来世は君のもの【第1話】のネタバレ・感想!

「来世は君のもの」第1話を読みましたのでネタバレを紹介します。

神江もず先生の作品です。

幼い頃から同じ夢を見てきた少女・さや。そんなさやには同い年の義弟・弘がいる。

ある日、弘が交通事故にあった。

手術を待っているとき、男がさやの前に現れる。

そこであの夢の意味を理解する。

▼31日間無料&600P今すぐ読める▼
U-NEXTで「来世は君のもの」を無料で読む

「来世は君のもの」のあらすじ・ネタバレ

以下、ネタバレをご紹介しますので、ご注意ください。

来世は君のもの【第1話】のあらすじ

「助けて。助けて下さい。何でもするから…」

伸ばした手を不敵に笑って、手を握るもの。

 

(またあの夢。幼い頃からよく見る夢。恐ろしい夢なのに、何故かとてもほっとするのだ)

起きて制服に着替えながら、彼女・さやは思っていた。

「おはよう」

「あ、おはよう。さや」

リビングに行くと義弟・弘が笑顔で挨拶を返した。

挨拶を返しながら、さやは横を通り過ぎる。

「もう、やっと起きたの。いつまで寝てるのよ。弘はとっくに起きてるのに」

(弘はバレエの朝練だし)

さやは母親の小言を無視して、朝食を食べ始める。

そんなさやに母親は続ける。

「早く学校行って勉強でもしたらいいじゃない。ねぇ。成績も良くないんだし。返事くらい出来ないの?ねぇ!」

「おい。朝から気分が悪い」

「だってさやが無視するから」

父親の言葉に反論する母親。

「よし!俺そろそろ行くね!」

「いってらっしゃい。練習頑張ってね」

母親は弘に向かって、さやの時とは違った態度で送り出す。

さやの母親はシングルマザーで、8年前に弘の父親と再婚した。

弘はさやと同い年だけど、誕生日が2か月違いで弟になったのだ。

弘は性格良し、顔良し、頭もいい。そして才能もある。

そんな弘は母親の自慢の息子となり、母親は彼を溺愛した。

(本当は弟なんか欲しくなかった)

子供心にさやは思っていた。

スポンサードリンク

来世は君のもの【第1話】のネタバレ

(あ、少し上がってる…)

テストの順位票を見ながらさやは思った。

「さやー」

その時、弘がさやに近づいてきた。

「あのさ…今朝はごめん。俺もうすぐバレエのコンクールがあってさ。留学とか関係してて…今母さんピリピリしてるんだ」

「別に気にしてないよ。いつもだし」

(いっそ弘が嫌な奴なら良かった)

「私には関係ないし」

謝る弘にさやは冷たく言葉を返した。

はっとしてその場から離れて行こうとした。

しかし彼が落ち込んでいるように感じ、一言だけ残して立ち去った。

「頑張って」

 

「ただいま」

「おかえり。見て欲しいものがあって」

帰ってきた母親に駆け寄り、さやはテストの結果を見せた。

「良かったじゃない。でも弘より低いのね」

「うん…」

「もう!そうやって落ち込まないでよ。事実を言ったまででしょ?面倒くさい子ね」

母親の言葉に落ち込むさや。

自分の部屋にいると、弘を褒める母親の声が聞こえてきた。

さやは布団に入ってそのまま目を閉じた。

その目から涙が一筋流れた。

 

「さや!!」

部屋で学校に行く準備をしていたさやの元に、母親が大きな声を出して呼んだ。

何事かと部屋の外に出ると、母親が血相を変えて近づいてきた。

「弘が…練習に向う途中、事故に遭って…!!」

「事故!?」

「今から病院に行くから、あなたも来て」

 

「命に別状はありませんが…状態が良くありません。手術は今すぐにでもした方が良いでしょう」

「嘘よ。そんな…」

医師の言葉に口元に手をやり、泣きながら話を聞く母親。

「足は…弘の足は手術すれば元に戻るんでしょうか」

「…怪我をする前と同じ様にはいなかいでしょう…」

その言葉にさやも驚いた。

 

弘の病室の扉を開けると、人影が見えたさやは目を見開く。

「あ、来てくれたんだ…」

「…あ。うん…。…大変だったね」

目をこすっていると、弘が彼女に気がついて声をかける。

さやが見た時、人影はなくなっていた。

「うん。…それに、これじゃコンクールは出られないね」

「…すぐ手術なんだってね。…頑張って…」

「怪我には気をつけてたんだけど、信号無視の車じゃ…気を付けようがないや」

目を閉じながら弘は言った。

 

