この音とまれ!【第84話】のネタバレ・感想!

漫画「この音とまれ!」はアミュー先生の作品です。

家事と部活の両立に悩む通孝は、妹の言葉で「一人前の音」という自分が一番大切にしていることを思い出します。

そして滝浪先生にも楽譜の難易度を下げる決断を話すと同時に励まされたのです・・・。

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
U-NEXTで「この音とまれ!」の単行本を無料で読む

この音とまれ!【第84話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

この音とまれ!【第84話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

この音とまれ!【第84話】のあらすじ

教室内で百谷がスマホを見ていると、前回で分かりあうことができた通孝から、お礼メッセージが届きます。

それを見ていた時の彼はいつもの冷たい表情ではなく、他人から見れば珍しい笑顔を見せていたのです。

そんな中で現れたのは、一大決心して髪を切ってきた由永でした。

彼はその頭を恥ずかしそう隠しながら入ってきますが、速攻で百谷から声をかけられると同時に謝罪します。

由永「ちゃんと見てないの、僕の方だった・・・勝手に百谷くんのこと傷つけて、せめるようなこと言って・・・ごめんなさい!!」

百谷「まさか、それで髪切ったの!?俺も言葉足りてなかったし、ごめん」

お互いの謝罪によって、この二人もまた和解するのでした。

 

一方、前回で難易度を下げることを決めて、また一歩前進できた通孝にも、今まで空気扱いされてきたクラスメイトがノートを見せてくれるようになっていたのです。

 

そして放課後、今日もまた部活の時間となり、武蔵たち一部の部員が既に集まっていたものの・・・通孝の件に関しては解決できたものの、百谷の退部に関してはまだ完全解決したわけでなく、皆が深刻に悩んでいる状況でした。

部室前に到着した百谷を待ち受けていたのは・・・!?

スポンサードリンク

この音とまれ!【第84話】のネタバレ

退部届を出したきり、まだ完全には解決していない百谷を待ち受けていたのは愛であり、彼が手に持っている退部届の用紙を速攻で取り上げてしまいます!

愛「ふざけんなよ、せっかくあの4パートでのかけあいが少しまともになってきたっつーのに、やめんなよ!あそこのかけあい、完璧に決まったら、絶対すげえ気持ちいいから!!」

そう言いながら自分だけ部室へと入っていきますが、その直後には分かり合ったばかりの通孝や由永も来て、彼らから一緒に入るように声をかけられると、照れ臭そうに笑みを隠しながら部室へと入っていくのでした・・・。

 

一方、五連覇を成し遂げた強豪の一英高校では、顧問の先生が他校の演奏する映像を感心しながら見続けています。

顧問の先生「びっくり、これは凄い。このままじゃ、うちの六連覇は厳しいねぇ。楽しくなってきたよー」

危機感を抱きながらも、どこか楽しげな雰囲気でした・・・。

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める▼
 U-NEXTで「この音とまれ!」の単行本を無料で読む

この音とまれ!【第84話】の感想

前回でやっと本当の意味で立ち直れた通孝に続き、百谷の退部も食い止めることができたことによって、箏曲部がまた一つ大きくなれましたね!

しかし武蔵たちだけでなく、強豪の一英高校はじめ、他校の部員たちもまた違う形で動き続けていることもまた、忘れてはなりませんよね!

まだ読んでない人は是非無料で読んでみてください!

まとめ

以上、「この音とまれ!【第84話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

下記のページで漫画を無料で読む方法を紹介しています。

この音とまれはU-NEXTmusic.jpFODで配信されていましたので、詳しくサービス内容を次の記事で紹介していますので、合わせてご覧になって見てください。

>>「この音とまれ!」の単行本を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です