DEAR  BOYS ACT4【第16話】のネタバレ・感想!

漫画「DEAR  BOYS ACT4」は八神ひろき先生の作品です。

ついに神奈川県でもインターハイ予選が始まり、シード校である布施や佳樹たち湘南台相模は3回戦目が初戦となります。

三年生たちの猛攻によってアッサリ勝利するものの、この後から思いがけぬ展開が続いていくのです!

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

>>「DEAR  BOYS」の単行本を無料で読む方法

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
今すぐU-NEXTで「DEAR  BOYS」を無料で読む

DEAR  BOYS ACT4【第16話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

タイトル名のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

DEAR  BOYS ACT4【第16話】のあらすじ

初戦のスターティングメンバーは布施たち三年生4人と青山のメンツで始まりますが、試合開始早々から布施たち三年生のシュートやダンクが決まり続けて圧倒していきます!

しかしベンチから見ている佳樹も察したのですが、湘南台相模の強さの真骨頂は彼らの爆発的な攻撃力ではなく、実は青山のしつこすぎるディフェンスにあったのです!

以前のPG(ポイントガード)選抜戦で柏木すらも苦戦させたディフェンスは試合でも見事に通じて、相手の動きを完全に封じてしまいます。

そして、対戦相手である桜ヶ丘高校の得点をたった27点に抑えての圧勝で初戦を突破してしまいますが、一度もメンバーチェンジがなかったため、柏木や佳樹の出番は全くありませんでした・・・。

そんな二人に輪島監督が声をかけ、青山は一般入試で入り、誰よりも練習を続けてきた苦労人であることを明かします。

輪島監督「だがな、柏木・・・諦めることなく準備は怠るな、布施は本気でお前の力を期待しているぞ!森もだ」

青山のことで驚く二人に厳しいながらもエールを送ってくれたのです。

そして予選は早くも三回戦は全て終了し、あと一試合勝ったチームが決勝リーグに出場できるところまで進みましたが翌日の四回戦目で思いがけぬ展開を迎えます!

スポンサードリンク

DEAR  BOYS ACT4【第16話】のネタバレ

インターハイ予選も四回戦目まで進みますが、その時に思いがけぬ結果を迎えてしまうのです!

観客たち「マジか?本牧東が決勝リーグに進出できないなんて!」

新キャプテンとなった梅田の攻撃力も及ばず、本牧東は対戦相手である真崎中央に敗れてしまったのです!

試合終了直後にショックで動けなくなってしまったのは梅田だけでなく、応援に来てくれた前キャプテンの保科さえも驚愕により、言葉すら出せなくなってしまいます。

 

 

ちなみに本牧東をやぶった真崎中央の選手たちは少しガラが悪く、2年生の夏目は自分たちが本牧東に勝利したことに対して驚く観客たちを罵倒し始めてしまいます。

そんな彼の頭を下げながら静止させるキャプテンの三枝が丁寧な言葉で軽く謝罪しますが、彼もまた金髪であり、あまり爽やかな印象ではありませんでした。

 

 

その結果に驚き、慌てながら控え室に入っていく佳樹ですが・・・

布施「それがどうした?どこが勝ち上がってこようが関係ない。うちのバスケをやるだけだ」

全く驚かず、あくまでも冷静な布施たちに唖然とする佳樹ですが、逆に彼の方が驚ろかされる言葉が待っていたのです!

彼らの今度の対戦チームは聖エルモア学園なのですが・・・

布施「四回戦目はスタートからBチームで行くぞ!」

驚く間もなく試合の時間となり、佳樹は一緒にコートに立つ柏木から「腹をくくれ」と忠告されます。

 

しかし、コートに立つと思いがけない人物との・・・あまり嬉しくはない再会を果たしてしまいます。

対戦チームの男「お前、あん時の森ぞーじゃないの!?忘れたとは言わせないぜ!」

ヘラヘラしながら声をかけてくるのですが、彼は以前、司や京凌駕との共闘による3 on 3で打ち負かしたガラの悪い男だったのです!

世良先輩「試合前だ、私語は慎め!」

そう注意しながら制止してくれるのですが、二人の関係や因縁は知らないものの全力で叩き潰すと宣戦布告してきます。

 

今度は佳樹たちと同じBチームとして出場している二年生が腹を立てながら突っかかってしまい、早くも波乱の幕開けで試合開始のホイッスルが鳴るのです・・・。

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
今すぐU-NEXTで「DEAR  BOYS」を無料で読む

DEAR  BOYS ACT4【第16話】の感想

保科たちが卒業して主力メンバーが完全に変わったとはいえ、あの本牧東が決勝リーグにも参加できずに負けてしまった展開はかなりショックが大きいですよね・・・。

そんな衝撃がおさまらない中でスタメン出場した佳樹なのに、対戦チームの中に因縁深いガラの悪い男がメンバーだったなんて・・・「悪い時には悪い方が重なる」とはよく言われますが、今回はまさにそれがピッタリな回でしたね。

まとめ

以上、「DEAR  BOYS ACT4【第16話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

下記のページで漫画を無料で読む方法を紹介しています。

前作までのDEAR  BOYSはU-NEXTmusic.jpFODで配信されていましたので、詳しくサービス内容を次の記事で紹介していますので、合わせてご覧になって見てください。

※ACT4に関しては2018年10月現在で連載が開始されたばかりなので、単行本はまだ発売されていませんでした。

>>「DEAR  BOYS」の単行本を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です