中年卍【第3話】ストレスがマッハのネタバレ・感想!

「中年卍」は、ルネッサンス吉田先生の作品です。

人間には多かれ少なかれ危険察知を感じる感覚が備わっています。

自分にとって損害にあたる事象は違和感や嫌悪感となって感覚に引っかかるのです。

危機回避能力に長けている人は察知してから回避までに要する時間が短くなるでしょう。

臆病が正解です。

すぐ逃げます。

すぐ回避します。

ビビる人ほど生き残る可能性が高くなります。

自分の平穏を守る為に危険察知センサーを意識してみましょう。

▼Amazonアカウントで1ヶ月無料&最大1300P▼
FODで「中年卍」を無料で読む

中年卍のあらすじ・ネタバレ

以下、中年卍のネタバレをご紹介しますので、ご注意ください。

中年卍【第3話】ストレスがマッハのあらすじ

野矢正蔵(54歳)

朝起きて、顔を洗い、鏡に映った自分はやる気のない顔だ…

仕事へ行きたくない…

正確には職場に行きたくない。

なぜならば、職場には悪魔がいる…

 

学校女子トイレにて3人で女子トーク。

「彼氏が浮気をしている…気配がする」

「は?また?」

浮気はされる方が悪い。

浮気をするような相手を選ぶのも悪い。

北園 (校務員のおじさん…は、絶対大丈夫。ナイスチョイス私。)

浮気されたであろう友達は悩み迷っている…

別れた方がいいという助言に対しても?

まだ好きかも…うーん…多分…

自分でもどうなのかわからないのか、曖昧な答えだ。

その点、北園は、自分が好きとか嫌いとかはどうでもいい。好きにさせなきゃ意味ないという考えで行動している。

エアストーカーを駆使して、もう少しで校務員おじさんは落ちる…はず…

 

その頃おじさんは何度も謝っていた。

ついにクッキーを食べずに捨ててしまったのだ。

うかつに学生と関わってしまうと…

サボ太郎「事案になるよ」

是が非でもそれは避けたい…

平穏な日々が消し飛んでしまう。

 

午前中は生徒は授業があるので絡まれることはない。

安心できて最高だ。

お昼休みに弁当を食べていると、

北園「おじさん、来ちゃった」

ひっ!

クッキーを、食べた感想を聞きに来たのだ。

どうしよう…

まず謝った。

同僚が食べてしまったという事にしてしまった…

捨ててしまったなどとは口が裂けても言えない…

北園さんはショックを受けていたようだ…

ただひたすらに謝った…

北園「わかった、また作ってくるから今度は食べてね。」

うわー…まじかー…

北園「あとね、相談に乗って欲しいことがあるの。」

野矢「………..」

北園「ある…の。聞いてる?おじさん。」

ここで相談に乗ると、いい人と認識されて、なつかれて、困る…

相談を断ると、人でなし、いやがらせ、困る…

どちらにしろ困るなら人として聞いてあげよう。

野矢「なんだい?」

内容はこうだ。この前別れた彼がしつこくつきまとう、何十件もメール、家の前に何時間も立ってたり、SNSである事ない事綴ったり

…でもこれがみんなに広まったら彼が可哀想だから、おじさんと2人だけの秘密にしてね…と。

スポンサードリンク

中年卍【第3話】ストレスがマッハのネタバレ

これが噂のエアストーカーである!

実在しないストーカーをでっち上げ、その対処を相談しつつ相手の心に付け入る技である。

その1.目を見て話す。

その2.秘密を共有する。

その3.弱みを見せる。

さらに、涙目&上目遣い&ボディタッチ。

こんなこと相談出来るのはおじさんしか思いつかなかったと畳みかけてくる!

目を…目を合わせたら終わりだ…

絶対に合わせない…!!!

 

さらにさらに、放課後一緒に対策を考えて欲しいと迫ってくる…

はかなげな声で守りたくなるような音声だ…

北園「放課後、学食の裏で待ってるね…待ってる…ね」

 

沈黙でやり過ごす事に決めた野矢さん。

行かないのはバレバレだが…一度は乗りかかった船…から降りる勇気…

台風の日に畑を見に行かない勇気…

その勇気を振り絞った結果、また草むしりをしている。

ジャージ女子も何故かまた居る…またサボりの罰なのだろう。

ジャージ女子「やりますね、おじさん。理子の必殺技エアストーカーで死ななかった男性は少ないです。」

必殺…?必ず…殺す…?

その殺傷能力から自ら罠にはまりに行く男もいるほどだ。

そう、人の善意を利用するとてつもなくエゲツない技だ…最悪だ…

ジャージ女子「無事で良かったです。用心深く賢明でした。」

確かに自分でもそう思っていた。

目も合わせないほどの用心深さは自画自賛しても良いくらいだろう。

台風の日に船の様子を見に行かない賢明さ。

野矢さんから見て北園さんはまるでメデューサである。

目を合わせると石になってしまう魔物である。

ジャージ女子「おじさんっ」

呼ばれたので返事と共にジャージ女子の方を見る。

…???

私とは目を合わせてくれると少し嬉しそうなジャージ女子。

言われてみればそうだ。

何故だろう?

なぜ?なぜなんだ?

 

したり顔で、もうすぐおじさんの邪悪な核が見れる気がすると言う。

言うこと言ったら帰る支度をしだす。

ジャージ女子「おじさんっ!楽しみにしてますね!」

▼Amazonアカウントで1ヶ月無料&最大1300P▼
FODで「中年卍」を無料で読む

中年卍【第3話】ストレスがマッハの考察

職場へ行きたくないと少し鬱気味な野矢さん。

あからさまな罠を仕掛けてくる学生が悪魔に見えている。

恐ろしい…けど、クッキーを捨てる事で自分は罠に屈しないという気持ちの表れだろう。

悪魔に見える北園さんは、自分の気持ちより相手の気持ちをコントロールする事を重視している。

自分がどう思われたいかが第一優先ということだ。

必勝のエアストーカーで罠を張り巡らせる北園さんと、その罠にハマらないように危機回避し続ける野矢さんのやり取りが掛け合いになっていて少し癖になりそうな展開が繰り広げられているので続きに期待です。

中年卍【第3話】ストレスがマッハの感想

現代版の恐怖が自分に降りかかり、逃げ出したい衝動が手に取るようにわかります。

どうしたら悪魔北園から逃れられるのかだけを考える日々。

自分で考えた回避方法が正しかった、共感が得られたときの安堵感は何事にも変えられないですね。

北園さんは理解しようとしない方がいいのかな?その方が楽しめそうですね。

そして、ジャージ女子の考えてることがイマイチぴんと来ない。

実は北園さんとグルなのでは?それとも対立勢力なのか?

名前さえ明かしてないので、どういう役回りになるのか楽しみです。

まとめ

以上、中年卍のネタバレをご紹介しました。

中年卍は、U-NEXT、FOD、music.jpといった電子書籍にて配信中です。

その中でもFODmusic.jpではポイントを使えば無料で読むことも可能です。

好きな漫画を無料で読む方法についてはこちらにまとめていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

\無料期間と無料ポイントを使って好きな漫画が読める!/

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です