砂漠に降りそそぐ龍の雨【第13話】のネタバレ・感想!

「砂漠に降りそそぐ龍の雨」第13話を読みましたのでネタバレを紹介します。

SUMMER先生の作品です。

スウはなかなか寝付かなくなったサハラのために、レンに蔵書を頼んだ。

それの中から、サハラが1冊取った本を、スウはレンに読ませようとしていた。

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第13話】のあらすじ

「少女は泣き叫びました。どうか私の足を切り落として、この踊りを止めてください!!死刑執行人は斧を持ち上げ、狂ったように踊る血まみれの足を、赤い靴と共に切り落としました。すると切り落とされた足は、踊りながら森の奥深くへと消えていき、死刑執行人は少女に義足と木の枝を作ってやりました。その後、少女は神殿で自らの罪を孅悔しながら、神に仕えて幸せな生涯を送りました。おしまい」

レンは本を閉じた。

「なかな教訓のある終わり方ですね」

シーンとしているスウとサハラ。

サハラはスウに問いかけた。

「…スウ。赤い靴を履いたら足を切られるの?」

「いいえ。それより私は、切られた足がどこに行ったのか気になります。海を越えられるはずはないし。少女が年を取ると、足も一緒に老いていくのでしょうか?」

スウはサハラの質問にあっさり答え、自分の疑問を話した。

それにレンは違う考えをした。

「とにかくひとりでに動き回る足を捕まえたら、曲芸団や闇市場に売れば、、かなり高価になりそうですね。賃金を払う必要もないし、いいじゃないですか」

「ただ働き…」

レンの考えにスウは一言だけつぶやいた。

「…どうして、このような話の主人公は、いつも孤児なのでしょうか?姫や王子が出てくる物語は、彼らが罪を犯しても最後にはほとんど、試練を乗り越える機会を得たり、許されて幸せになるじゃないですか。足も切られませんし。結婚をして、子供を産んで…死ぬとしても、毒を飲んだり自決したり、優雅な死に方ではないですか」

スウは物語の主人公の話を、少し寂しそうに話す。

レンはそれにラハンで例えて答える。

「そうですね。足を切り落としても、あれこれ言う人が誰もいないからでは?宮廷で奴隷の一人や二人、死んだところで誰も気に留めないように、こんな話は結局下層民を統制しやすくするために、作られたものが多いですから。ラハンでも似たような物語はおおくありますよ」

「…そうなんですね」

スポンサードリンク

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第13話】のネタバレ

「それより間もなく祝祭ですが、必要な物はありませんか?宮廷内で手に入るものなら、次回もってきて…」

「ありません」

スウはレンの問いかけに、途中で遮って答える。

目を見開くレン。

「この前のように体調が悪い事はありませんか?」

「はい。大丈夫です」

スウはレンの言葉にかぶさるように答えた。

「他には何か話ておきたい事などは?」

「…そこまで親切にしていただく必要はありません。私のようなものは、ここで死んでも誰も気付かないくらい、取るに足らないものですから」

スウは無表情でレンに話す。

「スウは…他国出身であるためか、他の宮人たちとは全く違いますね。言うなればラハンは赤い靴よりも”口先の言葉”に厳しい国ですので、私が話す事がスウへ教訓になればと思います」

「スウ!!スウも足を切るの?」

レンの言葉になんとも言えない表情をするスウは、サハラの問いかけにハッとして答える。

「い…いいえ?」

「スウは足を切りたい?」

「まさか!」

「これ…おもしろくなかった?」

サハラは寂しそうにスウに聞く。

「ははは。そんな事はありませんよ!皇子様が直接選ばれた物語ですし。でも皇子様のように何でもお出来になる高貴な身分の方が、主人公の物語も面白そうですよね」

「本当??」

「皇室の血が流れているからと言って、何でも出来るというわけではありません。実際に皇帝陛下におかれては、半年も病に臥せって起きられないではないですか?」

レン立ちあがりスウの言葉に異を唱えるかのように話す。

「それでは私はこれで戻ります」

「スウ!別のも!スウが読んで!」

「……」

「ね!?」

スウは立ち去ったレンを見つめて、サハラに返事をしなかった。

 

(日が暮れそうだな。思ったより長く居たのか…)

レンは夕焼けを見て思った。

「レン公子様!」

階段を下りているレンをスウが呼び止めた。

「ここまで出て来てはいけないと言ったはずですが」

「どうせ階段途中の門は、開けられないじゃないですか。…いえ、その話ではなくて、さっきは本当に失礼な事を申し上げました。身分を弁えておりませんでした。どうかお許しを」

スウは申し訳なさそうにレンに謝る。

「最近の生活が奴隷の時とあまりに変わったせいで、思わず…。い…言い訳かも知れませんが、本来は絶対にこのような事はしない私が…皇子殿下…そして公子様の寛大なお心にすっかり甘えてしまい、自分の身分の事を考えていませんでした」

「…それで本当に必要な物はないのですか?」

再度確認をするレン。

スウは申し訳ないさそうに、袖も上げて頼んだ。

「…一日だけ。一日だけ外出許可を頂けないでしょうか。ここに来る前にやり残した仕事の事が気になっているんです。三.四時間…いえ一時間だけでも構いません」

「一時間くらいなら…外出を希望する日時を決めて、知らせて下さい」

スウの申し出に驚いた表情をしたレン。

しかし再度、階段を下りながらスウに許可をした。

「あ…はい。ありがとうございます!考えておきます!」

嬉しそうに答えるスウ。

(…なんだか気分を害したように見えたけど。理解できない人だな…)

レンの後ろ姿を見つめながらスウは思った。

「スウ~!!」

「はいはい~。今行きます!」

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第13話】のみんなの感想

レン様ご本を読んだんですね!!

断るかと思いました。

レン様もスウさんも発想がすごいですね。

レン様もラハンの奴隷で例え、スウさんもそれに対して、一本線を引くような感じでしたね。

スウさんが急に心を閉ざしたように感じて、レン様も気分を害したように立ち上がったのかと思いました。

サハラ様は本当にただの子供のようですね。

可愛らしいです。

スウさんの外出許可が出たら、彼は真っ先にダンさんの所に行きそうですね!

でもマヤ女官のところにもいかないとですし…。

その辺が気になります。

まとめ

以上、「砂漠に降りそそぐ龍の雨」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2019年6月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です