彼女が侯爵邸に行った理由【第26話】のネタバレ・感想!

漫画「彼女が侯爵邸に行った理由」はWhale Milcha先生の作品です。

ノアに対して怒り出したレリアナはエンスリー卿が案内してくれた、使用人たちの控え室で堪能した後に、メイド姿になって、ノアの個人書斎に入ります。

高い位置に入っている本を親切に取ってくれた人物とは・・・!?

>>彼女が侯爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

彼女が侯爵邸に行った理由【第26話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

彼女が侯爵邸に行った理由【第26話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

彼女が侯爵邸に行った理由【第26話】のあらすじ

前回でメイドになりすましながら、邸宅内を歩き回るレリアナは、そのために使用人たちが自分を探し回っていることに気づき、ノアの個人書斎へと入ります。

本棚の高い段にある本を取ろうとして苦戦していると、聞き覚えのない男性の声がきこえて、取りたかった本を取ってくれます。

その男性は前回、ノアと会う約束で邸宅に訪れてきた、キース・ウエスタンバーグ伯爵でした!

彼もまた他の人物たちと同じく、小説の中に登場しており、ノアの片腕として優秀かつ人気も高く、レリアナも存在は知っていたものの、実際に会うのはこれが初めてであり、思わず緊張してしまいます。

 

一方、キースの方は彼女に取ってあげた本を見た途端に驚き・・・

キース「え?クリプト語が読めるんですか!?」

レリアナ「あっ、はい・・・」

キース「国内にクリプト語が読める女性がいたとは、実に驚きです!どなたから教わったのですか!?」

誰からも教わったわけでなく、あくまで独学で習得していたレリアナは、言葉を少し濁しながら、そのように答えます。

キース「それは本当ですか!?クリプト語を独学で習得されるなんて・・・そんな方、初めて聞きました!なぜ下女として働いているのですか!?学会にご興味などは!?」

 

驚きと同時に、いきなり手を握ってくるキースでしたが、すぐに我に返って、レリアナの手を離して、すぐにお詫びします。

キース「こ、これは失礼・・・」

レリアナ「いえ、大丈夫です」

二人がそんなやりとりをしている中で・・・

ノア「そんな身なりじゃ見つからないはずだ」

一気に青ざめるレリアナに対して、近づいてくるノア、彼はキースや使用人たちを欺いてきたレリアナの変装(コスプレでもあるけど)を一目見ただけで見抜いていました!

キース「公爵様!?」

レリアナを交えた三人による顔合わせは、これが初めてとなりましたが、それによるノアの反応と行動とは・・・!?

スポンサードリンク

彼女が侯爵邸に行った理由【第26話】のネタバレ

ノアの個人書斎の中で、本やクリプト語をきっかけに話し続けているレリアナとキースの間に入ってきたノアは、一目でレリアナの変装を見抜いて、彼女がかけている眼鏡を外します。

外されたレリアナの方もまた、奥の本棚の列へと逃げ出してから、ノアを罵倒します。

レリアナ「来ないで、この変態男!」

ノア「へん・・・たい!?」

身に覚えのないことを言われたノアは、冷静に説得を始めます。

 

ノア「何か誤解しているようだが・・・昨日の我々には何もなかった!」

レリアナ「え!?」

思いがけぬ弁解に戸惑いますが、さらに突っ込みを入れていきます。

レリアナ「でも、腰が痛くて・・・」

ノア「それは、そなたが馬の上で眠ってしまっていたから」

レリアナ「さっき、私からせがんだって・・・」

ノア「寝言でな」

レリアナの質問事項に対して、速やかに答え続いるノアが、やっと真実を話し始めます。

ノア「私はただ、そなたにゆっくり眠って欲しかっただけだ。邸宅の入り口からは私の部屋の方が近いからな」

レリアナ「じゃあ、なぜ始めから何もなかったと始めから正直に言わなかったんですか!?」

 

数秒間の沈黙の後・・・

ノア「すまない、騙すつもりはなかったんだ」

同じベッドにいた時とは違って素直に謝るノアに対しての意外性に固まってしまうレリアナ・・・

レリアナ「今、誤った?あのノアが!?これは夢?」

すぐに我に返って返って、本心なのか否か尋ねると、ノアの方も許してもらえると思う矢先に、今度はレリアナの悪だくみが始まりますが、その前にノアの方が彼女の手の甲に口先を近づけて、キス・・・ではなく、軽く噛みます。

ノア「許してくれるまで離さない」

 

久々に自分が優位に立てると思ったのに、予想外な行動に圧倒されて、仕方なく許すと同時に走って書斎から出て行くレリアナでしたが、彼の行動に圧倒されていたのは彼女だけでなく、二人のやりとりを見ていたキースもまた同じでした!

キース「何なのだ?今のは・・・あれが本当にノア!?変な薬でものんだんじゃ・・・?」

そんは思いを抱いてる中で、ノアから声をかけられたキースは直球で聞いてしまいます。

キース「まさか、マクミラン姫君に本気になられたとか・・・!?」

そして翌朝・・・邸宅内を華麗であると同時に歩き進める女性(この回では顔までは見えていません)が、いきなりレリアナの部屋のドアを開けてしまいます!

レリアナの方も就寝中であったものの、その行為に対して、びっくりしながら反応するのでした・・・。

>>彼女が侯爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

彼女が侯爵邸に行った理由【第26話】のみんなの感想

今回は良い意味でも、悪い意味でもノア様の魅力全開な回でしたね!

彼の予想外な行動に不信感を抱き始めてしまったキースですが、今後は彼も交えての三角関係に発展する可能性もありそうですね。

そして結末で、レリアナの部屋にいきなり押しかけてきたのは・・・舞踏会で挑発してきた、あの女性なのでは!?

次回はまたもや急展開になりそうな予感ですよね!

まとめ

「彼女が侯爵邸に行った理由【第26話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です