彼女が侯爵邸に行った理由【第42話】のネタバレ・感想!

漫画「彼女が侯爵邸に行った理由」はWhale Milcha先生の作品です。

レリアナに強く迫ったノアですが、逆に投げ飛ばされて泉の中に落ちてしまいます。

ビショ濡れになってまでも、ついに自分の本心を明かすノアに対してレリアナは・・・!?

そして二人の気持ちがスッキリしないまま、聖火式が始まります。

>>彼女が侯爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

彼女が侯爵邸に行った理由【第42話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

彼女が侯爵邸に行った理由【第42話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

彼女が侯爵邸に行った理由【第42話】のあらすじ

レリアナに強く迫ったノアですが、逆に投げ飛ばされて泉の中に落ちてしまいます。

思わぬ反応と出来事に、言葉も出せないノアはレリアナから責められ始めます!

レリアナ「ここが何処だか、お分かりですか?」

自分たちが今は浄化の寝室におり、許可された者しか立ち入ることができない場所であることは、ノアも理解していましたが自分で自分自身を抑えきれなくなっていたのです。

レリアナ「なぜ、そんに怒っているのですか?私が本当のことを話さないから!?」

レリアナも厳しくノアに聞きますが、彼女もまたこんなことになってしまった原因は自分にもあることを分かってはいました。

元々は、ノアとの婚約は自分の生命を守るための契約上のものでしかなく、彼が信じてくれないことは百も承知でした。

そんな状況の中でノアが立ち上がると同時にレリアナの方に手を差し伸べて謝罪してきます。

ノア「悪かった・・・私はただ、そなたを失くしてしまうかと思ったら・・・おかしくなりそうだったんだ」

レリアナ「それは、どういう・・・」

思いがけぬ一言に動揺しますが、その意味を教えてもらえぬまま去ってしまいます。

 

翌日、お互いに心に引っかかりを持ちながらも聖火式を迎えますが・・・!?

スポンサードリンク

彼女が侯爵邸に行った理由【第42話】のネタバレ

ノアとギクシャクした関係のまま、聖火式を迎えることになってしまったレリアナですが、彼も含めた大勢が見守る中で、あくまでも平常心を貫こうとします。

階段を上がる途中で初めて見るはずの女神像に妙な懐かしさを感じてしまいますが、その上がりきった頂上にはら青年の姿に変わったままのヒーカー大神官が待ち構えていました!

ヒーカー大神官「私はお前のおじいちゃんだ。さあ呼んでみろ!」

頭を下げるレリアナの頭部を軽くさすりながら命じてきます。

レリアナ「恐れ入ります。おじい・・・ちゃん」

命令に応じた後は聖火を灯し、聖火式は無事に終了します。

 

そしてレリアナたちは神殿を後にして帰ろうとする中で・・・

ウェード「なりません!一緒に首都についていくとは、どういうおつもりですか!?

ヒーカー大神官「私の権限で開けたゲートだと言うのに、行き先すら私の意思で決めることができないのか!?」

ウェード「当たり前じゃないですか!絶対になりません!!」

そんな二人のやり取りを見ているレリアナは・・・

レリアナ「ありがとうございます、首席神官様・・・」

色々あったものの、内心ではささやかにお礼を言います。

>>彼女が侯爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

彼女が侯爵邸に行った理由【第42話】のみんなの感想

ノアからの思わぬレリアナへの想いを聞いて驚いたのは彼女だけでなく、読者もまた同じだったのでは、ないでしょうか!?

ヒーカー大神官のわがままさには参らされたものの、彼のおかげでレリアナも生命の危機を脱したのだから、捨てたものではありませんね!!

まとめ

「彼女が侯爵邸に行った理由【第42話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です