さやが病室の外で飲み物を買っていると、母親の声が聞こえてきた。

声の方に近づくと、泣きながら誰かと電話で話していた。

「なんであの子が…。あなただって…私はいつも頑張って…。朝早くから遅くまで練習して、誰よりも努力して、うっ…大事なコンクールの前なのに…。弘が怪我するくらいなら、いっそ…いっそ、さやが交通事故に遭ってくれたら…」

母親のその言葉に、さやはその場から逃げ出した。

 

(そろそろ手術始まったかな)

長椅子のある所で待っているさや。

ふと顔を上げると、病室の前に人影が見えた。

「あの何か用ですか」

その人に声をかけると、彼はさやの顔を見るなりドンっと近づいてきた。

「見つめた。同じ目だ」

「あ、あなた、なんですか!?」

さやは驚きながら、男に問いかける。

「何。お前たちの言葉で言えば、祟り神。鬼、神、悪魔」

「私と…何の関係が」

「思い出せ」

おどおどするさやの顔に顔を近づけ、彼女と目を合わせた男はつぶやいた。

(あの夢)

さやは幼い頃から見ている夢を思い出した。

「そうだ。お前は俺と契約したのだ。過去世。その魂を持って。お前は俺のものだ」

顔を掴まれ、必死に抵抗するさや。

「過去世って…今の私には関係ないでしょ!」

「ははは。約束を違えるのか。さすが悪魔と契約をする魂だ」

さやの言葉に男は笑う。

「そ…そういう訳じゃ…」

「別にタダで貰おうとは思っていない。今世、その命尽きるまで、お前の願いを叶えてやろう。そうだな。例えば…お前の弟の足を一生治らない様にしよう」

「な…何を言って…」

「才能ある弟がいなくなれば、母親も弟とお前を比べなくなる。…いや全て元に戻すだけだ。幼いころの様に。ただお前の居場所を取り戻すだけだ。弟がこれからも不自由な体であれば、母親もいずれお前を頼りにするだろう。何を悩むことがある。おまえは誰よりも母を想ってきたんだ」

男は全てを見透かしたかのように、さやに言葉を発していく。

さやの目からは涙が流れていた。

「俺は全て知っているぞ。なぁお前の願いは全て叶えてやろう。ひとつ頷くだけだ」

男はさやの耳元で呟く。

―コクン

「クク、ハハハハハ」

さやは頷いてしまった。

その瞬間男は高笑いして、姿を消してた。

「待って…いや、やめて!!待って」

さやは大きな声を出してやめるよう頼んだ。

「ちょっと大きな声は出さないで…」

看護師の注意も耳に入らず、さやは泣きながら走った。

(弘がもっと嫌な子だったら良かった。嫌な子なら)

子供の頃を思い出すさや。

手術室の前まで来たさやは再度大きな声を出す。

「だめ。弘の足を治して。お願い。お願いだから。何でもするから」

泣きながら頼むさやの元に男は現れた。

「良いだろう。叶えよう。お前は俺のものだ」

(”契約は違えられる事はない”私はソレに囚われてしまった)

▼31日間無料&600P今すぐ読める▼
U-NEXTで「来世は君のもの」を無料で読む

来世は君のもの【第1話】の感想

さやさんの過去の魂があの男と、契約を結んでいたってことですよね。

少し複雑で出だしは読みずらいですね。

弘さんに嫌な所ないってどんだけ良い子なんですかね。

母親の事もさやさんにフォローしてましたし…。

あんな弟いたら嫌になるかもしれませんが、子供の頃の記憶って残ってるものですね。

あの母親はないですね。

自分の実の子供の扱いと義理の子供の扱いで違いすぎます。

娘が事故に遭ってれば…ってどんな母親ですか!!

はっきり言ってムカつきます。

あの母親が事故に遭えば良かったんですよ!

男と契約をしてしまったさやさん。

今後どのように展開していくのか、続きが気になります!

まとめ

以上「来世は君のもの」のネタバレをご紹介しました。

U-NEXTFODmusic.jpといった電子書籍サービスで配信中です。

ぜひチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です