冷血公爵の心変わり【第13話】のネタバレ・感想!

漫画「冷血公爵の心変わり」はEddie先生の作品です。

ロアン公爵からの自分への呼び方に対しての怒りが頂点に達したエルインが、ついに反論するのですが・・・!?

 

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

冷血公爵の心変わり【第13話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

冷血公爵の心変わり【第13話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

冷血公爵の心変わり【第13話】のあらすじ

いつも妻である自分を「貴様」呼ばわりしてくるロアン公爵への怒りが頂点に達したエルインが、堂々と抗議します!

エルイン「公爵様も約束してください!私にだって名前があるんですからね!!」

ロアン公爵「なんだと!?」

エルイン「セイは・・・いつもちゃんとエルインって呼んでくれるんです!もうやだ!このまま逃げてやる!!」

そんな言い分に対して、ロアン公爵の方も怒りが頂点に達した状態で温室の中へと入ってくるのですが・・・

ロアン公爵「本当に・・・僕をおいて逃げてしまうのかい?」

近づいて接近してきた時には優しいセイモードに変わっており、優しく抱きしめてきます。

エルインもまた、その優しさに応えるかのようにロアン公爵の中で抱きしめられますが、掃除していることに対しては公爵モードの時と変わらずに注意されるのです。

ロアン公爵「愛する妻に苦労させることこそが、僕の品格を落とすのさ」

優しい笑顔で言ってくれる彼に対して、感激したエルインは、ロアン公爵にも手伝ってもらう形で共同作業を進めるのでした。

 

掃除が終わった後には、いつものように書庫で魔法の本を物色するのですが、その時に先代の公爵様が掲載されている本を発見します。

ロアン公爵も両親を早くに亡くして、長いこと戦場生活をしてきたために、今の冷酷な性格になってしまうことは無理もないことだと納得すると同時に、セイモードの時の優しさはやはり魔法の力であることを思い知ります。

そんなふうに考えながら、高い棚に入っている本を取ろうとした時に踏み外して転げ落ちそうになったところをロアン公爵が抱き止めて助けてくれたのですが・・・!?

スポンサードリンク

冷血公爵の心変わり【第13話】のネタバレ

書庫で梯子から踏み外して落ちそうになったところを助けてくれたロアン公爵でしたが・・・

ロアン公爵「どけ!」

ぶっきらぼうに言いながら、助けたはずのエルインを床に落としてしまいます!

今の彼は魔法の力が解けた怖い公爵モードに戻っていると同時に、この書庫で何をしていたのかと問い詰めてきます。

エルインの方もまた、探している本があると答えると同時にまたしても高い位置にある本を取ろうと梯子に登りますが・・・

ロアン公爵「気をつけて、君が怪我でもしたら僕の心臓が止まってしまう・・・」

またしてもセイモードに変わった彼は優しく支えてくれますが、ここ最近は変わる回数が頻回になっていながらも、エルイン自身も彼の人格交代に対して、さすがに慣れ始めていたのでした。

エルイン「なんで私のことを好きになったの?」

ロアン公爵「理由なんて、ないよ」

そう流すと同時に、ありのままのエルインを好きなのだと答えます。

そんな彼に対して「猛獣に近い」と指摘された彼がいきなりエルインを抱えて、お姫様抱っこしながら寝室へ向かって歩き出します。

ロアン公爵「お望みなら、今夜は猛獣になっちゃおうかな。今夜は鳥籠から出してあげないよ」

エルイン「いやーん、このゲタモノ〜♫」

エルインの方もすっかり、その気になってしまい、本探しは忘却の彼方となってしまうのでした・・・。

 

冷血公爵の心変わり【第13話】のみんなの感想

ここ最近はロアン公爵のモード変わりが、以前よりも頻回になっているように感じるのはエルインだけでなく、読者もまた同じ気持ちではないでしょうか?

そんな極端性に振り回されているエルインが少しかわいそうな感じですよね・・・。

まとめ

「冷血公爵の心変わり【第13話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です