声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~【35話】のネタバレ・感想!目覚めたそこは海の上…

漫画「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~」は安武わたる先生の作品です。

明治後期、瀬戸内海の伊之島で生まれ育った活発な少女・チヌ。
母はなく、父親と、美しい姉・サヨリとともに暮らしていた。

ある時、父が死に、姉妹は人買いの競りにかけられる。
サヨリは高値で女衒に売られ、チヌは下層遊郭の「須賀屋」へ売られた。

 

紆余曲折あって、チヌは大店『東陽楼』で『千鳥太夫』として働くことになる。
大地主・若水に気に入られ、妓達の嫉妬を買いいじめに遭うも、次第にそのひたむきさを受け入れられていく。

若水の駆け落ち騒動について訊こうと西海楼を訪ねたチヌだが、真苗に手籠めにされた上、監禁されてしまう。
さらに恐ろしいことに、真苗はチヌを海外に売り飛ばそうと画策する。

チヌは西海楼を脱走しようとしたが、真苗に見つかり当て身を食らってしまう。
――そして、目を覚したのは小舟の上。海の真ん中だった…

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

>>>声なきものの唄はU-NEXTで無料で読める!

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~【35話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~【35話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~【35話】のあらすじ

チヌは、あまりの息苦しさに目が覚めた。
筵から這い出せばそこは小舟の上で、辺りを見渡すと一面の暗い海。

チヌ(なんやここ!?)

――

東陽楼では、西海楼との内通がバレた清香とおウノが詰問されていた。

番頭に折檻させたいのは山々だが、それを知ったらチヌは悲しむ…
そう考えた巴は、ムスッとして口を閉ざす清香を辛抱強く問い詰めた。

 

式部「清香!あんた西海楼の回し者やて?東陽楼を潰す気やったんか!」

怒鳴り込んできた式部が、紙幣を清香に投げつける。

式部「前借してきたんや。そねぇな腹黒ぇ妓に金借りてたとは情けねぇ」

怒り心頭の式部の言葉を聞いて、心底おかしそうに高笑いする清香。

清香「お金に色がついとるわけやなし、誰に借りよがええやねぇの」

矢津一とか言ってるが、こんなに金に困った妓がいようとは確かに情けない。
とケタケタ笑う清香。そうかと思うと、今度は散らばった紙幣をせせこましく拾い集める。

清香の奇行に唖然とする一同。
皆の気を反らした清香は、隙をついて玄関へ急いだ。

 

清香(早う――早う守り神さんとこ行きゃ助けてくれはる…!)

真苗のもとに急ごうと階段を駆け下りる清香だが、足を踏み外して転げ落ちてしまう。

清香に駆け寄り安否を確認するおウノ。
清香は無事で、足を挫いただけだった。
安堵したのも束の間、おウノは楼主・藤富の姿を見て青ざめる。

 

藤富「医者ァ呼んでやれ。ただし、千鳥ん行方を教えたらや」

穏やかに、有無を言わせぬ物言いで、おウノに語りかける藤富。

藤富「こいは取引や。お互ぇ、なぁんもやましいこたあらんよのう?」

スポンサードリンク

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~【35話】のネタバレ

真苗『着替えさせたんか、お吉』
吉祥『だってこの服着たきりだったろう。売り物になるんだし、あたしの着物はなむけにあげようと思ってさ』

――当て身を食らった後のことは、うっすら覚えている。
麻酔でも効いているのか頭が痛い。

「何が何だか分からない」という顔のチヌに、船頭の男は「あんたはこれから大きな船に乗って売られる」と告げる。
岸部では、真苗や吉祥が船上で盛大な宴を楽しんでいた。
こんなに船があれば1隻くらいはぐれても誰も気づかないだろう。と、男は意地悪行く笑った。

チヌ(――そやったら、あの明かりは矢津の?まさか、こいが見納め…?)

