僕らのジャムは甘くないを無料で読む方法とネタバレ感想まとめ!

漫画「僕らのジャムは甘くない」は龍本みお先生の作品です。

水野紗和は目立たず騒がず地味~な高校生活を送る16歳。

そんな彼女の通う高校では軽音部メンバーによるバンド「Blue-Burst」が大人気!

もちろん紗和とバンドメンバーは何の接点もない高校生活を送っていた。

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

今すぐネタバレを読みたい方は”こちら”からジャンプしてください!

僕らのジャムは甘くないの漫画全話を無料で読む方法

現在、電子書籍のサービスはかなり普及している状態です。

  • 場所を取らない
  • いつでも買える
  • いつでも読める

という理由からユーザー数が増えています。

電子書籍でも価格自体は紙媒体とほとんど変わりません。

なので、無料で読めるサービスが重宝します!

FODで僕らのジャムは甘くないの漫画を無料で読む

FODでは僕らのジャムは甘くないを無料で読めます。

FODプレミアムは通常月額888円かかりますが、Amazonアカウントを使って登録すると1ヶ月間無料になります!

さらに1ヶ月で1300ポイントを無料で集めることが可能です。

このポイントを使って「僕らのジャムは甘くないを無料で読むことができます。

1巻あたり400ポイントなので無料で読めますね!

さらにプレミアム会員は20%のポイント還元もあるのでさらにお得になりますね。

動画配信としても有名で見放題作品が多数ありますので合わせてお楽しみください!

Amazonアカウントをお持ちでない方でも無料で作れますよ。

↓Amazonアカウントで1ヶ月間無料↓
FODで僕らのジャムは甘くないを無料で読む

music.jpで僕らのジャムは甘くないの漫画を無料で読む

music.jpは音楽アプリで人気がありましたが、現在は動画・電子書籍にも力を入れていて、「僕らのジャムは甘くない」も配信しています。

こちらは30日間の無料期間と961ポイントに加え、動画1500ポイントが付与される超お得なサービスです!

他のサイトからはこのキャンペーンを受けられませんし、いつまで続くかわかない特典です。

1巻あたり432円なので、このポイントを使えばすぐに「僕らのジャムは甘くない」が無料で読めますね!

↓30日間無料&961ポイント&動画1500ポイント↓

music.jpで僕らのジャムは甘くないを無料で読む

その他のおすすめの電子書籍サービス

上記以外のサービスでも無料で読めたり、お得なサービスがありますのでご紹介します。

読みたい漫画を検索してみてあれば登録してお得に読んでみてください!

U-NEXTで漫画を無料で読む

U-NEXTも動画配信サービスで有名ですが、電子書籍も豊富に取り扱っています。

U-NEXTは月額1990円ですが、1ヶ月間無料トライアルがあります!

さらに、無料登録でも600ポイントもらえるのですぐに単行本1冊が無料で読めます!

税込600円以内の作品が無料で読めるので、気になる作品を厳選してみてください。

雑誌の読み放題もあるので合わせてお得にご利用ください!

1ヶ月間以内に解約すれば料金は一切かかりません。

U-NEXTで漫画を無料読み

僕らのジャムは甘くないの基本・関連情報

僕らのジャムは甘くないは2018年7月1日に発売になりました。

FODでは他にもこんな作品が読まれていて、サービスのコスパの良さから継続して利用している人も増えています!

なので、「僕らのジャムは甘くない」を読んだ人が他に読んだ漫画も紹介します。

 

FODの電子書籍は他の電子書籍サービスと比べてかなりお得です。

動画配信サービスに力を入れているので配布ポイント量が多いのと、ポイント還元が優秀なので常に他よりもお得に漫画を購入することができますね!

