プラチナエンド【第47話】のネタバレ・感想!

漫画「プラチナエンド」は小畑健先生の作品です。

ついに最後の話し合いを行う当日を迎えました!

全世界に生中継される中、話し合いの場所に選ばれた新国立競技場に米田教授が現れ、それを確認した明日(ミライ)たちもまた辿り着いて、再びの対面を果たします!

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

>>「プラチナエンド」の単行本を無料で読む方法

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
今すぐU-NEXTで「プラチナエンド」を無料で読む

プラチナエンド【第47話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

プラチナエンド【第47話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

プラチナエンド【第47話】のあらすじ

ついに最後の話し合いを行う当日である10月10日を迎えました!

全世界に生中継される中、話し合いの場所に選ばれた新国立競技場に米田教授が現れ、それを確認した明日(ミライ)たちもまた辿り着いて、再びの対面を果たします!

彼らよりも少し遅れる形で手毬たちもまた、その場に到着します。

大袈裟なアナウンスが流れている中で、最初に口を開いたのは星でした。

星「米田・・・僕を覚えているか?」

高校時代に同級生であったことを告げると同時に今は刑事の職に就いていることも話しますが・・・

米田教授「5分08秒・・・君は私が高校の時、生徒368人中で会話した唯一の人間」

最初に出た分数は、その星と高校時代に話していた時間のことを言っていたのです。

高校時代でも、あまり長い時間は話していなかった二人ですが、今では「赤の矢を刺された者と刺した者」という正反対の境遇を巡っての睨み合いに変わります。

そんな二人の間に明日(ミライ)が割って入り、星が自分たちの身を案じて動いてくれたことを話し、米田教授に対して旧友として意見したいという想いをくんで赤の矢を刺しただけであることも説明します。

米田教授「何か勘違いをしているようだな」

それでも否定的に答えますが、彼は「人に優しく接していた」などは大間違いであることを告げてきます。

米田教授「接し方を間違えた・・・たった一人でも会話すべきではなかった」

星「では、なぜ今こんなに世界の人に関わろうとしている?」

怯まずに質問をなげ返された、米田教授からの答えとは・・・!?

スポンサードリンク

プラチナエンド【第47話】のネタバレ

また米田教授たちの前へと出陣します!

星からの問いかけに対して冷静に答える米田教授・・・

米田教授「やけになったのも事実だ」

ノーベル賞を取って以来、彼には様々な人間が近づいてきましたが、その結果として彼の精神は混乱をきたし、一度は死ぬことまで考えたのです。

それでも人間とは不思議なもので、彼は人と関わらないことを諦めたが故に、他人への恐れを克服できたと言います。

その意見に対して、実は「対人恐怖症」であることを聞かされて驚愕する星や手毬をよそに、説明はさらに続きます。

米田教授「他人を怖がるな、他人に支配されてはならぬ!ならば・・・その中で己が成すべきことを考えて成していく!それを実現して死を迎えられれば、幸福である」

それを聞いて内心で深く共感したのは、これまで共に行動してきた内海だったのです。

そして米田教授は、自分がいま成すべきこととして・・・

米田教授「決して神候補を偽りの神にしないことなのだ!」

それは即ち、自分の目の前にいる明日(ミライ)たち三人の神候補たちを自分の手で殺害しなければならないという意味なのです!

米田教授にとって、偽りの神を作らない確実な手段こそが、明日(ミライ)たち神候補全員の死と同時に、自分に寝返ってきた内海もまた自分を崇拝していることを確信しており、彼もまた、明日(ミライ)たちと相打ちしてくれるだろうと計算済みでした。

その相打ちに必要な秒数があまりにもシビア過ぎであり、0.15秒以内に白の矢が刺さらなければ、相打ちにはなりません。

しかし米田教授は、その秒数に関しても既に実験済みであり、それは内海に試した時にも白の矢であるからこそ実現可能なのです。

米田教授「最後の二人が0.15秒以内に、白の矢で相打ち・・・この条件を満たせば、偽りの神は生まれない」

明日(ミライ)と見つめ合っている中でも、この話し合いの中での作戦を頭の中で計算し続けていたのでした。

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
U-NEXTで「プラチナエンド」を無料で読む

プラチナエンド【第47話】のみんなの感想

ついに運命の日と言っても過言ではない、話し合いの当日を迎えてしまいましたね!

米田教授に対して、あくまでも人として接しようと思う明日(ミライ)や星の思いも虚しく、米田教授はやはり我が道と思想を貫き通す思いなんですね・・・。

まだ読んでない人は是非無料で読んでみてください!

まとめ

以上、「プラチナエンド【第47話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

下記のページで漫画を無料で読む方法を紹介しています。

プラチナエンドはU-NEXTmusic.jpFODで配信されていましたので、詳しくサービス内容を次の記事で紹介していますので、合わせてご覧になって見てください。

>>「プラチナエンド」の単行本を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です