腹黒美人地獄~美容系キラキラ女子の闇~【前編】のネタバレ・感想!

漫画「腹黒美人地獄~美容系キラキラ女子の闇~」は黒田しのぶ先生の作品です。

★概要★
主人公の彩はヘアサロンで働くキラキラ女子。
SNSでは有名フォトグラマーで、ヘアサロンはいつも彩目当ての客でいっぱい。

家は裕福で毎月20万円の仕送りをもらっていると公言し、ことあるごとにリッチな生活を見せつける。
が、実態は電気ガス水道の止まったボロアパートで生活し、ファッションヘルスでバイトしてる見栄っ張りド底辺女子である。

ある日ヘルスから帰宅するところ、身なりのいいイケメンにナンパされる。
輿に乗ろうと意気込む彩だが――!?

 

ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

>>U-NEXTで「ストーリーな女たち」を無料で読む!<<

腹黒美人地獄~美容系キラキラ女子の闇~【前編】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

腹黒美人地獄~美容系キラキラ女子の闇~【前編】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

腹黒美人地獄~美容系キラキラ女子の闇~【前編】のあらすじ

主人公の新里彩は、東京南青山のヘアサロンで働いている。
SNSでは有名フォトグラマーで、アシスタントの身分ながらスタイリストよりファンが多い。
今はシャンプーしか任されてないけど、それでも彩のシフトは予約でいっぱい。

 

毎月実家から20万円の仕送りがあると公言し、今夜は営業後も練習に精を出すみんなに高級デリバリーでディナーをごちそうした。
同僚でアシスタントの優子は、真面目ぶってちっとも媚びてこないから嫌い。

 

…なに?なぜこんなお嬢様が美容師をやってるかって?
親も兄弟もクリエイティブな人間だし、美容師目指そうって思うのは自然な流れだったかなぁ。

 

今夜は遅くなっちゃったから、とタクシーに乗り込む彩を見送りながら、サロンスタッフたちは彼女のキラキラっぷりを羨んだ。
それがすべてハリボテだとも知らずに。

 

スポンサードリンク

腹黒美人地獄~美容系キラキラ女子の闇~【前編】のネタバレ

SNSや職場ではキラキラ女子を演じている彩だが、現実は悲惨だ。

 

みんなの前で見栄を張って乗ったタクシーは初乗り運賃で降りて、満員電車で帰宅。
ブランド品はフリマアプリで格安で入手。
「母が病気で~安くしてください」だとか、みっともない値切りも平気でやる。

 

住処は表参道駅から2時間、さらに最寄り駅から徒歩20分のボロアパート。
郵便受けには請求書がギッチリ、電気もガスも止められている。
美人で通っている顔も、メイクを落とせば眉なしシミだらけ三白眼で全然美人ではない。

 

なぜ彩は美容師になったかというと。
独立したり芸能人のヘアメイクになったり…うまくいけばタレントになったりと、チャンスに恵まれているから。
南青山のサロンなら著名人と知り合って玉の輿に乗ることもできる。

 

切実な話、キラキラ女子でいるには金がかかる。
だから副業は禁止されているけど、ファッションヘルスで働いている。

 

今日もヘルスでの仕事を終えて帰路に着くと、身なりのいいイケメンにナンパされた。
彼は篠原拓也といい、経営者だという。
この男を落とせば、完璧な彼氏・金…そしてみんなの注目を得られる。
彩はまんまと食いつき、そのまま拓也とともに夜のホテル街へ向かった。

 

――

 

翌朝の朝礼にて、彩はショックを受けた。
今度のヘアショーのメンバーに、優子が抜擢されたのだ。

 

彩(はぁ!?何?ヘアショー?そんな話聞いてない、てかなんで私じゃなくて優子!?)