僕らのジャムは甘くないのあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

僕らのジャムは甘くないのあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

僕らのジャムは甘くないのあらすじ

紗和は冴えない女子高生。

お昼御飯を食べていると、女子たちの黄色い声援が響き渡り窓の外を見ました。

どうやら、BlueBurstと呼ばれる軽音部のメンバーたちに群がっているようです。

 

BlueBurstは誰かがネットに上げた動画がきっかけで、アマチュアながらその人気は全国国なりつつあるのです。

 

友人「同じクラスの人が羨ましい」

友人「何かの撮影があるって洸一がSNSでつぶやいてたよ」

黄色い声援に応えていた洸一が、こちらに視線を向け、3人は慌てて隠れます。

友人「ヤバいヤバいこっち向いたよね!?」

友人「舞が大きな声出すからっ」

「ね 紗和は四人のうち誰が一番好き?私はやっぱり洸一かなぁ」

紗和(みんな…ゴメン私実はイケメンが大の苦手です)

(でも私がこんな風に思うのには理由がある)

 

自宅に帰りつき玄関を開けると、先程黄色い声援を浴びていた洸一が「てめー学校で俺と目ぇ合わせてんじゃねーよ!」とキレています。

紗和(出た 怖っ)

洸一「お前みたいな根暗メガネと双子だなんてバレたら俺のイメージに傷が付くんだよっ」

 

目を合わせた代わりに、土曜日の補習に出るように指示された紗和。

洸一は、幼い頃ピアノ教室とサッカーボールを持って公園へいくのを、入れ替わりゲームと称して行っていたことを例に挙げ、あの時は一週間バレなかったんだから大丈夫だと言います。

 

サッカーボールを持って公園へ向かった紗和は、ケンタと呼ばれる男の子と仲良くなりました。

ケンタは夏休み中におばあちゃん家に泊まりに来ていて、毎日サッカーをしたりセミを捕ったりしていましたが、洸一にそのことが知られてしまい、入れ替わりゲームの終わりを宣言されてしまいました。

公園のフェンスごしに、ケンタと洸一がサッカーする様子をみて、昨日まであそこで遊んでいたのは私なのにと思いながらも、紗和として話しかける勇気もなく、楽しい思い出と苦い記憶だけが残りました。

 

あの頃のことを思い出して、黙りこんでいると洸一が「あの時のアイツ今同じ学校だって知ってた?」と一枚の記事を見せ、BlueBurstのギター、森田健太郎を指さします。

紗和(今まで興味なくてちゃんと見た事無かったけど 確かに面影あるような…)

洸一「うそだと思ったら自分で確かめてみたら?どう?やる気になった?」

スポンサードリンク

僕らのジャムは甘くないのネタバレ

指示どおりに補習をこなしたつもりの紗和でしたが、補習後健太郎に呼び出されてしまいます。

紗和の手を取ると、「俺さギター始めてから人の手よく見るようになったんだ 似てるけどこの手は洸一の手じゃない」「お前…誰だ…!?」と詰め寄られてしまいました。

必死に誤魔化そうとしますが、あっさりとバレてしまい事の真相を伝えます。

バレたことが洸一に知れたらまた、鬼の形相で怒られてしまうと、洸一に電話しようとする健太郎を説得し、黙っていてもらえることになったのでした。

 

翌日の部室。

おぼつかない演奏をする洸一に、演奏が中断してしまいます。

「まぁ俺はボーカルとルックス担当ってコトで…」と言って引く所を減らすように、健太郎にお願いします。

健太郎「お前まだ読モ続けてるのか?」

洸一「ん?まぁね っていうかやめる気ないよ 露出増えれば顔も売れるしバンドとしてもメリット大きいでしょ」

健太郎「それでギターの練習する時間がなくなっても?出席日数だってお前が一番ヤバいだろ」

「前にも言ったけど俺はバンドとして音楽で頑張っていきたい」

「正直今のお前とは一緒にやっていける気がしない」

仲間が必死にフォローして、二人を仲直りさせようと試みますが、洸一は補習の時紗和が何かやらかしたんだろうとイライラが止まりません。

洸一「あ――分かったもういいわ やめてやるよこんなバンド お前らもういらねーわ」

文化祭まで時間の無いこの時期に、洸一に抜けられて焦るメンバーたち。

健太郎はついカッとしてしまったことを詫びて、とにかく明日までは様子を見てみようとなるのでした。

 

 

翌日紗和は、波瑠と陽介が洸一と中庭で話しているのを見てしまいます。

「俺はもうバンドに戻る気はねーよ」と言っている洸一に驚く紗和。

紗和(洸一が素を出してる…バンドやめるの?どうして?文化祭とライブは?あんなに真剣に曲作ってたのに――…)

