公爵家のメイドに憑依しました【第20話】のネタバレ・感想!

漫画「公爵家のメイドに憑依しました」はJooahri先生の作品です。

リアンドロの症状が悪化してから2経過しますが、症状は全く改善されません・・・。

それでも両親である公爵夫妻の態度は冷たいままです。

しかしイベリナの中に湧いていたのは、両親への怒り以上にリアンドロへの悔恨の気持ちの方が大きかったのです!

>>公爵家のメイドに憑依しましたのネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

公爵家のメイドに憑依しました【第20話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

公爵家のメイドに憑依しました【第20話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

公爵家のメイドに憑依しました【第20話】のあらすじ

前回で黒い血を吐いたリアンドロですが、それを見たイベリナはそれが症状の悪化がピークに達しているためによるものと分かっていたと同時に小説の中の物語展開に大きな歪みが生じ始めていることを実感します。

 

 

リアンドロが黒い血を吐いてから2日が経過しました。

それまでの間に医師だけでなく、神官や魔法使いを始めとした多くの人間がリアンドロの部屋に来ましたが、リアンドロの身体の奥深くに宿る呪いの力の前では、どんな方法でも治せなかったのです。

イベリナ「どうしてリアンドロの命令に素直に従ってあげなかったんだろう?理不尽でも我儘でも聞いてあげれば良かった・・・」

そして昨日もロレンゾを同情するのでなく、いつ死んでもおかしくないリアンドロのことを考えるべきであったと後悔しておりました。

ヒロインであるエレオノラと出会うまで、あと3年・・・準主人公ゆえに、ここで死ぬはずはないことも分かってはいたものの、元々この呪いは皇室の人間にかかると予言されてはずなのです。

 

三代前の皇帝が大陸の南部を統一してアンブロセティ王国を侵略した時、無残にもやられた当代のアンブロセティ国王はすぐに降伏宣言したのですが、犠牲になった百姓の数は計り知れませんでした!

そしてギロチンによって処刑される直前に残された言葉・・・

「近々、皇室に恐ろしい呪いかま降りかかるだろう」

大勢が聞いてきたものの、この時はまだ誰も信じなかったのですが、呪いの力は本当に現れた上、その対象に選ばれてしまったのが皇室直系の後継者であるディエゴだったのです!

 

しかし現皇帝はある種の力を借りて、自分の息子の代わりにリアンドロに呪いがかかるようにしてしまい、これこそが今の彼が苦しめている原因でした。

さらに小説の物語ではリアンドロ以外の皆がハッピーエンドという、あまりにも理不尽な結末を迎える形にされています。

まだ現実世界で生きていた頃のイベリナも小説を読破した時、あまりの理不尽さに激怒したのですが、この小説の展開は徹底的なヒロイン視点で描かれているためでもあったのです・・・。

スポンサードリンク

公爵家のメイドに憑依しました【第20話】のネタバレ

ヒロインであるエレオノラもまた帝国を訪れますが、それは内密に戦争を図っていた兄を止めるための婚約でしたが、彼女もまたディエゴと本気の恋に落ちてしまうのです。

そしてリアンドロはそんな二人を影から見守り、彼女が悲しい時や危機に直面した時にだけ登場する設定にされてしまっておりました。

イベリナ「こうして目の前で見ていると、もっと辛い」

気がつけば、物語の理不尽さ以上に小説を読んでリアンドロの不幸を知っていながら何も出来ない自分への苛立ちに変わりますが、その怒りの方向がまたもや変わろうとしています。

 

ベッドの前で座り込んでいると、両親である公爵夫妻が部屋に入ってくるのですが、イベリナからすれば、吐血して1週間後になってから顔を出してきたのです!

公爵「息をしている間は最善を尽くせ!それから、いちいち報告しなくて良いから危篤になったら教えてくれ」

自分の息子が呪いで死ぬかもしれないことを知っていながら、あまりにも酷い反応を見たイベリナの怒りはもはや小説そのものよりもリアンドロの両親へと向けられておりました。

 

両親が退室してからも赤い血を吐くリアンドロを必死に看病し、この日もあっという間に真夜中になってしまいます。

イベリナ「心から祈れば聞こえるかな?強く願えば叶う!?私がリアンドロの側にいるように・・・」

イベリナは心の中で目覚めることを祈りながら、眠っているリアンドロの手を握ります。

イベリナ「神様なんてしんじてないけど・・・もしも本当に神様がいるなら、どうか彼を救って!」

すると、二人の手に何かの光が溢れ始めます。

イベリナ「なに!?手が急に熱く・・・」

その熱さは、すぐに針で刺されているかのような痛みに変わっていきます。

そして光が完全に二人を包み込んだ時・・・リアンドロの両眼が開いて覚醒し始めたのです!

>>公爵家のメイドに憑依しましたのネタバレ一覧はこちら

公爵家のメイドに憑依しました【第20話】のみんなの感想

ついに呪いの真相が明らかになりましたが、本来はディエゴにかけられるはずの呪いをリアンドロになすりつけた上にヒロインとも結ばれなくなってしまうなんて本当に酷いとしか言いようがありませんよね!

しかし、そんなイベリナの必死の願いが通じたのか・・・あの光はまさに奇跡としか言いようがないですよね。

まとめ

「公爵家のメイドに憑依しました」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です