プラチナエンド【第43話】のネタバレ・感想!

漫画「プラチナエンド」は小畑健先生の作品です。

 

難題とされている米田教授の説得を、高校時代に彼と接点があった星が務めることが決定します!

一方、米田は中海に対して、神を決めずに選ぶ方法と自身の死への探求心を明かし始めます・・・。

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

>>「プラチナエンド」の単行本を無料で読む方法

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
今すぐU-NEXTで「プラチナエンド」を無料で読む

プラチナエンド【第43話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

プラチナエンド【第43話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

プラチナエンド【第43話】のあらすじ

 

米田教授が内海に対して、自分が死にたかった理由を話し続けます。

米田教授「もし仮に、この神選びが真の神選びだとして、神として死後を知り、人に伝えられるなら・・・喜んで神に立候補しただろう」

内海「さすが先生!考え方が僕なんかとは全然違う!!」

今度は米田教授からの話に感心させられた内海が自分の思いを話し始めます。

内海「僕は怖い・・・死後が無じゃなかったらたら思うと・・・もし地獄があって苦しみが続くとしたら、天国があったとして本当に幸せな場所なら良いけど」

そんな内海に対して、天国や地獄は神を信じさせるための教えであることを諭すと、内海から更なる不安を打ち明けられます。

内海「天使が死んだ人間の魂らしきものを運んでいく姿を見ました」

まるで、あの世があるかのようだと話すと、それは偽りの神が人間に見せている幻想であることをムニに対して同意を求めます。

ちなみにムニの考えは偽りの天界や神によって作られた天使たちは失くしてしまうべきというものでした。

魚をまだ焼いている途中で、ムニと出会った時は自分を見失ってしまっていたことを話します。

 

そして時は遡り・・・芥川賞ノミネートを辞退して、大勢のカメラや記者たちに囲まれながら、賞を辞退した理由を問い詰められます。

しかし、本当の苦痛はその後から始まります。

辞退してからも記者だけでなく、資産運用や不動産関係者、さらには女子生徒達からも声をかけられる日々・・・他人から見れば羨むような充実した生活のはずですが、他人との接触を拒んでいたい米田本人にとっては、苦痛なものでしかなかったのです。

 

そしてトイレの洗面台で大量の薬を一気に飲みながらノーベル賞やメディア出演に講演会の打ち上げに出たことなどに対して、後悔の念に追いやられていたのでした。

それは自分の研究室に戻ってからも続き、さらに多くの薬を一気に飲み込もうとします。

米田教授「私は、この日を待ちわびていたのかもしれない。これは素晴らしいことだ。死後を確かめられるのだから・・・」

そんな時、目の前にあるパソコン用ディスプレイから突然、ムニが現れたのです!

スポンサードリンク

プラチナエンド【第43話】のネタバレ

自分の研究室の中で大量の薬を一気に飲み込もうとした米田教授の前に現れたムニ・・・それが彼らの出会いとなったわけですが、あまりにも人間離れしているムニの姿を見た瞬間は幻覚としか思えなかったのです。

米田教授「生きる希望などない、私は人間の死の先は何なのか知りたい」

ムニに対して話すと、今度は彼の方が話し始めます。

ムニ「あなたなら、いずれそこに辿り着ける。すべての真実に・・・」

突然告げられた「真実」という言葉に対して驚愕した米田教授は、この時点では自殺を止めたのでした!

そしてムニとの会話を重ねた結果、二ヶ月ほどが経過して、時は現在に戻ります。

 

気がついた時には明日(ミライ)を始めとした自分よりも若い青年たちが神選びのために生命をかけて戦っていた事実を知らされます。

米田教授「なぜ神などいないという、当たり前のことが分からない?真実を知り、未来に向かうのが人間のあるべき姿」

中海「はい、博士の言う通りだと思います」

そう答える中海を見つめる米田教授は、彼に赤の矢を刺しているうちにすべてを終わらせる方向で考えています。

そして中海が焼けた魚を食べ始めている時に、彼の後ろにいる闇の天使オガロに話しかけます。

米田教授「特別な力をもつ天使は、お前か!?」

オガロ「私が知っていたとしても、あなたに教えるはずがい」

そう言われた米田教授が白の矢を出しては中海に対して刺すことになると言います。

それに対して是非ともと懇願する中海に対して、今すぐにでも刺し始めようとしながら、再びオガロに視線を向けます。

オガロ「分かった」

とうとう折れたオガロですが、条件を出されます。

その条件とは・・・

「結糸からもらい受けた白の矢を中海に渡せ」というものでした。

そうした内容の条件に対して、自分が少しでも長く生き延びるためだと、米田教授から指摘されますが、オガロの方はキッパリと否定します。

オガロ「いや、私が期待しているのは・・・明日(ミライ)だ」

思わぬ者から思わぬ人物の名前を出された瞬間でした!

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
U-NEXTで「プラチナエンド」を無料で読む

プラチナエンド【第43話】のみんなの感想

 

前回から引き続く形で描かれた米田教授の過去・・・この回で、ムニとの出会いもついに描かれましたね!

そして、あのオガロから、まさか明日(ミライ)の名前が出てこようとは・・・次回は更なる急展開の予感ですよね!!

まだ読んでない人は是非無料で読んでみてください!

まとめ

以上、「プラチナエンド【第43話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

下記のページで漫画を無料で読む方法を紹介しています。

プラチナエンドはU-NEXTmusic.jpFODで配信されていましたので、詳しくサービス内容を次の記事で紹介していますので、合わせてご覧になって見てください。

>>「プラチナエンド」の単行本を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です