俺だけレベルアップな件【第19話】のネタバレ・感想!

漫画「俺だけレベルアップな件」はピッコマで配信中です!

勘が鋭いことで損する人得する人両極面があります。

不吉なこと、危険なことを察知し回避出来ることは得する勘です。

しかし、人間的に悪い行いをしている事に勘づいてしまった事を黙っていられない正義感をお持ちの方は時により損をしてしまう可能性があります。

中途半端な正義感はヤケドでは済まない事例が数多くあるので、口を出すなら十分に気をつけましょう。

>>俺だけレベルアップな件のネタバレ一覧はこちら!

\無料期間と無料ポイントを使って好きな漫画が読める!/

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

俺だけレベルアップな件【第19話】のあらすじ・ネタバレ・感想

「俺だけレベルアップな件」のネタバレをご紹介しますのでご注意ください。

俺だけレベルアップな件【第19話】のあらすじ

それぞれ装備を整え、ダンジョンへ潜る準備万端です。

今回のゲート出現した中断してしまっている工事現場は、2ヶ月前に社長が会社の金900億を持ち逃げして海外へ逃亡したんだとか。諸菱くんが教えてくれた。

他にも、リュックは重くないか?大丈夫か?年下だから敬語やめてとか色々話しかけてくる。

しまいには、口数少ないとか言い出す始末。

お前が喋りすぎなんだよ…

 

空気読めない、相手の顔色伺わない、まさにボンボン…

「ここです!」

今までとは比べ物にならないほど大きなゲートだ。

C級ゲートは初めてだけど、周りの経験者もざわつくほどの大きさみたいだ。

ハンター協会が2度調査してC級認定してるので間違いない…はず…

さすがの諸菱くんも呆気にとられている。

ゲートのサイズは関係なく、着目点は中から流れてくる魔力波動の数値。

それを協会が先に測定してランク付けする。

B級以上は大型ギルド担当になってるし、C級以下はそれほど危なくないらしい。

右京「俺の後をついてきてください。」

豪華フル装備の諸菱くんは気合い十分である!

でも、普通はD級、E級は稼ぎが少ないから装備を揃えるのもやっとなはず…正直隣を歩きたくない…

しかし、よくよく周りを見てみると、みなさん装備が充実してるご様子。

儲かってるみたいだな。

漆黒の闇が続いている洞窟のようなダンジョン。

魔法で照らしながら進んでいく。

周りにはモンスターの気配はないが、耳を澄ますと…

遠くの方からの足音…

それも1つではない、大勢の足音。

 

光のない洞窟で暗闇が好きなモンスター。

知性のあるモンスターだと暗闇では生活出来ないはずだ。

だんだん足音が近づいてくる!

暗闇の中で群れをなして行動し光を見ると駆け寄ってくる生き物?そしてこの音は!?

スポンサードリンク

俺だけレベルアップな件【第19話】のネタバレ

水篠「昆虫タイプのモンスターです!」

昆虫!?

この穴の多い巣の形状からすると、蟻!?

足音が更に近づいてくる!すぐそこまで来ている!

周りを見渡すが何も居ない。

どこから来る!?

!!!

上だ!!

上の穴から大群で押し寄せる!

目視でも数えきれない数だ!

まずは魔法で撃ち落とし、タンクに注意を引かせる作戦でいく!

稲妻のような魔法でバリバリバリー!

モンスターがボトボトと落ちてくる。

すかさずタンクが引きつけ、敵が集中したところで一網打尽で一斉攻撃を仕掛ける!

C級ハンターの連携は流石としか言いようがない。

ヒーラー無しの理由は、この連携プレイがあるからこそなのだろう。

しかし、動きがやや粗い…

一方、諸菱くんは装備に頼ってなんとかなっている感じだ。

うまくやってるようだけど…なんかもどかしい…

苛立ちをモンスターへ八つ当たりする。

ひと通り殲滅し、魔法石回収をする。

右京「まだまだ序盤だ!ペース配分気をつけていこう。魔法石は9等分だ!」

それにしても、水篠くんはなぜ昆虫やら上から攻めてくるやらわかったのか疑問に思っているみたいだ。

水篠「勘です。」

右京「…勘が鋭いんですね。まぁ、あまり勘が鋭いのも困りますけど。」

なぜ困る?

倒した敵の中にはハンターではない攻撃を受けた痕跡のあるものもいた。

モンスター同士やボスから受けた傷なのか、はたまた他の…

 

右京の顔がまるで悪代官の顔に変化していく…

金のニオイがする…キナ臭いな。

水篠「諸菱くん、その装備を揃えるのは結構しただろ?」

諸菱「初めてのレイドだったので、父さんに買ってもらいました。」

ここでも勘が働いてしまう。

よくない方向の勘だ…

>>俺だけレベルアップな件のネタバレ一覧はこちら!

俺だけレベルアップな件【第19話】の考察

荷物持ちの水篠が1番辛そう…

戦いでは期待されてないから荷物持ちで働けということだろう。

しかしレベルアップして筋力がアップしている水篠にとっては余裕な重さだ。

それにしても諸菱くんはよく喋る。

ボンボンはハンターなんて趣味です。

なんて想像してしまう。

裕福な家庭に対して卑屈になってしまうのは水篠くんの悪いとこの1つだろう。

ゲートは、見た目の大きさよりも魔力波動の数値が大事だという事が理屈では理解しているが少し不安がある。

それは絶対的に経験の少なさが原因である。

強さを表に出してないので格下の水篠くんを守ろうとしてくれる諸菱くん。

特に手を貸さなくてもモンスターを倒せていた。

けど、何か引っかかるところがいくつかある。

カネが絡んでそうな嫌な予感がする。

俺だけレベルアップな件【第19話】の感想

みんなそれぞれいい装備を揃えてきてるが、水篠くんはほぼ私服であるにも関わらず荷物持ちで防具すら無い。

強者ならではのオーラは出てない様子。

ボンボンキャラの諸菱くんに気に入られてしまい少しウザそうだ。

他のハンター達も装備は充実している。

裕福ではないと、そういうところに目がいってしまうのだろう…少しだけ切ない。

回復しなくても戦える俺たち!みたいなのは格好いいが、カネに目が眩んだ人々の集まりなんだろうか。

少し怪しさが漂う展開になっていきそう。

カネの恨みは怖いですからねー。

分け前で揉めなければ良いとのだが…

\無料期間と無料ポイントを使って好きな漫画が読める!/

漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です