頭に浮かんだのは、健太郎のことでした。

 

もう一度説得すると、洸一を探して歩いていた健太郎は、紗和とすれ違う瞬間何かひらめいたようで、手を取るとそのまま何も言わず部室に連れていきます。

波瑠「健太郎?その子誰?」

健太郎「この子に洸一の代わりをやってもらおう」

陽介「代理でボーカル立てるってこと?」

波瑠「それにしても女の子はなしでしょ」

納得行かない様子の二人に、健太郎は自分の着ていた制服のジャケットを紗和にかけて見せます。

するとあまりに洸一にそっくりで、二人ともびっくりしています。

 

健太郎「俺が謝れば洸一は戻るのかもしれないけど…でも今回は謝っておさめたくないんだ」

「あれが洸一の本当の性格ならちゃんと今ぶつかっておきたい」

そして自信が無いと断ろうとする紗和にライブでやる曲を見せ、ピアノを弾きながら歌わせます。

不思議と紗和も色んな音が重なって響くバンドの一体感が楽しいと感じ、思わず笑顔になりました。

波瑠や陽介も、紗和の声に感動しています。

 

健太郎「無理言ってるのは分かってるでもライブを中止にはしたくないんだ どうしてもダメかな…?」

紗和(人前で歌うなんて絶対やりたくない――でも… 私今 “洸一”じゃなく“紗和”としてここに居る――)

紗和「キーボードでもよかったら…練習…してみます…」

健太郎「ありがとう!」

紗和(不安も心配もあるけど 私それ以上に嬉しいんだ――)

そして紗和は洸一の代わりにメンバーとして加わることになったのです。

 

自宅に戻ると、予想通り洸一が鬼の形相で待ち伏せしています。

紗和「ギターどうするの?」

洸一「もう弾かねぇし一階の物置きに入れとこうと思って」

紗和(洸一にとってあの場所はそんなに簡単に切り捨てられるものなの…?)

(文化祭でステージに立つ私を見たら洸一はどう思うだろう)

 

夜、洸一は、カラオケボックスでこっそりギターの練習をしていました。

FODで僕らのジャムは甘くないを無料で読む

僕らのジャムは甘くないのみんなの感想

洸一の代わりに補習に参加したのがきっかけで、洸一の代わりにバンドに加わることになってしまいました。

しかも紗和を引き抜いたのは、かつて一緒に遊んだケンタ。

ケンタは紗和のことに気づいているような気もするのですが、どこまでバレずに過ごすことが出来るのでしょうか。

最後に一人ギターを練習していた洸一の姿がありましたが、本当はバンドを続けたいと願っている純粋な部分があるんだなと思いました。

だからこそ、紗和に怒りが向かわなければ良いのですが…

 

まだ読んでない人は是非無料で読んでみてください!

違法アップロードやダウンロードにご注意

読みたい巻を丸ごと無料で読む方法を探すとネット上にzipやドロップ、nyaaといった形式で違法にアップしているWEBサイトはたくさんありますが危険です!

zipやnyaaは危険!

zipやドロップなどの違法ダウンロードや違法アップロードサイトは危険です。

違法ダウンロードは刑事罰の対象となり、違法アップロードサイトはウイルス感染の恐れがあるので絶対にやめましょう!

Twitterでも違法アップロードが話題に

漫画の違法アップロードといえば漫画村ですが、Twitterでも話題になっていました。

追記:漫画村はサイトブロッキングの対象となり閉鎖され、新しく立ち上がった漫画タウンもアクセスできなくなっている状態です。

自分の読みたい漫画は違法じゃなく安全に読みたいですよね。

まとめ

以上、「僕らのジャムは甘くない」を無料で読む方法を紹介しました。

BookLive!やまんが王国は完全に無料ではないので、FODやmusic.jpで読むことが一番です!

公式のサービスで安全・安心に漫画を楽しみましょう!

>>>無料期間で超お得なmusic.jpで読む!

>>>継続でコスパ良好のFODで読む!

無料期間内で解約すれば一切お金はかかりません。

是非お試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です