この音とまれ!【第80話】のネタバレ・感想!

漫画「この音とまれ!」はアミュー先生の作品です。

楽譜の難易度を下げずに、部活と家事の両立に挑む通孝でしたが、現実は厳しく自分が皆の足を引っ張っていることを痛感します!

その現状を後輩の百谷から厳しく批判されたことで、部内に不穏な空気が漂い始めます・・・。

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
U-NEXTで「この音とまれ!」の単行本を無料で読む

この音とまれ!【第80話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

この音とまれ!【第80話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

この音とまれ!【第80話】のあらすじ

前回での百谷からの厳しい批判から立ち直れずにいる通孝は部活どころか、学校にさえも登校しなくなってしまいます。

部員たちもまた、LINE内での彼からの返信どころか既読すらついていないことに心配し始めたます。

そんな事態を見た武蔵やさとわもまた、自分が判断して行ってきたことが、まるで裏目に出てしまったことを強く悔やみます。

武蔵「僕のミスだ・・・堺くんへのフォローが、全然できてなかった」

さとわ「あんなの、全然足りてなかった・・・私、皆よりずっと長い時間、お箏に触れてきてるのに、もっと何か力になれることあったはずなのに!」

そんな彼らと顔を合わせずに、1人で練習する愛・・・

部内に不穏な空気が漂い始めますが、ここでモンモンとしていても仕方ないことは誰もが分かっていることであり、まずは通孝と昼休みにしっかりと話し合おうと決めます。

 

一方、前回で通孝に対して1人だけ足を引っ張っていることを厳しく批判した百谷に対して、吉永が迫ってきて、通孝からの返信がこなくなってきたことを告げられますが、まるで他人事のように、どうでも良さそうな態度を取ったことで、さらに強く責められます!

吉永「部活ちょっとしか出ないで・・・確かに百谷くんはそれでも弾けてるけど、でも・・・みっつ先輩の頑張ってる姿、ちゃんと見てないから、あんなこと平気で言えたんだ!」

百谷「ちゃんと見てねぇのは、どっちだよ・・・何でもない」

 

そして通孝のクラスを訪問した部員たちがクラスの生徒たちに通孝のことを聞くのですが・・・

「堺って、誰だっけ?」

「あいつじゃん!髪ピンクのぼっちのデブ!」

クラスメイトたちからの返事内容に言葉を失ってしまうのでした。

一方、登校すらしなくなってしまった通孝は自宅で家事や花ちゃんの送り迎えの合間に練習する生活に変わっており、送り迎えの前の買い出しのために外へ出ます。

その日は雨のため、傘を差しながら自宅へ戻ろうとした中でタイミング悪く百谷とバッタリ会ってしまいます!

そんな彼から言われた、第一声とは・・・!?

スポンサードリンク

この音とまれ!【第80話】のネタバレ

送り迎え前の買い出しを済ませて自宅に戻ろうとしている時に百谷とバッタリ行き会ってしまいます。

そして・・・

百谷「そんなに楽譜を簡単にするの嫌ですか!?」

通孝「ダメなことでは、ねぇよ・・・ねぇけど、嫌に決まってんだろ!」

涙腺が緩み始めながらも話し続けます。

通孝「皆が全力で頑張ってる中、1人だけ弾きやすいようなとか、すげぇ嫌に決まってんだろ!!」

百谷から、今の家庭内が大変な状況を考えたら仕方ないことだと告げられますが、その一言で本心が露わになります!

通孝「仕方ないで片付けないでくれよ!本当にすげぇ頑張って掴んだ全国なんだよ!!毎日毎日、朝から晩まで練習して、ずっと皆でずっとすげぇ全力で・・・ここにきて、俺だけ全力で頑張れないとか、嫌に決まってんだろ!!」

涙が本格的に流れ始めます。

そして、さらに・・・

通孝「意地はってちゃ悪いかよ!初めて本気で頑張ってきたんだよ!!一番頑張りてぇ時なんだよ!なんで入部しただけで全国行けちまうお前に、部活来ねえでも弾けちまうお前に楽譜簡単にするば良いとか、言われなきゃなんねぇんだよ!!」

そう言うと同時に百谷から離れていきますが、彼自身もまた最悪な事態を招いてしまったことを自覚していたのでした。

 

帰ってきてからも悪いことは、さらに続いてしまい、弟たちの兄妹喧嘩によって、予備の弦が切れてしまい、練習したくてもできない状況となってしまいます。

通孝「ああ、なんかもう・・・」

そんな中、保育園の先生から電話がかかってきて、花ちゃんの体調不良を聞かされたことで、さらに落とされてうずくまってしまいます!

通孝「なんで今なんだよ・・・まずい、落ちる!誰か・・・」

そんな時に自宅のインターホンが鳴って、出てみると、そこには高岡の姿がありました!

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める▼
 U-NEXTで「この音とまれ!」の単行本を無料で読む

この音とまれ!【第80話】の感想

全国に向けて練習に励んでいる最中に、母親の入院から始まり、自分だけが足を引っ張ってしまう上に後輩からも皮肉を言われてしまう事態・・・

本人が言っているが如く、まさに最悪の状況にまで落とされてしまった通孝が、あまりにも可愛いそうですよね!

本来なら「頑張れ」と言って励ましたいところだけど、今の彼ほどに落ちてしまった人間に、その言い方はかえって逆効果であるため、迂闊に励ますこともできないことが心苦しい思いです・・・。

結末に自宅を訪れてくれた高岡が、最後の救世主となってくれることを強く祈りたいものですよね!

まだ読んでない人は是非無料で読んでみてください!

まとめ

以上、「この音とまれ!【第80話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

下記のページで漫画を無料で読む方法を紹介しています。

この音とまれはU-NEXTmusic.jpFODで配信されていましたので、詳しくサービス内容を次の記事で紹介していますので、合わせてご覧になって見てください。

>>「この音とまれ!」の単行本を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です