俺だけレベルアップな件【第28話】のネタバレ・感想!

漫画「俺だけレベルアップな件」はピッコマで配信中です!

裏切りの後の再開は気まずいものがありますよね。

裏切った方も裏切られた方も思うところはありますから。

状況にもよりますが、どちらかといえば裏切った側の方が後ろめたい気持ちでいっぱいなはずです。

計画的だったのか、衝動的だったのか、被害者からしたらどっちでも関係ありませんね。

実行された行為に変わりはないのだから。

なぜ再開してしまったのか、考えても始まりませんね。

やはり何か運命的なものを感じる事この上なしと言った所でしょうか。

>>俺だけレベルアップな件のネタバレ一覧はこちら!

\無料期間と無料ポイントを使って好きな漫画が読める!/

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

俺だけレベルアップな件【第28話】のあらすじ・ネタバレ・感想

「俺だけレベルアップな件」のネタバレをご紹介しますのでご注意ください。

俺だけレベルアップな件【第28話】のあらすじ

「はあぁぁぁぁ!」

剣道の稽古をする2人。

一方は隻腕の剣士だ。

かなり激しく打ち込み合う!

有段者同時だろうか。見物人が呆気にとられるほどだ。

弟子「やっぱり師範には敵いません。」

師範「何を言っているんだ。年寄りをからかうんじゃない。手加減してるのが見え見えだぞ。」

師範が振り返る…

なんと馬渕さんではないか!

弟子は馬渕さんの実力を認め、片腕を失った事を悔いていた。

一方、馬渕さんは隻腕を受け入れ、新たな一歩を踏み出している。

プルルルルッ

さっそく緊急招集の連絡が入る。

片腕になり、不便を感じることもあるだろう。

だが引退しない理由とは…

先もさほど長くない人生を世の中に貢献してから逝きたいらしい。

そして、弟子がS級ハンターだというのだから驚きだ。

なぜ格下の馬渕さんに稽古をつけてもらっているのか…

技術不足をカバーするのはランクではないと断言している。

 

緊急招集はどうやらD級らしい…

剣術に長けている馬渕さんなのだが、覚醒したのは魔法ハンターとしてだ。

物理的覚醒はしていないので剣でモンスターは倒せない。

数十年やってきた剣はダンジョンでは役に立たないが、それにも何か理由があるのだろう…

!!?

馬渕「お!?君は!まさかとは思ったが水篠くんじゃないか!」

あのあどけなかった少年が嘘のように変貌を遂げていたので危うく気づけないところだった。

まさかの再開にテンションが上がってしまったが、二重ダンジョンの一件があったのだった…

失った片足も回復しているし、奇跡が起こったのか!

まだまだ未来があるから心配していたが回復して一安心である。

しかし、馬渕さんの片腕は失ったままだった…

ハンターを続けていれば怪我の1つや2つしょうがないと笑い飛ばしていたが、やはり災難だったなと思ってしまう…

 

ここで会うということは、2人共同じ招集がかかっていたのだ。

集合場所にはすでに他にもハンターが来ていた。

そのハンターが偶然なのか、観月さん、真島さんともう1人、みんなあの二重ダンジョンに参加していたメンバーなのだ。

真島さんの顔が見る見る青ざめていく…かなり気まずそうだ。

あの日みんなを捨てて逃げたこと、馬渕さんに剣を突きつけ生贄に捧げようとしたこと…

最後は水篠くんだけ残して立ち去った、みんな後ろめたい気持ちでいっぱいなはず…

皆あそこから生きて帰ってきてしまったのだから…

1番感動して喜んでいるのは観月さんだ。

生きているという情報だけが飛び交い、会って確認する事が出来なかったので不安な気持ちが拭えなかったに違いない。

前回会った時と、風貌が違いすぎるので戸惑う観月さん。

スポンサードリンク

俺だけレベルアップな件【第28話】のネタバレ

囚人「ひゅー、お熱いねー。映画の撮影か何か?それともハンター同士の恋愛?」

ワゴン車から降りてくる手錠をかけられたままの囚人達に茶化される。

監視「静かにしろ。遠足じゃないんだぞ。」

どういうことなのか誰もわからず唖然としている…

そのまま手続きを進めようとする役人へ、どういうことなのか問いただす。

今日のレイドを共にする『代役服役者』だと伝えられる。

『代役服役者』…犯罪を犯したハンターが減刑目的で代役服役をしている。

通常ハンターとレイド参加する。

 

最近、この区域のハンター数が減ってしまいどうしようもなく、今は服役中だがハンターの彼らも駆り出されることも珍しくない。

今回の代役服役者達は全員C級、付き添いに監視課でB級の道門がレイドに参加するので安心だと言う。

水篠は何か不安を感じ取ったようで、観月さんに今回は降りた方がいいと勧める。

水篠が行く気ならもちろん自分も参加するとやる気満々の観月さん。

明らかにチームの一体感は無いに等しい。それぞれ個人では思うところがあるのだろう。

しかし、こんなチームでレイドに挑まなければならないなんてため息しか出ない…

これもまた運命なのだろう。

>>俺だけレベルアップな件のネタバレ一覧はこちら!

俺だけレベルアップな件【第28話】の考察

剣道の道着を着ているが隻腕ですぐ連想してしまいました。

二重ダンジョンで片腕を無くし生還した馬渕さん。

あれから数ヶ月経ってるらしく、片腕でも稽古出来るほどまでになっていた。

相手はS級ハンターだが、昔からの付き合いなのか師範と呼ばれ尊敬されているようだ。

水篠の外見がかなり変わっていたが気付けたのはさすがと言うべきなのか。

久々だが思い返せば気まずい、後ろめたい気持ちでいっぱいになるだろう。

懐かしい顔ぶれだが馴れ合うことはもうなさそうだ。

そして急にチームを組まされる事になる服役者。

はっきりいって不安しかないだろう。

監視課の人も何か裏がありそうで怖い。

無事に帰ってこれたらいいが…

俺だけレベルアップな件【第28話】の感想

限られた者だけがなれるS級ハンター。

繋がりがある馬渕さんの人柄が良い事がよくわかる。

剣を極めた人が魔法で覚醒する、何か理由があると考えるのが普通なのだろう。

水篠との再会にテンションマックスな馬渕さん。

まるで数年ぶりに孫に会ったような様子である。

協会の緊急招集にあの日のメンバーが集められてるのは、誰かの意図があるとしか思えない。

そして、監視課の道門も同行するという。

怪しい。

どこかの社長に頼まれていたのはコイツなのではないのか?

このレイドも一筋縄ではいかなそうである。

レベルアップして強くなった水篠の活躍に期待してしまいますね。

\無料期間と無料ポイントを使って好きな漫画が読める!/

漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です