 

――

 

一方、矢津では…

おウノの自白を得た東陽楼の番頭は、西海楼に乗り込んで楼主・道正を問い詰めた。

道正「おお!どこでん好きに家探ししいや。そん代わり見つからなかったら、どう落とし前つけるんや!?」

もうチヌは海の上、道正は強気だ。
一足遅れて息を切らした巴が、番頭の後ろから顔を出す。

東陽楼のお職・巴の姿に野次馬は色めき立った。
次の瞬間、その場の誰もが目を疑った。

巴「千鳥はうちらの大事な朋輩です。
『白状』はウソかもしれん…けどそいしか手がかりがありまへん。
どうぞうちらに情けをかけてもらいまへんやろか」

 

――面子の気位が何より大事な、お職の土下座。

その姿に心動かされた西海楼の女郎たちは「確かにいた」「ずっと閉じ込められていた」と口々に叫ぶ。
そこへ、真苗と吉祥が宴から帰ってくる。

西海楼の女郎「そっ、そん人の命令やで!千鳥さん売っ払っちまおうって」
真苗「東陽楼のみなさんもご苦労なことだ、売女の言葉なぞ信じるなんて。ふざけた真似はなさらない方が…」
若水「それは君の方だ。辻堂真苗くん」

さらに若水が登場。
真苗に鉄拳をかまし、普段からは想像もつかない鬼の形相でチヌの行方を尋ねる若水。
そこには辻堂繁の秘書、室伏の姿もあった。
室伏は真苗に「この地から手を引け」と父の伝言を伝えた。

 

――若水は本気だった。

この数日で真苗のことを調べ上げ、汽車を貸し切ってまで東京まで出向き、真苗の父親に直接掛け合ったのだ。

真苗「あきれたな…!」
若水「どこだと聞いている!!」
吉祥「海の上ですよ、それ以上あたしの男をいたぶらないでくださいましな」

答えたのは吉祥だった。
一時ばかり前に小舟に乗せたから、もう港に着いてる頃だ。

津和部港で、外国船『レダ号』に乗せて、外地へ売り払う手筈だった…
吉祥は真苗の制止を無視して、つらつらとチヌの行方を語った。

それを聞いた若水はもう1発真苗を殴り飛ばして、馬に跨り港へと走り去っていった。

 

吉祥「ケンカを売るときはね、相手の力をよく見極めて、敵わないと分かったらさっさと逃げるんだよ。そりゃ”恥”じゃない。”兵法”さ」

ボコボコにされて倒れたままの真苗に、吉祥が相変わらず飄々とした顔で語りかける。

 

――

 

馬を走らせながら、若水は父との会話を思い出していた。
貴族院議員・辻堂繁に謁見できたのは、父の協力があってのことだった。

母が病に倒れ不自由な身になってからの方が、両親の仲は良好だ。
道楽者の父が、妻の療養のために大磯へ引っ越して、献身的に看ているらしい。
喪いそうになってはじめて、人はそのかけがえのなさに気づくものなのか――

 

――

 

宇和部港に着くと、既に後藤田がスタンバイしていた。
数ある船舶からレダ号を見つけようとするも、暗闇の中ではいちいち近付かないと確認できない。

やっとの思いでレダ号を見つけるも、その船は今まさに出航しようとしていた。
レダ号を追う後藤田の船を見送りながら、絶望に青ざめる若水。

 

???「…か」

振り向くと、そこには驚くべき人物がいた。

チヌ「わ…か、さま…?」

そこには、泳いできたらしきチヌの姿が――

U-NEXTで「声なきものの唄」の分冊版を無料で読む

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~【35話】の感想

ヒロイン絶体絶命と見せかけて、危ういところで助かるんでしょ?知ってるよ!
…と思いつつも、真苗が「海外に売っちまおう」と言った時の絶望感はハンパなかったです。

今回も吉祥さんが素敵でした。

「善悪どころか、案外損得ですら動いちゃいないからねぇ、世の中ってヤツは。好き嫌いってのが一番つよいもんねぇ」
「気を許せなきゃ悦べやしないのさ、女は」
「ケンカを売るときはね、相手の力をよく見極めて、敵わないと分かったらさっさと逃げるんだよ。そりゃ”恥”じゃない。”兵法”さ」←NEW

なんか吉祥さんのセリフだけで名言集ができそうですね…

まだ読んでない人は是非無料で読んでみてください!

まとめ

以上、「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~【35話】」のネタバレを紹介しました。

最新版はFODにて配信されている「ストーリーな女たちvol.40」で読むことができます。
最新話をイチ早く読みたい方にはFODがオススメです!

また、U-NEXTでは分冊版が15話まで単行本が9巻まで配信されています。
こちらは加入時すぐにポイントが手に入りますので「どんな話かな?」と数話読むのであればU-NEXTがオススメです。

実際に絵も交えて読むとなお面白い作品なので、是非、下記の記事で紹介している無料で好きな漫画を読む方法からお試しください!

サービスの内容を細かく紹介しています。

>>好きな漫画を無料で読む方法!<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です