王様ランキング【3巻/第39話】のネタバレ・感想!カゲとデスパーの約束

漫画「王様ランキング」は十日草輔先生の作品です。

王族の長男で、巨人の両親を持ちながらも、自身は体が小さく、短剣すらまともに振れないほど非力な王子ボッジ。

しかも耳が聞こえず、言葉が話せないボッジは、周りからは次期王の器ではないと噂され、どこか空虚な毎日を過ごしていた。

しかし、ひょんなことから心が通じる「カゲ」という友達を得て、人生が輝き始める。

>>王様ランキングのネタバレ一覧はこちら!

▼Amazonアカウントで1ヶ月無料&最大1300P▼
FODで「王様ランキング」を無料で読む

「王様ランキング」のあらすじ・ネタバレ

以下、王様ランキングのネタバレをご紹介しますので、ご注意ください。

王様ランキング【3巻/第39話】のあらすじ

食事を終えたデスパーは、何冊もの本を読みあさりました。

本にはこんな記載があります。

 

“巨人

その体は山より大きく

歩けば地震を引き起こし

くしゃみをすれば竜巻を起こす

湖の水を飲み干し

何千人もの食料を一日でたいらげてしまう“

 

デスパーはその足で、掃除をしているカゲのもとへ向かいます。

デスパー「あなたは彼が巨人の子ということを知っていましたか?」

カゲ「いや知らないけど 何か問題が?」

デスパー「普通巨人は大きいはずですが彼はとても小さい」

「そして巨人は人の何倍もの力を持っています」

カゲ「ってことはボッジにも潜在的な力が?」

デスパー「それは残念ながら・・・」

「そんなことよりもとても大事なことがあるのです」

カゲ「大事なこと?なんだよ・・・」

デスパー「巨人はたいていのものを丸飲みするような大食漢です。そのため胃が恐ろしく頑丈で大抵の毒は効かない」

カゲ(!!)

デスパー「そうです!彼に料理をさせてはいけないのです!」

「我々の命にかかわるのですからね」

カゲ「心得た!」

スポンサードリンク

王様ランキング【3巻/第39話】のネタバレ

二人がそんな決意を固めていると、お風呂を終えたボッジが戻って来ました。

デスパーは早速ボッジを連れて、修行を開始します。

デスパー「強くなるためにまず自分をよく知らなければなりません」

「そして相手をよく知ること」

「私たちの時代は剣の時代 人は武器で何倍でも強くなれる」

「そして武器を持ち自分を知ることにもなる まず自分に合う武器を見つけなさい」

そうしてデスパーはボッジを自らの武器庫に連れて行くのです。

 

そこには見た事もないほど多くの武器が飾られています。

デスパーはボッジの力となる武器をすでに思い描いているのですが、ボッジ自身に選ばせる方法をとります。

これまでの価値観を無にして、選んでみるようにと言われ、早速中を歩いて行くのです。

 

まず目についたのは、シンプルな剣です。

しかし、小さな剣すら持てなかった自分を思い出し、諦めます。

次にボッジが立ち止まったのは、ボッスが使っていたような斧です。

しかし自分の背よりも大きな斧を持つのは、無理だと諦めるしかありません。

その斧の脇に置かれた小さめの斧を手にとってみますが、なんとも言えない重みを感じこれでもないと諦めます。

そうして試行錯誤を続けながら、歩き続けたボッジはついに自分に合った武器を見つけるのです。

 

デスパー「そうですね あなたにぴったりだ」

>>王様ランキングのネタバレ一覧はこちら!

▼Amazonアカウントで1ヶ月無料&最大1300P▼
FODで「王様ランキング」を無料で読む

王様ランキング【3巻/第39話】の感想

書物を読みあさってきたデスパーは一体カゲに何を伝えるのかと思いましたが、まさかの料理をさせてはいけない!というオチでした。

ボッジの胃の強さは巨人の時のまま健在ということですね。

そしてついに特訓が始まりました。

まず第一に武器選びが行われましたが、二人が見つけた自分にぴったりの武器とは一体どんなものなのでしょう。

小さな剣でも上手く使えないボッジにぴったりの・・・

想像もつきません。

まとめ

以上「王様ランキング」のネタバレをご紹介しました。

王様ランキングはFODmusic.jpといった電子書籍にて配信中です。

FOD、music.jpではお試し期間を利用すれば、好きな漫画を無料で読む事ができます。

好きな漫画を無料で読む方法については、こちらにまとめていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

\無料期間と無料ポイントを使って好きな漫画が読める!/

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です