砂漠に降りそそぐ龍の雨【第11話】のネタバレ・感想!

「砂漠に降りそそぐ龍の雨」第11話を読みましたのでネタバレを紹介します。

SUMMER先生の作品です。

サハラに首を嚙まれ、気を取られていたスウは夢をみていた。

珠江に来る前にダンとの夢を。
スウが寝ている横で、サハラがレンに向って「雨は降らない。たった一滴の雨も、ラハンに降る事は許さない」と。

一方で、スウに仕事を依頼していたマヤ女官が妃に「スウは裏切ったのではないかと」報告をしていた。

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第11話】のあらすじ

「…スウ」

「ううん…」

「スウ…!スウ!!」

名前を呼ばれて目を覚ますスウ。

「……え?」

目を覚ましたスウが見たのは、慌てた顔をしているレンだった。

「目覚めましたか?」

「あ…レン様…なぜここに…」

「気分はどうですか?」

「あ…はい。おかげ様でどうにか…」

「ずっと悪夢にうなされている様子だったので起こしました」

レンの言葉に目を擦りながら答える。

「悪夢…?そんなことは…ところで…。あああ!まさか私寝てたんですか!?」

スウは自分が寝ていたことに気付き慌てておき上がる。

「覚えていませんか?皿を奪おうとしたサハラ様に突き飛ばされて、倒れた際に卓に頭をぶつけて、そのまま気絶をしてしまったんです」

「そうだったんですか!?」

「ええ。派手に倒れた割に、特に異常はないようで幸いです。ところで”ダン”とは誰ですか?ずっと寝言で呟いていましたが」

「わ…私がですか?まさか!」

スウは赤くした顔を袖で隠しながら少し後ずさりした。

「ええ、とても恋しい相手のようでしたよ。恋人ですか?」

「ははは。私のような立場の者に恋人なんて…。ダンは私の故郷の餅屋の名前です。最近ずっと食べたいと思っていたせいか…お恥ずかしい限りです。この季節に決まって食べていた餅があって…あれ?」

スウは自分の腕に包帯が巻かれていることに気がついた。

「腕も…怪我したんでしょうか?包帯が…」

「ああ、そういえば聞こうと思っていたんです。右腕に中毒症状が見られましたが、もしかしてここ最近で毒に触れたり口にしましたか?」

レンの質問に一瞬考えるスウ。

「いいえ。あ…でも最近、妃様へ祝祭の贈物として送られた酒を運んだ事がありました」

「…それが原因かも知れませんね。とりあえず、応急処置はしておきました。ですが包帯は当分取らないようにしてください」

「あっ公子様が直接巻いてくださったんですか?」

「はい。しかし正確な原因…」

「もしかしてお医者様なのですか?」

レンの話を聞かずに、スウは遮って聞く。

「はは。少し知識があるだけです」

「ああ…」

それを聞いたスウは少し残念そうな声を出す。

「医者に用事でも?」

「あ…いえ。知り合いが怪我をしたんですが…大きな怪我ではなくて、宮廷内のお医者様にはなかなか見てもらえなくて」

「祝祭を前に宮医達も忙しいですしね」

「はい…分かってはいるのですが…」

レンは困っているスウに声をかけた。

「私が診ましょうか?軽い怪我程度なら力になれると思いますよ」

「あはは。公子様のお手を煩わせるような事ではないですよ。前に世話になった事がある知り合いなので、少し気になっているだけですし」

「それなら良かったです」

(警戒心が強いな)

笑って断るスウにレンは彼にまだ警戒されていると思った。

「…あ、ところで皇子様はどちらに…?」

スウはサハラがどこにいるのか聞いた。

「サハラ様は他の場所でお食事をとっておられます」

スポンサードリンク

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第11話】のネタバレ

「これが最後よ。これで宮廷内の罪人はおしまい」

「あの侍従くらいの年頃の若い男はいないのか?」

スウを案内していた女性と男性が話している。

「これが男の中では一番若いヤツよ。そんなに言うならあんたの部下に探させなさいよ」

女性は足元にいる髪と髭が伸びている男を蹴りながら話す。

「仕方ないな。アリサードも分かってくれるだろう」

「あんた、アリサードが理解なんてしてくれると思うの?はあ…あの龍はごちそうを用意したって言うのに目もくれないし」

サハラは高い椅子に座ってあくびをしている。

その足元には人が集まっている。

「これが限界だと正直に謝ればアリサードも許してくれるさ」

「笑わせないでよ。まずあれが本当に龍なのかも怪しいわ。第二期先の謀略じゃないかしら…」

「それは不可能だ。妃は神宮に出入りできない」

「そんなの分からないわよ」

女性と男性は一通り話終えるとサハラに問いかけた。

「さあ~サハラ様?特にお好きな食べ物はございますか?まさかスウだけが口に合うなんて、仰るんじゃないですよね?」

「鳩は食べたそうじゃないか」

「アリサードによると、鳩は食べたんじゃなくて、噛み殺したっだけみたいよ。本当にスウだけしか食べないとしたら、最悪…あの子が死んだら終わりじゃない」

女性は怖い顔をして話す。

「アリサードが死なせないさ。生き返らせるのは、あいつの特技だからな。致命的な副作用はあるが」

2人の会話を黙って聞いていたサハラ。

「気を失う直前の事以外にも、特に思い出せない部分がありますか?」

「…思い出せない部分ですか?うーん……。そうですね…。常に一日の日課が同じなので特には…」

スウの答えにレンは笑った。

「はい。それなら良かったです」

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第11話】のみんなの感想

アリサードって誰?

一瞬思いましたが、レン様の事ですね。

いきなり違う名前が出てくると分からなくなりますね。

レン様もスウさんもお互いに嘘をつきましたね。

レン様が嘘ついたのはサハラ様の事がバレないようにですが、スウさんが”ダン”が餅屋の店の名前と言ったのは何故でしょう?

そして怪我した知り合いです。

あれは誰の事なのでしょう?

ダンさんの事ではないかと、思ったのですが…違いますかね?

レン様に診てもらわないのは、やっぱり警戒しているのでしょう。

男性が言っていた「生き返らせる」とはどういうことでしょう?

レン様にそんな力があるってことですよね。

それを聞いていたサハラ様の様子が少し気になりました。

今回は話自体は進みませんでしたが、いろいろな疑問が出てきました!

次回はどんな話になるのでしょう!

まとめ

以上、「砂漠に降りそそぐ龍の雨」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2019年6月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です