彼女が公爵邸に行った理由【第82話】のネタバレ・感想!

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」はWhale Milcha先生の作品です。

母親の主催によって開催されたティーパーティーが終わった後、レリアナは再びノアの邸宅へと戻っていきます・・・。

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

彼女が公爵邸に行った理由【第82話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

彼女が公爵邸に行った理由【第82話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

彼女が公爵邸に行った理由【第82話】のあらすじ

マクミラン家でのティーパーティーが終わると、ノアと共に馬車に乗って彼の邸宅へと戻っていきます。

先程までのパーティーによる疲れで馬車の中で眠ってレリアナは身体がよろけそうになりますが、ノアが支えてくれると同時に膝枕して安定した姿勢で休ませてくれたのです。

運転手にもゆっくり走るように指示を出しますが、そうして移動している間にレリアナが目を覚まします。

レリアナ「どういうこと?どれくらい寝てたんですか!?」

ノア「まあ、そんなに経ってない」

レリアナ「嘘じゃん!!」

彼女が馬車の中から外を見ると完全に真夜中となっていました。

 

「寝ている間にヨダレなどを垂らしていたのでは!?」と心配になってうろたえ始めるレリアナをノアが制止します。

ノア「それ以上はやめておいた方が良い。そなたが恥をかくことになる」

おまりの恥ずかしさに、顔面全体が赤くなって何も言えなくなり、顔を両手で覆い隠すレリアナに対して、ノアが再び声をかけてきますがら・・・!?

スポンサードリンク

彼女が公爵邸に行った理由【第82話】のネタバレ

馬車の中で眠ってしまったことを不覚に感じたレリアナは、あまりの恥ずかしさで顔全体を両手で隠しますが、ノアから再び声をかけられます。

レリアナ「からかわないで下さい!」

ノア「分かった。私が悪かった」

そして・・・

ノア「レリアナ、顔を上げてくれ」

彼女にとって寝入ってしまったことに加えて、こうしたことまで言われては更に恥ずかしくなってしまい、なおさら顔を上げることが出来なくなってしまいます。

そんなやりとりをしている内に、ノアの邸宅へと到着し、運転手がそう告げた途端にレリアナだけが速攻で出ていってしまいます。

 

少し離れた場所で深呼吸して気分を落ち着けてから邸宅へ入ると、多くのメイドや執事たちが頭を下げて出迎えてくれます。

そしてウィートン卿が数名もの使用人たちの間を走りながら近づいてきます!

ウィートン卿「姫君ー!!捨てないですよね!?」

レリアナ「何を!?」

ウィートン卿「その・・・色々なことをです」

レリアナ「色々なこと?」

レリアナの方は自分がマクミラン家に戻っていた時期、市場で会ったシャマル卿と一緒に歩いたことをウィートン卿から監視されていたことなど知る由もなく、彼が何を言いたいのか知る由もありません。

お互いの会話が噛み合わないまま、さらに後ろから来たテイラー卿により、ウィートン卿の後ろ襟をつかんで引っ張りながら去ってしまいます。

 

ウィートン卿の言い分を分からないまま、寝室に入ると、飾られているウィンナイトが妻の安泰を祈願した絵を眺めます。

レリアナ「私が直接経験してきたこと・・・やっぱり、こっちだ」

少しホッとした気持ちになりながら、その絵に手を伸ばします。

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

彼女が公爵邸に行った理由【第82話】のみんなの感想

占い師のことや母親が主催したティーパーティーなど色々とあったものの、束の間の帰省が終わってノアの邸宅に戻ったレリアナですが、彼女にとって今の本当の居場所はやはり、こちらの方になるのではないでしょうか?

帰省によって一息ついたところで、これからはまた解決できていない山積みの問題に立ち向かっていくのでしょうね・・・。

まとめ

「彼女が公爵邸に行った理由【第82話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です