終わりのセラフ【第82話】の最新話ネタバレ・感想!

漫画「終わりのセラフ」は山本ヤマト先生の作品です。

リーグはついに再会を果たした真祖を拘束するため、鎖を通して味方の力を吸収していきます。

そして、その力をもって真祖と激突しますが・・・!?

一方、影で真昼と動くグレンもまた別の人格を呼び起こそうとします!

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

>>「終わりのセラフ」の単行本を無料で読む方法

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
U-NEXTで「終わりのセラフ」の単行本を無料で読む

終わりのセラフ【第82話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

終わりのセラフ【第82話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

終わりのセラフ【第82話】のあらすじ

上空で始まったリーグと真祖による闘争は、早くも激化を極めます!

リーグ「うおぉぉーー!!」

真祖「ほい、ほい」

お互いの技がぶつかり合うことによって、爆発まで発生しており、地上で戦っていた鳴海たちにも、そのとばっちりが飛んできます。

このまま続いては渋谷の壊滅も、もはや時間の問題であることを悟りますが、グレンの行方がまだ分からないことによって、まだ探し続けるか、それとも彼のことは諦めて、まずは自分たちだけでも逃げるべきな悩みます。

 

そして上空でのリーグたちの激闘は、フェリドやクローリー達も地上から観戦していましたが、鳴海たちとは違ってあまり動じてはいない様子です。

フェリド「僕らの父さんは空ばかりを見上げているなあ・・・」

感心しながら見ている彼に対して、クローリーからは、これからどうするのか聞かれます。

フェリド「とりあえず、仲間の出方を見る。鬼になりかけ生成くんの彼だよ」

クローリー「あー、彼か・・・」

二人の言っている「彼」とは研究室内で真昼を召喚したグレンのことでした!

真昼「鬼になる心の準備はできてる?」

グレン「できてないと言ったら!?」

真昼「励ましてあげる」

そして会話はまだ続いていく中、この作戦を失敗したら楽になれることも言いますが、グレン自身が内心では怖がっていることを見抜きます。

真昼「怖いのは、いつから?」

グレン「5歳の時から・・・」

そして時は、彼がまだ5歳だった頃に遡ります・・・。

スポンサードリンク

終わりのセラフ【第82話】のネタバレ

時は一度、グレンが5歳の頃に遡ります・・・。

まだ幼い頃の彼は何の力も持ってはおらず、研究員たちによって連れ去られていく真昼を助けることができませんでした。

グレン「あの時、自分の力の無さを呪った、大切なものを守れない弱さを・・・でも、いつか誰かを守れるだけの力を手にしたいと願ったが・・・」

 

そんな中で時は再び現在に戻りますが・・・

グレン「いまだ誰も守れない・・・父は目の前で首をはねられた。お前は誰にも守られず、鬼になった」

自分の弱さを悔やむグレンに対して、真昼は慰めます。

真昼「それはあなたのせいじゃない。そうなるように計画されていた」

グレン「でも俺がやったんだ!この世界がこんな姿なのも、ぜんぶ俺のせいだ!!」

しかし真昼は彼を優しく抱きしめると同時に「私たちのせい」とささやいた後に・・・

真昼「大丈夫、グレンなら上手くやれる」

そう言った後に、彼の背中から無数の鎖が飛び出てきますが、グレンは無言のまま立ち続けます!

真昼「大丈夫だから!あなたは私が守る!!私が鬼を半分受け取る、絶対に暴走はさせない!!」

 

二人がそうしている間にも深夜たちもまた、その場に辿りつきますが、グレンたちの様子と行動を見て驚きます。

そして、その時には深夜からも真昼の姿が見えており驚きますが、それは彼女の中にある鬼が半分グレンに行っていたためでした。

深夜「グレンから離れろ!じゃなきゃ殺す!!」

真昼「あなたじゃ私を殺せないわ」

すぐ様に白虎丸を発動させますが・・・

真昼「閉じましょう」

左手をかざして防ごうとした直後、グレンと真昼の二人きりの空間にうつります。

 

しかしグレンが気づいた時、真昼の方は剣を刺されて倒れている状態でしたが、真の異変・・・いや、彼らの計画がここから実行に移されます。

真昼「あああああっ!!」

倒れている中で例えようのない悲鳴をあげると同時に彼女の腹部を突き破りながらノ夜が血まみれの状態で出てきます!!

上空で激闘中のリーグたちもまた、彼の気配に気づきますが、その間にも二人の会話が始まります。

ノ夜「僕を呼んだね。じゃあ力が欲しいんだ。気にくわない者は全部壊して・・・そして君は最強の鬼となる」

不気味な笑みを浮かべながら、グレンに語るのでした・・・。

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
U-NEXTで「終わりのセラフ」の単行本を無料で読む

終わりのセラフ【第82話】のみんなの感想

自分の弱さを悔やみ続けてきたグレンを優しく抱きしめる真昼・・・決して幸せとは言い切れないものの、二人の間には確かに愛があったことを実感できたと共に、心が締めつけられる思いでしたね。

しかし、その後から出てきたノ夜は、ある意味ではリーグや真祖をも超える不気味さを放っており、かなり怖く感じますよね・・・。

まだ読んでない人は是非無料で読んでみてください!

まとめ

以上、「終わりのセラフ【第82話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

下記のページで漫画を無料で読む方法を紹介しています。

終わりのセラフはU-NEXTmusic.jpFODで配信されていましたので、詳しくサービス内容を次の記事で紹介していますので、合わせてご覧になって見てください。

>>「終わりのセラフ」の単行本を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です