること言わなかったんでしょう。

「恋人にでも会いに行くのでもない限り」のセリフが意味ありげです。

レン様がついてきたら、スウさんはダンさんに会えないのでは…。

マヤ女官にも会いに行くのかと思ったのですが…。

スウさんどうするのでしょうか?

サハラ様大分、子供らしさが増しましたね!!

母親と離れたくない子供のようで、とても可愛らしいです。

次回、外出をしたスウさんとレン様の行動を描かれているト思うので、どうなるのか気になります。

まとめ

以上、「砂漠に降りそそぐ龍の雨」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2019年6月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です