プラチナエンド【第45話】のネタバレ・感想!

漫画「プラチナエンド」は小畑健先生の作品です。

オガロを脅して、明日(ミライ)を自殺から直接救ったナッセが「特別な天使」だと聞いた米田教授は行動を開始します!

一方、再びの話し合いを控えた明日(ミライ)と咲は二人きりの時間を設けて、遠くへと飛び立ちますが・・・!?

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

>>「プラチナエンド」の単行本を無料で読む方法

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
今すぐU-NEXTで「プラチナエンド」を無料で読む

プラチナエンド【第45話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

プラチナエンド【第45話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

プラチナエンド【第45話】のあらすじ

米田教授との話し合いを目前に控えた明日(ミライ)が咲を連れ出した先は、遠くの海岸・・・海の綺麗さに見とれる咲ですが、ここは明日(ミライ)が初めて翼をもらった日に来た場所でも、ありました。

海を見ながら隣同士座っている中、咲が口を開きます。

咲「大好きだよ!」

明日(ミライ)「ありがとう」

咲からの想いを素直に受け止める明日(ミライ)もまた想いを語り始めます。

明日(ミライ)「咲ちゃんも俺も死なないで良かった」

咲「うん」

そして二人はお互いの手を取り合います・・・。

 

同じ頃、自分のアジトに戻っていた米田教授は内閣総理大臣と電話で話し中ですが、彼からある異変を聞かされます。

それは警察のトップ7人に既に赤の矢が刺されていたことを聞かされた瞬間、明日(ミライ)によるものであることをすぐに察します。

しかし前の有楽町での話し合いの最中に神候補たちへの狙撃があったため、彼らもまた自分たちの身を守ろうとする心理として自然な行動であることを諭している中でも、至って冷静な様子です。

よね教授「大丈夫、彼らは戦争をしたいわけじゃない。話し合いの続きをしたいだけ・・・」

そして例の件を早急に発表してほしい希望を出してきます。

 

また同じ頃、神候補たちの新たなシェルターの中では星さんが明日(ミライ)たちが帰ってこないことに対して心配し始めますが、弓木さんからはまだ出てからまだ3時間しか経過していないことを諭され、手毬からは2人で逃げたのでは・・・と言われてしまいます。

手毬の発言が元となって「同性愛者への差別発言」や「個人の好き嫌いや嗜好は差別とは別モノである」ことについての議論が繰り広げられる中で、星のスマホに長官から着信がかかります。

そして内容は「内閣総理大臣による緊急発表が開かれる」ということを聞かされるのですが・・・!?

スポンサードリンク

プラチナエンド【第45話】のネタバレ

テレビ中継までされる形での内閣総理大臣による緊急発表が始まりましたが、それはもちろん米田教授からの指示によるものでした。

彼から話される内容とは、やはり「二度目の神候補たちの話し合い開催」の件でしたが、場所は国立競技場で、日時は10月10日の午後1時からと発表されました!

手毬「バカじゃないの!この前に狙撃されたばかりなのに、1週間前に発表するなんて・・・」

驚き以上に呆れた気持ちの方が強くなってしまう手毬ですが、その時には明日(ミライ)と咲の二人も既に帰ってきており、皆で一緒に中継を見ている状況です。

さらに万全を期するために、警官や自衛官の配置や彼らによる強制避難もやむなしであることも発表されたのです!

明日(ミライ)たちと同じく、別の場所でテレビ中継を見ている一般市民たちもまた呆気にとられている中で、今度は米田教授も自ら出演して演説を始めます。

 

前の話し合いから1週間が経過している中で、大半の市民が自分の考えに賛同してくれていることを自負している彼は現代に神などいらないのは当然の判断であるものの、自分たちの手で殺害してはいけないことも諭してくるのです。

米田教授「私たち神候補任せていただきたい!一部始終を配信して必ず納得のいく結末をお見せします」

彼からの宣言を聞いたことによって、テレビ中継を見ながら戸惑う一般市民たちは安心し始めるものの、明日(ミライ)たちの方はさらなる不安を抱き始めます。

「罠でしかない」と決めつけてしまう手毬と「あくまでも話し合える場所を用意してくれただけ」と言う明日(ミライ)、解釈の仕方が両極端に分かれる中で、星からもまた、やってみなければ分からないと言われます。

それでもお互いの意見が合いません。

手毬「結局は米田教授を殺すのが一番なのよ!」

明日(ミライ)「偽の神と言われようと、神を必要とする人達のためだけじゃない!神候補に選ばれた者の幸せもある」

そして結糸をはじめとした、これまでに死亡した神候補たちのことを思い返しながら出た答えとは・・・

明日(ミライ)「どんなに話し合っても米田教授が神候補を神にすることに同意してくれなかったら・・・死んでもらうしかない!」

冷静な表情を保ちながらも非情かつ辛い決断を下すのでした!

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
U-NEXTで「プラチナエンド」を無料で読む

プラチナエンド【第45話】のみんなの感想

二人きりになった、この時点でやっと明日(ミライ)と咲の想いがやっと一つになれた瞬間でしたね。

しかし幸せな瞬間など長く続くはずもなく、内閣総理大臣や米田教授による緊急発表によって明日(ミライ)が下した決断は、あまりにも辛かったでしょうね・・・。

まだ読んでない人は是非無料で読んでみてください!

まとめ

以上、「プラチナエンド【第45話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

下記のページで漫画を無料で読む方法を紹介しています。

プラチナエンドはU-NEXTmusic.jpFODで配信されていましたので、詳しくサービス内容を次の記事で紹介していますので、合わせてご覧になって見てください。

>>「プラチナエンド」の単行本を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です