凛子さんはシてみたい【第41話】「簡単に隙見せないでっ」ネタバレ・感想!

漫画「凛子さんはシてみたい」は藤田みお先生の作品です。

「童貞だからってビビってると思ってんの?俺も男だよ」ライバルの同僚男子と初体験!?

誰もが認める”いい女”・凛子の密かなコンプレックス――それは27歳にして、未だ処女だということ。

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

>>>凛子さんはシてみたいのネタバレ一覧!

▼U-NEXTなどで配信開始!無料期間とポイントで読める!▼
▶︎U-NEXTで今すぐ「凛子さんはシてみたい」を無料で読める!

凛子さんはシてみたい【第41話】「簡単に隙見せないでっ」あらすじ

上坂と凛子の二人は、上坂が大阪に行く引っ越しの荷造りをしています。

東京最後の休日なのに荷造りを手伝わせてごめんと謝る上坂に、凛子はあまり役に立たなかったかもだけどと謙遜気味です。

俺、雑だから助かったと上坂が言いながら見せる段ボールの中は、ぐちゃぐちゃに物が詰め込まれていました。

すっきりと片付いた部屋を見て、ここには思い出が沢山あるからなくなってしまうのは寂しいと思い寂しい表情をする凛子に、上坂は声を掛けますが「お腹すいたなーと思って」とはぐらかします。

しんみりしてはダメだと、まだ少し強気な態度から抜け出せずにいました。

上坂は少しそれに気づいているようですが、何か食べに行こうかと誘います。

上坂「一応あいつにも挨拶しとくかな」

と言いながら、二人はお店へ向かうのでした。

スポンサードリンク

凛子さんはシてみたい【第41話】「簡単に隙見せないでっ」ネタバレ

向かったお店は上坂の同級生、久地がいるお店です。

久地「弦ちゃーーーんっっ!」

と言いながら後ろから抱きつき、俺を置いて大阪に行くなんてと泣いています。

そして軽食を出してもらって、二人がくっついたことへおめでとうと言ってくれました。

久地「俺は最初のあの時から、くっつくんじゃないkと思っていたけどね」

上坂「嘘つけ」

久地「本当だってば!」

「だって二人、似た者同士でお似合いだったし」

そしていつものように、上坂を茶化します。

その二人の様子をみて、同級生とじゃれる上坂は可愛いと凛子は微笑んでいます。

色々とあったお店でしたが、上坂の貴重な姿を見れるお店だったいい場所だなーと思っていたとき、久地が何かを思い出したようです。

久地「そいうえば20時から・・・」

その時お店のドアが開き、入って来たのは同級生の志保でした。

志保は一人だから一緒に飲もうと笑顔で二人を誘います。

凛子はこっちの同級生との辛みはいらない!と思いながらも、志保と一緒に飲むことにしました。

凛子「志保さん一人で呑みに来たりするんですねー・・・」

明らかに怪しんでいる表情ですが、久地が披露宴の二次会でこのお店を使ってくれるからその打ち合わせだと言いました。

間が悪いな、とおもっていると次にお客で入って来たのは緋山です。

緋山「すごいメンバーが集まってる」

登場に驚く凛子と上坂ですが、俺も混ぜてほしいという緋山を断れずに4人で同じ席になりました。

凛子(なんで今日みたいな日にこんな曰く付きメンバーが集まるのっ!こんな状況、飲まなきゃやってられない!!)

そう思いながらお酒をぐびぐびと流し込む凛子を見て、上坂は気持ちはわかるけどと心配そうです。

グラスのお酒が空になったとき、志保と上坂の距離が近すぎじゃないかと凛子は二人に詰め寄ります。

その少し酔った凛子を見て、ほかの3人は始めてみたと驚きました。

志保はこの状況を楽しんでおり、面白いからからかおうと考えたのです。

 

志保「そうかなー?このくらい普通だよ?」

そういいながら上坂を軽く抱きしめます。

その姿を見て凛子はショックを受け、私の上坂君に触らないでっとびしっと伝えました。

上坂には簡単に隙を見せないでとまた強気の発言です。

上坂はその言葉で、凛子のことがかなり可愛く感じました。飲み過ぎで酔ってしまった凛子は、久地に奥のソファを借りていいか確認しました。

了承を得て休もうとしていると、一緒に行こうかという上坂を制止して吐いたりしたら最悪だと必死です。

凛子が席からいなくなった後、緋山はやっぱり雨樹さんは面白いし可愛いなと言い、変な虫がつかないように見張っててあげると上坂に伝えます。

上坂からすれば一番変な虫になりそうでならないと冗談で言いますが、一人で大変そうなときは助けてあげてくださいと頼る姿勢を見せました。

緋山「お!俺の事信用してくれてるんだ?」

上坂「してますよ、緋山さんはいつも堂々と向き合ってくれましたから」

「それに、誰が相手でももう絶対に離さないんで」

上坂のその言葉をほめたたえる、志保と久地と緋山。

その状況にいたたまれなくなり、様子を見てくると凛子の元へ向かいました。

その時凛子は、上坂の前であんな醜態を晒してしまったと自己嫌悪に陥っています。

そこに上坂が現れ、驚きと気まずさが表情に出ている凛子でした。

>>>凛子さんはシてみたいのネタバレ一覧!

▼U-NEXTなどで配信開始!無料期間とポイントで読める!▼
▶︎U-NEXTで今すぐ「凛子さんはシてみたい」を無料で読める!

凛子さんはシてみたい【第41話】「簡単に隙見せないでっ」感想

上坂の東京最終日、なんだか賑やかですね。

いままでいろいろと会った人たちともうまくやっていけている様で、

なんだか読者としてもうれしくなりました!

凛子は自己嫌悪に陥っていますが、言いたいことを上坂の前で言えるようになっており(お酒の力でもあるかもしれませんが・・・)仲も深くなってきているんですね!

これをどうやってカバーしてくれるのか、上坂の優しさを次で感じたいです!

まとめ

以上、「凛子さんはシてみたい」をネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2018年11月時点では未配信でした。

同じレーベルの作品は配信されているので、もしかすると近いうちに配信されるかもしれません!

【2018年11月23日 追記】

上記サービスで配信が開始しましたので無料で読めます!

おすすめは登録後にすぐポイントがもらえうU-NEXTですので、是非お試しください!

▼U-NEXTなどで配信開始!無料期間とポイントで読める!▼
▶︎U-NEXTで今すぐ「凛子さんはシてみたい」を無料で読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です