光と影【第92話】傍にいなくてものネタバレ・感想!

漫画「光と影」は原作 RYU 先生、漫画 ひおん先生の作品です。

ウィリアム子爵邸宅の女中、 エドナは子爵の娘、アナの代わりに戦争英雄だが、 平民出身の貴族であるイーライと結婚させられる。

しかし、その嘘はすぐにバレ、エドナは生き残るため イーライに立ち向かうことになる。

そんなエドナの姿にイーライも興味を持つようになるが…。

>>「光と影」のネタバレ一覧はこちら!

光と影【第92話】傍にいなくてものあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

光と影のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

光と影【第92話】傍にいなくてものあらすじ

キアンとイーライは予想よりも敵の数が多いことに気づき、これからの戦略について話しています。

伯爵軍はどう見ても、手を抜いている気がするのです。

イーライ「時間を稼いで、一体何を企んでいるんだ?」

ここでケイドンからの手紙が届きました。

その内容は、戦争が始まってしまっていたことや、伯爵が立ち上がったにも関わらず、ベアワールドに何の動きもないことが気になるというものです。

そして一族の軍隊が来てくれるので、宮殿のことは気にしなくても大丈夫であることと、イーライは伯爵の打倒に集中して欲しいと書かれていました。

ベアワールドに何の動きもないということが引っかかるイーライ。

キアン「おかしいですね、俺たちの予想が外れたのでしょうか?」

イーライ「そうかもしれないな。・・・だが、状況から見て奴らが結託したのは間違いない」

自分の勘がそう言っていると自信満々ですが、キアンは少し呆れています。

いずれにせよ、伯爵とベアワールドが結託したことに確信はあり、それはキアンとエドナも同じなのです。

敵が何を企んでいるのかがまだわからず、キアンはもう少し様子を見ようかと提案しましたが、イーライは企みが何であれ早く止めなければならないと考えているのです。

イーライ「総攻撃を仕掛ける。塞ぐならぶっ壊して前進するだけだ」

「虐殺鬼と呼ばれた部隊の恐ろしさを教えてやれ」

スポンサードリンク

光と影【第92話】傍にいなくてものネタバレ

リアは身重でありながら、仕事をしていました。

そのことに気づいていた同僚は、もう一人の身体じゃないんだから休み休みやって欲しいとお願いします。

まだあまりそのことを人に言っていなかったリアは、もうそんなに噂になっているのか聞きました。

すると人の健康に気を使う仕事だからと、同僚の間でだけ話が回っていることを伝えます。

リア「私の事は心配しないで。自分の体調管理もできないほど、バカじゃないから」

そう元気に答えるリアですが、本当はじっとしていられず動いている方が気持ちが楽だということを打ち明けました。

そして兵士たちはみんなリトレルの同僚なので、守りたい気持ちもあるのです。

「・・・怪我人が多いですね。これからまたどれくらいの人が傷を負うのでしょうか」

同僚はちょっと怖いと感じており、百戦錬磨のイーライであっても何があるかわからないと思ってしまいます。

エドナも一緒であれば安心なのに・・・その話を聞いていると、リアはあることを思い出しました。

 

先日のこと、エドナが戦場に向かう馬車に隠れていたのです。

そのことに気づいたリアは、エドナの健康管理をしてる立場として止めようと必死になりますが、エドナに口を塞がれてバレちゃうからと抑え込まれてしまいました。

リア「・・・バレてはいけないことをしなければいいのでは・・・」

エドナ「私が聞いた話では、まだ投石機の建造が終わってないって・・・」

だったら自分もなにか役に立ちたいと思い、見に行くために馬車に乗っていたのでした。

リア「もちろん奥様なら役に立たれるでしょう。でも、わざわざあんな危ない現場に行かなくても」

「領主様もいますし、ウェストフィールドが負けるようなことはないと思いますが・・・」

エドナ「ん・・・私もイーライの実力は信じているけどね」

伯爵の領地はこちらとは違って荒れたことがなく、武器等は丈夫なものを使ってるはずでだと考えています。

その武器で正面から攻撃を受けると押し負け、必ず野原で無事に終わらせたいと思っているのです。

そのためには投石機がカギになるはずだと、自身を持ってエドナが話します。

エドナ「お願いリア!イーライには言わないでぇぇ!」

そんな状況でしたので、投石機が直ったら帰ってくると言う約束で戦場へ行かせました。

 

 

そんなエドナを思い出し、3年前と驚くほど変わっていないとリアは感じました。

リア「私達は必ず勝つから」

イーライの傍にエドナはいる。

だから怖くなんかないと、言葉に力を込めました。

>>「光と影」のネタバレ一覧はこちら!

光と影【第92話】傍にいなくてものみんなの感想

ついに始まってしまいました・・・。

そして伯爵だけが動いており、ベアワールドが何も動いていないと言うのは不思議ですよね。

結託しているのであれば、なにか必ず動きがあると思いますが・・・

これがイーライの不利になる状況を招かないことを願っています!

そしてエドナは戦場にいるんですね!!(笑)

少しでもいいから力になりたい。その気持ちが強く出たのでしょう。

イーライは気づいていないでしょうが、これが勝つための力になるといいなと思います!

まとめ

以上、「光と影」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2018年12月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です