ノラガミ【第83-2話】のネタバレ・感想!

漫画「ノラガミ」はあだちとか先生の作品です。

雪音が秘め事に触れたことに対しての対応について議論し合っていたタケミカヅチや貧乏神でしたが・・・「殺すしかない」と断言するタケミカヅチに対して強く反対意見を出してくる貧乏神、意見はまとまりません。

一方、兆麻は雪音が近づいてきたら鳴る鈴が反応したことに驚くと同時に夜トと二人で一緒にいるであろうと思われている術師の元へと急ぎますが・・・!?

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

>>「ノラガミ」の単行本を無料で読む方法

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
今すぐU-NEXTで「ノラガミ」を無料で読む

ノラガミ【第83-2話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

タイトル名のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

ノラガミ【第83-2話】のあらすじ

兆麻は雪音が近づいてきたら鳴る鈴が反応したことに驚くと同時に夜トと二人で一緒にいるであろうと思われている術師の元へと急ぎます

夜ト「来い!」

兆麻からは、このまままっすぐに下の公園の方であることを告げられて向かいますが、二人の動きはもちろん野良にも気づかれています。

しかし気づかれているのは、あくまでも「移動中の動きみ」であり、夜トによって弓で狙われているところまでは知らないはずです。

そして目的地に到着しますが、そこにいたのは・・・なんと藤崎でした!

しかし、無防備な藤崎の後ろ姿でさえも殺せない理由が見つかりません。

さらに、その行為を止めているのは、皆の顔が浮かぶからでした。

特に浮かぶのは雪音とひよりの笑顔でしたが・・・

夜ト「早くしろ、名残惜しくなる・・・大丈夫!きっとまた会えるから!!」

心の中で、そう唱えながら矢を放ちます!

スポンサードリンク

ノラガミ【第83-2話】のネタバレ

夜トが放った矢は親父めがけて当たりそうになった瞬間、目には見えぬ結界のようなもので、見事に跳ね除けられてしまいます!

驚く二人ですが、すぐに冷静さを保ち直します。

夜ト「失敗した!なぜなぜバレた!?野良はどこに・・・」

この時の夜ト木の枝の上に登っており、少し高い位置にいたのですが、斜め下方から気配を感じます。

そして、その方向へと視線を向けた先に、雪音がいた上に、雪音の方もまた夜トに気づいた上に質問してきます。

雪音「それ兆麻さんだよね!?」

夜トの持っている暦器にも反応して、それが兆麻であることに、すぐに気がつきます。

雪音「なんでなんだよ・・・その人、知ってるんだよ!?」

あまりの気まずさに何も言えない夜トは、逃げるように去っていくことしかできませんでした。

雪音「父親を殺せば、夜トも死ぬって!!」

そして逃げている夜トに対して、兆麻も語りかけてきます。

兆麻「な、何かの罠だ!構えろ!今しかないんだ、早く!!」

しかし逃げている夜トにすぐに追いついてしまう雪音が絶望してしまいます!

雪音「何を信じたら良いか分からないよ!」

そして夜トもまた地上に降りて、雪音を説得しようと話しかけますが・・・

雪音「オレは雪音じゃねぇ!今すぐ放て!!これを消せー!!」

夜トとの間にできた一線により、夜トもまた苦しみ始めます。

雪音「何が人の名を授けただ!何が祝の器だ!!こんなもの・・・本当の名は・・・」

そして涙を流しながら去ってしまいます。

夜トもまた倒れたままでいますが、少し離れた位置にいる藤崎もまた、その様子を把握しており・・・

藤崎「あの兆麻が夜トに降るとは・・・二人とも本気でオレを殺す気だ。なら、こっちも雪音をもらう!」

彼もまた本格的に動き始めようとしていました!

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
今すぐU-NEXTで「ノラガミ」を無料で読む

ノラガミ【第83-2話】のみんなの感想

藤崎を仕留め損なったと思った矢先に、まさかの雪音との対面という展開が衝撃的でしたね!

さらに雪音からの強すぎる拒絶が夜トに対して心身ともに大ダメージを与えてしまいましたが・・・藤崎も動き始めてしまい、かなりヤバイ展開ですよね!

まだ読んでない人は是非無料で読んでみてください!

>>「ノラガミ」の単行本を無料で読む方法

まとめ

以上、「ノラガミ【第83-2話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

下記のページで漫画を無料で読む方法を紹介しています。

ノラガミはU-NEXTmusic.jpFODで配信されていましたので、詳しくサービス内容を次の記事で紹介していますので、合わせてご覧になって見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です