 

彩は金欠のためヘルスのシフトを入れまくってたから、営業後の練習がおろそかになっていた。
それでコツコツと努力している優子に先を越されてしまったのだ。

 

――

 

営業後

 

彩「優子ちゃん、ヘアショーのアシスタントおめでとう。自分のことのように嬉しいよ」

 

巻き返しをはかろうと練習に参加した彩は、渦巻く嫉妬をおくびにも出さず優子をねぎらった。

 

優子「ありがとう彩ちゃん。でも今月もお金ピンチなんだよね…勉強するために切り詰めなきゃ。ヘアショーの服もどうにかしないと」
彩「お金がないなら親に頼ればいいじゃない」

 

困った顔で微笑みながら答える優子。

 

優子「うちの家、お金ないのに専門学校に通わせてくれて…それだけでも感謝してもしきれない。彩ちゃんの家はいくらでも援助してくれて羨ましいな~」
彩「へーそっかーえらいねー」

 

は?これって私を下げてる?
うちの家も金くれねーから私は体で稼いでるよ!

 

ここでアクシデントが発生。
優子がカットした髪で足を滑らせ、彩の方に転んでしまった。
悪いことに優子はハサミを持っていて、彩の腕にかすり傷を負わせてしまう。
その刹那、彩は閃いた。優子を陥れるアイディアを。

 

優子「あ、彩ちゃん…ごめんね…」
彩「イターイ!優子ちゃんが切りつけてきた!!」

 

優子に弁解の余地を与えず、迫真の演技でスタイリストたちに泣きつく彩。
まるで貧乏育ちの優子が、裕福な彩を妬んで切りつけてきたかのように脚色し、はらはらと涙を零した。

心当たりのないことを吹聴されうろたえる優子。
優子に軽蔑の眼差しを向けるスタイリストたち。
こうして彩は優子を陥れ、ヘアショーアシスタントの座を奪い取った。

 

――

 

彩(さてと…目障りな優子も消せたことだし…あとは拓也を落とすのみ!)

 

彩は拓也と、高層ホテルで祝杯を挙げた。

 

拓也「俺、将来的には奥さんにも仕事で活躍してほしいんだ」
彩(拓也も結婚を意識してる、いいぞいいぞ)

 

玉の輿に乗ったら洋服のブランドをワンランク挙げよう。
空いた時間で美容コンサルタントをやってもいいし。
優子みたいな努力する女より、私みたいにチャンスをものにできる女が幸せになれるのよ――

着信が入って席を立つ拓也。
自分の未来は明るいと信じて疑わず、優雅にワイングラスを傾ける彩。

 

拓也「こっちは順調です社長。
自分が一番かわいいと思っていて、世の中をなめまくってる尻軽バカ女…
撮れ高期待しててください!これでガッツリ稼いでやりますよ」

 

>>U-NEXTで「ストーリーな女たち」を無料で読む!<<

腹黒美人地獄~美容系キラキラ女子の闇~【前編】の感想

なんか彩みたいなやつ知ってるなぁ、ゴミプの明日香とかサヤとかまみりことか、「醜い私があなたになるまで」のAYAとか…超デジャヴ。
彩が進化するとAYAになって、気に入らないやつをいびり倒したりするわけですね、おーこわ。

美容院で働いてヘルスで働いて、その体力と気力がすごいなと思いました。
そのバイタリティを承認欲求でなく、もっと別の方向に使えねーのか…

それからメイクとすっぴんの落差が笑えるので、皆様にもぜひ読んでいただきたいです(笑)
同作者の「ブサ子チャンネル」じゃないけど、それこそサギメイクのYouTubeになればいいと思うんだけどなぁこいつ。

まとめ

以上、「腹黒美人地獄~美容系キラキラ女子の闇~【前編】」のネタバレを紹介しました。

こちらは「ストーリーな女たちブラック」で連載されています!
実際に絵も交えて読むとなお面白い作品なので、是非、下記の記事で紹介している無料で好きな漫画を読む方法からお試しください!

サービスの内容を細かく紹介しています。

>>好きな漫画を無料で読む方法!<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です