王様ランキング【4巻/第50話】のネタバレ・感想!ヒリング暗殺計画

漫画「王様ランキング」は十日草輔先生の作品です。

王族の長男で、巨人の両親を持ちながらも、自身は体が小さく、短剣すらまともに振れないほど非力な王子ボッジ。

しかも耳が聞こえず、言葉が話せないボッジは、周りからは次期王の器ではないと噂され、どこか空虚な毎日を過ごしていた。

しかし、ひょんなことから心が通じる「カゲ」という友達を得て、人生が輝き始める。

>>王様ランキングのネタバレ一覧はこちら!

▼Amazonアカウントで1ヶ月無料&最大1300P▼
FODで「王様ランキング」を無料で読む

「王様ランキング」のあらすじ・ネタバレ

以下、王様ランキングのネタバレをご紹介しますので、ご注意ください。

王様ランキング【4巻/第50話】のあらすじ

ミランジョに、ヒリングの殺害を宣言されたボッスは「昔の約束か・・・」と呟きます。

目の前にいる魔物たちに襲わせるようで、その力試しにアピスを向かわせるのです。

アピスは戸惑いますが、ボッスの言うこと・・・

深呼吸をして、魔物に近づきます。

魔物は大きく手を振りあげ、襲いかかるフリをして、アピスの武器を奪います。

自分が誘われたんだと分かったアピスは、仕方なく素手で戦いを続けますが、自分よりも大きな魔物に敵うはずがなく、押し倒されてしまいます。

気付くと、鎧には魔物の爪跡がくっきり・・・

相手が油断した隙をついて武器を取り戻すと、もう一度戦いに向かいます。

スポンサードリンク

王様ランキング【4巻/第50話】のネタバレ

しかし「アピス代われ」とボッスは自ら立ち上がり、魔物の目の前に立つのです。

そして剣を振ると、あっという間に魔物を倒してしまいます。

たったの一撃でバキボキと骨を折るような音が聞こえるほど・・・

大きな音を立てて倒れる魔物。

アピスはあまりの衝撃に言葉を失い立ち尽くすばかりなのでした。

 

ボッス「すまんなミランジョ 久しぶりに血が騒いだ」

ミランジョ「・・・本当ですか?」

ボッス「ヒリングの暗殺だったな」

「許可する」

アピス「ボッス様っ」

ミランジョ「ウフフフフフ」

 

 

その頃、ホクロからボッジの死を知らされたヒリングは、言葉を失い、その場に膝から崩れ落ちるのでした。

>>王様ランキングのネタバレ一覧はこちら!

▼Amazonアカウントで1ヶ月無料&最大1300P▼
FODで「王様ランキング」を無料で読む

王様ランキング【4巻/第50話】の感想

ボッスとミランジョの過去の約束とは一体何だったのでしょう。

そしていとも簡単に暗殺を許可してしまうだなんて、ボッスは何を考えているのか。

本当にこんなにも自分勝手な人物が王様ランキング7位だったなんて・・・

とても信じられません。

こんなことになるなら、復活させなければよかったのにと思えてなりませんね。

いつかボッジがボッスと戦う日が来るだろうと予想していましたが、城に一旦戻り始めたということは、ヒリングを救うために早速二人が戦うという可能性も出てきましたね。

そして、ヒリングはボッジの死をホクロから知らされることとなりました。

あまりのショックに愕然とする様子が描かれていましたが、気になるのはドーマスがその場にいないということ。

これは完全に、逃げられてしまったようですね。

まとめ

以上「王様ランキング」のネタバレをご紹介しました。

王様ランキングはFODmusic.jpといった電子書籍にて配信中です。

FOD、music.jpではお試し期間を利用すれば、好きな漫画を無料で読む事ができます。

好きな漫画を無料で読む方法については、こちらにまとめていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

\無料期間と無料ポイントを使って好きな漫画が読める!/

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です